ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

明日は投げ納め。

明日は札幌での冬の投げ収め雪合戦ですが、思いもよらず今日の滝野は大雪で
迷ったあげく、今日のライン引きを取りやめました。

まあ、経験上の判断でもありますが、滝野公園では雪上車(ピステン)で
朝一瞬にして会場の圧雪をしていただけます。

ラインを引いて、コートを作ってしまうと、手作業での除雪をしなければなりません。
ここで二択です。 圧雪してコートを作るか、 コートを作ってあとで除雪するかです。

人数とか除雪用具があるかも判断材料ですが 何れにしても雪が振り続くようなので
前者を選択しました。 雪が積もることが前提なら圧雪してからの方が合理的です。

次に雪球用の雪。
これも最近の経験からですが、昭和新山とちがって雪球製造用の大きなビニールハウスなど
無いので 普通のテントに雪を入れて置きます。大体前日に行なっていました。

最近、これを見直しました。前日に雪を入れておくと雪が締まって、朝の冷え込みで
カチカチになってしまいます。

なので、理想は朝、新しい雪入れること。
もう一つそれが無理なら前日テントに入れる雪を少なめにすることです。

朝、テントの火入れは 試合開始の2時間半まえ位ですが
テントの中に空間がなければ  雪を温める効果が薄くなるという事です。

なので、第一試合をスムーズに開始するためには、出来れば積もっている雪を少なめに
朝テントへ入れることが出来れば理想です。もちろん雪の補充体制も必要です。

写真は長野大会の雪球製造テント 1日の試合数も雪の量の目安となります^^;
e0324053_23494058.jpg


いずれにしても、天候気温に大きく左右されるのが 冬の雪合戦であることは
間違いないです。







また明日、です。
[PR]
by yukimaga | 2014-03-22 23:00 | 雪マガだより。 | Comments(0)