ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

next generation.~その2

雪マガ7号コラムに寄稿していただいた 四国の喜多先生とは長野で再会できました。

昨年、昭和新山でお会いしたものの、実は多分お互いサングラスをかけていたので
素顔でお会いしたのは初めてになりました。 
e0324053_17341260.jpg

四国は今年、日連派遣となったので高松クラッシャーランと いやすき、それとレディースの
祖谷Girl‘s の3チームが出場していました。(写真はいやすき)
e0324053_17343881.jpg

祖谷Girl‘sは中学生のチームで いやすき は父兄を中心としたチームだそうです。
喜多先生も選手としてエントリーです。
雪球製造では お父さんたち?がフル回転で Girl‘sの雪球を作っていました。
e0324053_17345754.jpg

コラムにも記載して頂きましたが、四国大会も10年、子供たちと一緒に地域が育てた
雪合戦ということで、昨日の穂別同様、地域での雪合戦の取り組みの良い一例だと思います。


やはり、次の世代とともに歩む雪合戦と、 単なる雪合戦の継続では継続の仕方が異なります。

生きていく以上、年を取るのは避けられず、まして本来、生活があっての雪合戦です。
好きな事だけじゃなく、やはり余裕がないと継続はだんだん、難しくなる気がします。

いま、30~40前後の雪合戦関係者のみなさん、同じ年に生まれたお子さんがいる人も多く、
よく「チームが出来るね」となどと耳にしますのでそこは 親バカぶりに期待して。

すでに雪合戦二世選手も出てきていますので、自然の成り行きに期待します。
ただ、「地域の取り組み」、「子供たちといっしょ」 というのは 大きいですね。




また明日、です。
[PR]
by yukimaga | 2014-04-12 17:36 | 雪マガだより。 | Comments(0)