ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

あんなとこやこんなとこ~

あんなとこやこんなとこ~
 見た目は変わりませんが見出しをマイナーチェンジしました。

 「こと」 → 「とこ」  「とこ」というと「所」ですんで
  ^^;突っ込み所かと思いますが、まあ、何にでも使える見出しです。

 毎日雪合戦のこんなとこ、という視点で撮影写真を見ていると
 いろいろ出てきます。 今日のつっこみどこ。
 

e0324053_20224567.jpg
(撮影:T.Shiono)
e0324053_20224085.jpg
(撮影:Y.Suzuki)

  2014 -15 競技ガイドライン 
  4.4.1
 「雪球が直接、ノーバウンドで着衣や体にふれたとき、・・・」

  これ、アウトの定義です。

 写真を見る限り、至近距離での投げ合いは時に手から離れる事なく、
 直接ヘルメットや相手の体を直撃してます。
 場合によってはパンチ状態。 

 この場合、アウトの判定出ますか? どうします?
 

 ここが「?」です。 ルールブックの 「直接」とは意味の異なる「直接」です。

 ルールブックの「直接」は、間接では無いという意味で
 シェルターにワンバウンドした場合想定を指します。
 持ったまま「直接」とは違いますよね。

 あえて難しく考えてみます。

 投げる動作の延長に雪球が手から離れるか離れないか・・・
 直接持っている雪球で直接触れるのがアウトなら

 野球のタッチプレーみたいに投げるポーズで相手をタッチしまくれば、
 雪球一球で2人、3人アウトとか?
 じゃ、味方から手渡しは?  


 あえて理屈をこねると、眠れなくなります。^^;

 手から、投げた瞬間、1ミリ離れていたとか、もちろん判定不能です。
 

 ひとつだけ。
 この場面は、撮影カットでよく見かけますが
 相手と接触するプレーは回避したほうが良いと思うのです。
 

 そんな偏った見方をすると (すんなよ!って言われるかもですが) 
 逆にまだまだ整備しなければならない点が出てきます。 
 

 それが雪合戦でもあります。
 いろいろな補足が必要です。




 また明日、です。








[PR]
by yukimaga | 2015-04-30 20:28 | 雪マガだより。 | Comments(0)