ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

引き継がれる原点。

e0324053_18551637.jpg

各地で高校野球の秋季大会が開かれいますが、先日北海道では、
駒大苫小牧が8年ぶりの優勝を決め、春の選抜をほぼ、手中にしました。

ちょうど編集部のあるビルと、一歩通行の中通りを挟んだホテルがいつも宿舎にしているようで
準決勝を終えた夜、8時半くらいでしょうか。
帰り道、出てみると、選手さんが素振りや、シャドーピッチングを路上でやっていました。

この夏も同じシーンにあったのですが、通行人が通ると、
全員で「こんばんは‐」と挨拶をくれます。 

こっちも思わず、明日も頑張って と返答してしまいます。
「ありがとうござぃます」の声を背に家路につく訳です。

北海道人にとって、深紅の優勝旗を初めて郷土にもたらしてくれた
駒大苫小牧野球部はひとつ特別な存在です。

ましてその時の主将だった佐々木選手が今、監督として率いる訳です。
チーム造りの基本は挨拶のできることからと、新聞で読みました。

ほかの学校には申し訳ないのですが、家のすぐ近くの決勝相手校より応援してしまう訳です。
決勝は1点差の好ゲームでした。

チームに限らず、野球の選手たちはほんと挨拶がしっかりしていますね。


雪合戦は、雪球ぶっつけ合う競技ですから、試合中ときどき過激なあんなシーンや
こんなシーンを目の当りにしますが、最後は握手して終わるのが良いとこです。

最近はチームの顔が見えてきたし、つながりや交流もあるので随分と
かわりましたが、昔はね、まあまあ、あったりしました^^;


思うのですが、サッカーのように雪合戦審判も開始前握手があっても良いかなと
今年、何回かやってみました。

結果、ちゃんと審判しないと、えらいプレッシャーになることに気づきました・・・^^;  



さて来月の神宮野球大会で勝つと、選抜でもう一枠もらえるそうです。
雪合戦も優勝するとシード枠なんで結果1枠増える事になります。

そんな2月末まで 4か月ちょっとですよ。
駒澤野球部OBチームのみなさんも来年は気合入りそうですね。




また明日、です。






もりのぶら吉★日記 もよろしくです。
[PR]
by yukimaga | 2013-10-16 18:56 | 雪マガだより。 | Comments(0)