ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

すべてを雪合戦に結びつける~14

御嶽山の噴火は、多くの尊い人命が犠牲になってしまいました。
もう言葉がありません。


生存された方の手記にあった「生かされた」との記載が重く響きます。
生と死の運命の分かれ目にいた事、死を覚悟したということを伺うと
日々生きている事は、いつでもどこでも、誰にでもそんな局面として
大震災や先日の土砂災害のように突然起こりうる事なのだと思います。

「生きる」ことの価値を痛感します。


2000年に噴火した有珠山の場合は、予知しやすい火山であったことから
事前に避難することができ、延16,000もの人が避難し、死者を1名も出さずに済んだそうです。

それが、第12回昭和新山大会からちょうど1ヶ月後のことです。


翌年の大会開催を当然心配する声がありましたが、
確率の高い予測が出来たからでしょうか、

こうして毎年、全国の皆さんが
この地に集まっていただけることは、あらためて
「生きている」実感を余計に強く感じます。

e0324053_17383797.jpg
生きてる以上、できることはやり遂げたいですね。



また明日、です。

















[PR]
by yukimaga | 2014-10-02 17:48 | 雪マガだより。 | Comments(0)