ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

雪球ふんじゃった~の巻

e0324053_01264470.jpg
雪球を踏む。 って言いますよね^^;


サッポロオープンでは初日の初参加チームにシードチームの選手をつけて
雪球のつくり方をサポートしてもらいます。審判部隊と分けて動きます。

なぜかというと、初出場で初めて雪球を作るチームがいると、
大会運営の支障をきたすケースが多々あるからです。
屋外の審判講習会や、オープン前の体験大会なども
本大会でスムーズに競技に入ってもらうのが目的です。

もうひとつ。予選リーグで唱和新山の出場枠を獲得したチームは
過酷な^^;雪球作りの作業が課せられます。
これも試合が続く決勝トーナメントをスムーズに進行させる為です。
試合の進行状況に併せて 1チーム4ケースとか 時には6ケースと
配布して締め直してもらいます。

準々決勝あたりから、決勝まで。 
おおよそですが、100ケースほど。ことしは8チームにお願いしました。

支援を受けたチームは シードチームと言う事になり、
翌年の前日部門を支援するという、仕組みでもありますが

いろいろと過酷な事をチームにお願いしていることになります。
ただ、これがなければ雪合戦大会の運営が
スムーズにいかないのというのが道央雪合戦の現状でもあるのです。







また明日、です。













[PR]
by yukimaga | 2016-01-29 23:58 | 雪マガだより。 | Comments(0)