ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

ブログで審判講座~その8

e0324053_22341739.png
フラッグ奪取時のよく、あること。


e0324053_23035174.png



アウトコールもない、フラッグ奪取のコールもない。今のはどっち?
てな終了間際の中断協議が、毎回大会の中で見かけられます。

審判の配置についてもう一度おさらいすると
センター主審、副審はそれぞれ、左手側のコートを基本担当します。

例えば図のような形で、フラッグ奪取がチャレンジされた場合、
4人の審判が アウトか否か、判断をします。②③⑤⑦番です。

なのでこの場合 ①番の主審は、選手がフラッグを抜いた場面を見ていません。
その4人の副審が、どちらのジャッジもない、判らないというのが、
実はよく耳にする事で、一番主審泣かせの事例になります。

消却法で考えれば、まず 

●試合時間内に フラッグが抜かれたか 抜かれていないのか。 
●アウトコールがあったか、なかったか。 単純なこの二点です。

わからないも含めて、アウトコールが出ていなければ
これはフラッグ奪取成立と判断するのが妥当になります。 

副審のみなさんは、譲り合ってしまうことが無いように
アウトが認識できない → そのときは抜いているなら成立 
と一度整理してみてください。

もし、試合時間が残っていたら、リスタートになってしまう場合もあります。


フラッグ奪取の攻撃には、大きく2つあります。
圧倒的に優位での場合と、
最後フラッグを抜かなければ負けの場合の捨て身の逆転狙いの2つです。

後者は特に必死になって来ますので、審判も同じく緊張します。
一度、冷静に整理すると、落着いてジャッジが出来ると思います。

全体のポイントは、フラッグ奪取に来る試合展開と
時間の経緯で来るタイミングを予測する事です。

特にエンド審判は全体の展開がわかるので、
フラッグの見えやすい中央よりに移動する事も必要です。

もう一つ、展開に寄っては、
主審がフラッグ奪取側を見るべきという意見もあります。

これは、相手コートの1シェルまで攻め上がっている場合などです。
センターに選手がいる場合は、迎え撃つ選手が、
カウンターでフラッグに走る場合もあり、
一概に主審が、必ず見るとはならないかと思います。

ともに走った時、どちらが早いかを確認する方法は
ホイッスルが先に鳴ったのは どっちだ、という判断になります。

もう一つ、センター主審、副審の役割としては、
4人目のカウントというのもあります。
(これは、センター審判の見せ所かな。4人入ったコールは達成感あります^^;)



おさらいします、
前向きであれば実質、センター、副審の4名でジャッジする訳です。
やれば出来る、はずです。




 また明日、です、










[PR]
by yukimaga | 2015-09-12 22:51 | これで委員会! | Comments(0)