ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

大会を振り返る~1

みなさん、普通の毎日に戻りましたか。
なかなか、すぐにはというわけにはいかんでしょう。

審判をした翌日は、アウトコール等により喉を酷使するため、かなり重低い声になり、
それが少し経つとちょっと高音がからみ、ハスキーボイスになります。

今大会の競技での注意点は、「アウトコールを受けた競技者は、持っていた雪球をその場に置く」
そのことを徹底する意味で、アウトを受けて持っていいた雪球を味方へ補給した場合、
そのセット後にチームへ警告をする、警告後、2度目があった時は、その選手にレッド、
チームへイエローという大変厳しいものでした。
厳しいがゆえの 抑止力が狙いかと 感じましたが そんなところのようです。

まず、この事例については、試合開始前に主審からお達しがあったと思います。
(なかったら問題ですね^^;)

この辺のルールは、連合と連盟と異なると思います。
選手にとっては面倒なだけなだけでしょうね。 

大会が終わと出てくる、感謝だったり、愚痴だったり、不審、誤審、だったり、
審判への関連コメントが増えてきます。
そんな昔的な掲示板にはうんざりなので、実名の雪マガ連絡網でも発信しようかと思います。
事例と検証と、どうしたら良いのか?そして同じ認識を持つことが必要かと思います。

さて、選手からの声で、道央ブロック支部が用意した喪章は、41チームと関係者で
用意した400枚は、すべてなくなりました。  

e0324053_23533843.jpg

喪章をしたチーム同士の対戦の試合でも主審をさせていただき
阿野光弘さんの霊前へも報告して帰ってきました。  
e0324053_23535381.jpg


たまたまでしょうけど、優勝の2チームも喪章をつけていただいていましたね。



また明日、です。
[PR]
by yukimaga | 2014-02-25 23:57 | 雪マガだより。 | Comments(0)