ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

審判のススメ。 

今日は事務所に来客がありました。 

新山でも同じコートで審判もご一緒し、シニア部門にも同じチームで出た方です^^)
自分のチームでは監督も兼任です。・・・とヒントだらけにしておきます。 

当然のごとく 雪合戦話であっという間に2時間くらい、話が盛り上がりましたね。

今日の話で出たひとつに 審判のチーム制 という話題がありました。
くしくも長野で岩手の佐藤さんと話したテーマです。

これはつまり、雪合戦チーム同様、審判もチームプレイで望むべきだという考えですが
もっともな考え方であることは間違いありません。

昭和新山でも、長野白馬でも B級/2級以上の公募審判のみなさんが集結しますが
ここ一番、やはりはじめて顔を合わせる場合も多く、戸惑う場合も 実はあるんです。

ズバッと言える事と 言いにくい事も 存在したりします。
誰もがそれが、勝敗を左右するような局面につながるような事は避けたいでしょう。
となると、コミュニケーションだけじゃなく、
技術論も場合によっちゃ 主張しなければならない場面もあります。

審判員のチーム制、こちらでも3年前に 話題にしましたが現実と向き合うと、結論は人材不足でした。 
なので、少しづつエリアのみなさんを増やしてきましたが、
それでも、やっと1コート(1チーム)というところでしょうか。

まだまだ人材不足です。 そして仮に1チーム出来たとして 
いくつかある他のコートはどうなるんでしょう。 
同じレベルで複数コートを見られなければ意味がないと思いませんか。

審判チーム制、間違っては いない方向です。

選手兼任でもやる気があれば可能だし、もっともっと人材を増やすことと
練習や勉強会といった活動も普段から準備しなければ、ならないと思います。

その日その場で集合だったり、前日ちょっと打合せくらいでは 機能するものではないでしょう。
そんな中で 各地域での 審判チームを切磋琢磨して育てていく事と
せめて雪合戦チームのように練習することだって 絶対に必要です。

今年の10月の滝野は前日そんな雪合戦合宿にできれば 良いかなと思います。
もう雪マガ主催でもやっちゃいますよ。


写真は昭和新山2日目午後からの2コート審判のみなさん。
e0324053_2091627.jpg



ん?コート主任さんが不在のようです^^;


また明日、です。









もりのぶら吉★日記 もよろしくです。
[PR]
by yukimaga | 2014-03-24 20:10 | 雪マガだより。 | Comments(0)