ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

雪合戦審判員のシカク~その4

e0324053_17535820.jpg


 公平という事について。   (写真:雪マガ写真部M.Yoshida)



 その昔、昭和新山の掲示板が白熱していたときに 
 「審判が地元チームへ偏った審判をしている」といったカキコミがあったことがあります。


 確かに公募審判制が導入されるまで、ほとんど地元北海道の審判だったのは事実ですね。
 だから、地元チームに有利な判定をとは・・・。
 アウト・セーフではありえない事とははいますが、
 そう感じさせない配慮が足りなかったのかもしれません。


 自分も主審をした試合でカキコミをいただいたことありました。

 午後からの決勝Tの一回戦の試合で一斉スタートをするために空き時間、待ち時間が
 けっこうある場合があります。
 先に挨拶を済ませ、シャトーまで雪球ケースを運び、スタート時間待ちとなったのですが

 その日は天気が良く気温も高かったので 
 南向きのシャトーに置かれた雪球ケースへ陽が当っている状況です。
 待ち時間がかなり伸びたもので、副審の指摘を受け一度ケースにフタをするよう指示をした訳です。

 その時、北側のコートチームは日陰なので、チームに確認をした上で、そのままにしたのですが
 その事について、たまたま考慮したほうが道内チームで、
 日陰のチームが道外チームだったものですから、道内チームに偏った配慮だと
 大会後カキコミがあった訳です。


 まあ、事情を知る皆さんが書き込んでくれて、納まったと記憶してますが
 コートの外から見ていたら やり取りが見えなかったのは否めません。
 後で考えたら、シャトーの日陰に移動すれば済んだことです。

 フタをさせたことが「誤解を与える」仕様だったのかと思います。 

e0324053_17493336.jpg


 良く指摘を耳にしますが、中断協議や、判定の経緯など観客がわからない?ということがあります。
 確かに 監督さんを呼んで説明しますが、観客には何がどうなったかまで聞こえる訳もありません。
 相撲やプロ野球でもあるような、どうなったか知らせる事は必要かと思います。
 
 例えば、各コートにトラメガ1台置いて、そういう場合は主審なり、
 コート主任が一言、説明するぐらいはあった方が良いのかと思います。
 無ければ、大きな声でやってもいいんじゃ (^o^<;

 

 戻って、審判は判定ジャッジに関しては どこのチームであっても公平であると思います。
 そこは絶対じゃないと、そんなジャッジをしたら一生後悔ものじゃないでしょうか。




 もう少し続きます。


 また明日、です。











[PR]
by yukimaga | 2014-04-30 18:01 | これで委員会! | Comments(0)