ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

春はサクラ・・・。

e0324053_19164879.jpg

雪マガらしからぬ、写真ですが・・・^^) とりあえず、先日の上野の桜の写真です。 

まず、昨日の続き。  静岡のビヨンドⅡ西家(弟)さんのお話から。 

お兄さんとは、連絡網でもよくメールのやり取りをさせて頂いていました。 
あたり屋の野川さん藤田さんが、TV番組の企画で富士山大会に行った時のことなども
メールも頂いていました。

前にもちょっと触れましたが昭和新山ではじめてご挨拶できたのが、たしか一昨年かなと思います。
ご両親も一緒に会場にいらしていて、そのとき監督をされていたのが、お父上でした。
たまたま審判をしたのですが そのときの印象でかなり高齢であられると思い、今回、伺ったら、
「もう80に手が届くくらい」とのことでした。 おそらく、監督していた時で75歳以上。

さらに、その前の年は、メンバーが足りなくて選手でも出場されたそうです^^;  je je je!
75歳だとして間違いなく、史上最高齢出場では!
家族で雪合戦。 いいなぁ~ひとつの理想じゃないでしょうか。



長野で Bigうぇ~ぶのみなさんと 立ち話でしたがチームの存続について話をしました。
常連チームさん 全般に言えることです。 Bighうぇ~ぶもベテランの風格です。

ひとつは、新しいメンバーを入れること。
もう一つは、どこまでも継続すること。   

強いチームの存続で言うと 前者の方法ですが 
同じ仲間で続ける後者には 何れ年齢の限界が来る!のは必然? 

でも後者の場合は、長くできる環境さえあれば それは可能なことじゃないでしょうか。

スポーツ競技としての雪合戦を進めるのであれば 
ならば生涯スポーツとしても認められるべきかなと・・・・

だから、やっぱり、シニアの大会を 真剣に考えます。
「年をとってこそ、童心に帰る」 雪合戦の原点だったはずです。

道央でやったシニア(40歳以上)の試合映像で、 
DACSの選手さんが試合中に「楽しーーい!」って思わず叫ぶシーンがあるんですが、
いいんだなぁこれが。 今年、記憶に残るシーンのひとつです。


桜のごとく、 年に一度、冬に咲けたらいいじゃないですか、ねっ。




また明日、です。







東京おのぼり道中記 ↓
もりのぶら吉★日記 もよろしくです。
































 
[PR]
by yukimaga | 2014-03-31 19:23 | 雪マガだより。 | Comments(0)