ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

判定で変わる勝敗の行方~中断

昨日に引き続き、審判の判断~中断について

e0324053_2225972.jpg

審判をはじめたころ、諸先輩の審判のみなさんから、教わったのはなるべく、試合を中断することなく
アウトをさばく・・・という方針でした。 
しかしながら、試合開始直後のガチンコ(ガチャガチャ)でアウトコールにお構いなく選手がかぶせてくる
これが戦法の選択となった場合、あきらかに無理があり、最近は中断推奨へと変わってきました。

審判の判定次第では、有利にも不利にも転ぶこともあり、それを一つの戦法とする考えもあります。
こんな写真のような場合、やはり、中断はやもえない選択になるかと思います。
e0324053_22252974.jpg


雪合戦のように、一瞬に何球もの雪球が飛び交う場合、中断せずにジャッジを続けることは
理想ではありますが、特に写真のようなスタート時のセンターの攻防の場合、
現行のルールのままでは難しいでしょうね。

さて、中断した場合、バックラインからの再スタート、持ち球も1球となります。
試合開始時はともかく、試合途中(中盤)の中断の場合は、
試合展開でせっかくセンターを取っていたとしても、何らかの中断があった場合、
あくまでジャッジにも寄りますが、またバックラインからの再開では、
有利だった展開が、また最初から・・・となるわけです。

そう考えると、むやみに中断する事は、試合を左右しかねない可能性を含んでいるとも言えます。
イチかバチかの戦法にもなりえます。

現実的には、今の試合の傾向では、ジャッジが出来ないような場合は、一度止めて
中断・確認が妥当な判断になるのかな。 というところでしょうか。
やっぱり難しい問題を含んでいる気がします。 継続検討です。


e0324053_22255637.jpg

(今年の昭和新山から でぃくさんズ神出 × oz での中断。3セットスタート直後)





また明日、です。
[PR]
by yukimaga | 2014-04-06 22:35 | 雪マガだより。 | Comments(0)