ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

雪合戦審判員のシカク~その6

e0324053_12591858.jpg



 GWですが ・・・硬めの審判ネタ、続きます。


 (E)雪合戦審判員の資格および責務から~

  (5) 沈着、冷静に判断できること。
  (6) 審判員は、主審・副審が共に同等の権限を持っており、
     試合運営においては、副審は主審を補佐し、活気ある試合が出来るようにする。

  と、あります。

 沈着、冷静に審判ジャッジができたら、いいですよね。 

 もう一つ、追加すると、それを明確にするために大きな声も必要です。
 冷静でも、声が聞こえなければ、伝わりませんもん^^;

 雪合戦シーンだけじゃなく、社会生活の中でも実践したいものですが・・・
 人間は感情的な生き物なので、カッとしちゃうと 冷静ではいられないものですね。

 まして熱き雪合戦の戦いを目の前にし、スピード感満載のセンター激突など
 沈着冷静に捌ける審判さんは、やはり経験が必要でしょう。

 
 次に『主審・副審が共に同等の権限』とあります。

 まあ、決勝トーナメントなどコート数が少なくなり、主審経験の多い皆さんで構成されれば
 審判運営も少しは楽になります。

 でも残り審判で相互審判制では、なかなかモチベーションも違ってしまうのが現実でしょうか。
 惨敗したあと、悔しい負け方をしたあとの試合の審判って、切り替えが大変だと思います。

 沈着・冷静、権限と あくまで審判員心得ですから、当たり前の部分なんですが
 選手兼任で審判もお願いするのが=雪合戦の現実。 

 これも、まだまだクオリティも、人材も増やして行かなければならないことは明らかです。

 そんなんで、雪合戦の質を高めるためには
 選手=審判のつもりで、その役を買って出てくれる 雪合戦人が、
 まずはもっともっと必要かなと思います。








 また明日、です。
 
[PR]
by yukimaga | 2014-05-02 13:00 | これで委員会! | Comments(0)