ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

あんなとこやこんなとこ~6

e0324053_19262648.jpg
昨日のプロ野球では、インフィールドフライでの判定を巡り混乱で
西日本の赤いユニフォームチームがサヨナラ勝ちしました。

審判も一度はアウトコールしたもの、抗議より判定が変わりましたね。
ビデオ判定云々の前にルールの解釈を巡る、別の審判からの指摘もあったようです。

野球のルールって難しいですね。
おこがましくも、雪合戦を引き合いに出すしかありませんが^^;

審判は、ルールブックに記載されていることだけでは
対応しきれなくなっていると思います。
今年も審判をしてこんな時はどうなる?と考えると、
まだまだ新しい発見や疑問が出てきました。


単に判定の是非、正確を突き詰めるなら、都度中断して確認することが
今のところ可能な対応としか言えません。

究極は映像確認。今やドライブレコーダーの時代です。
やろうと思えば出来ないことはない。
^^;まあ、これは先送りとして。


話を戻して、では、もしもルールの解釈が違って誤審があったらどうなるか、
想定外のことが起こったらどうするか。

雪合戦の場合、抗議は出来ない。質問することはできる。

アウトがセーフより優先、審判の判定が絶対というならば、

せめて相応に審判団もルールに関しては
どんな場面でも答えることが出来なければならないのでは。

絶対というのなら、ルールはもちろん、
ルールに載ってないケースでもそんな時はどうなる?
と、せめて想定しておく必要もありますよね。


ルールブックやガイドラインには、

不測の事態が発生した場合には、
審判員で合議の上、コート主任または、審判長と協議し処理する と
最後、その他の事項に書かれています。

結論を出せることであれば良いですけどね。


また、ケースをまとめて行こうかと思います。




また明日、です。











[PR]
by yukimaga | 2015-05-05 19:32 | これで委員会! | Comments(0)