ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

大会ルールにあった風景~

昭和新山では、競技性を重視している一面として
試合受付に遅れた場合は、棄権不戦敗という厳しいルールがあります。
会場にいながら、指定時間に受付しなかった、という場合です。

昔々、前年度優勝チームが、競技受付に遅れて不戦敗となったことがあります^^;

大会要項にも、「受付では呼び出しはありません」と
はっきり記載されています。


以上は大会ルールであり、雪合戦のルールブック・ガイドラインには記載されていないことで。


もう一点、欠場チームが出た場合の対応として(予選・準決リーグ)

該当チームが第一試合までに 欠場が決定した場合、競技受付を行わなかった場合、
対戦相手となる、2チームでもう1試合行う。
という大会ルールがあります。 

e0324053_22435434.jpg

1試合目というのは、第一試合をした場合で 
例えばその試合でケガ人が出て
2試合目を棄権せざる得なかったという場合は2試合目は不戦敗となり、
2試合目の対戦相手だったチームは、不戦勝で実質、1試合しかできないことになります。

そのために「1試合目」に欠場が判明の場合は「2試合する」としているのだと思われます。 

●1試合目に Aチームの欠場が決定  B、C チームで2試合行う。

●1試合目は A対B で実施。 2試合目はBが欠場 その場合、Cチームは不戦勝。
 もう1試合の A対C の結果でリーグ順位が決まります。

ちょっと複雑な感じですが・・・下の場合は、不戦勝のチームは2-0でポイント20対0
ですから、結果にも大きく影響する場合があります。


今年、準決勝リーグで1試合しか実施されなかったブロックがありました。
予選リーグが三つ巴で、順位を勘違いしたチームが
翌日、帰ってしまったそうです。^^;


実際には、2試合行われるケースだったのですが、
1試合だけで終わってしまい、残り2試合とも不戦勝となってしまった様です。

● A対B の試合が最初で Cが不在のため 残りの A対C、 B対C が不戦勝
 実施は1試合のみ。


これは、受付運営本部-コート主審の連絡が上手くいかなかったからでしょうか。
上のケースのように、ちょっと複雑な背景があったように思えます。
時間的に 2試合のタイムテーブルのどちらかで、1試合できれば良かったはずです。


大会ルールの場合は、応援審判さんもいるので 雪合戦ルールとは別に
前もって念入りな打ち合わせ、確認をしなければならないはずです。 


コート主任さんはそれだけ、いろいろ大変だと言う事です。
同じく監督さんも、大会ルールを熟知しておく必要がありますぞ。



昭和新山、2日目の準決勝リーグは、第一試合から シードチームが続けて登場、
好カードも目白押しですけど、

チームも自チームの試合受付時間、をお忘れなく。^^;





また明日、です。














[PR]
by yukimaga | 2015-07-31 22:59 | 雪マガだより。 | Comments(0)