ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

昭和新山を終えて考える~の巻4

また、思い出して振り返ります。
e0324053_18500619.png
銭形平次 vs D-Force 予選リーグ32B


ほぼ毎回、二日目には残っている両チームの対戦。
予選リーグでどちらかが消えなければならないのは少し残念ではありました。

結果だけ見ると 2-0 、ポイント16-4で銭形の勝利ですが・・・
(^^;試合は見ていません)


試合の流れを読み解くのには この結果だけではわかりません。
一セット目 6-4で 銭形が取ってます。

そうなると、2セット目を奪い返すか
最悪でも引き分けに持ち込まなければなりません。

試合結果だけでは 2セット目、10-0で銭形となってますが、
競技記録用紙を確かめると10ポイントの理由は全滅となっています。

10ポイントには フラッグ奪取、全滅、4人入るの 3つの場合になります。


こうして見ると、2セット目の展開で、ポイント負けで進んだD-Forceが
イチかバチかの、敵陣ダンクから、フラッグ狙いに行かざるを得なかったの
だろうとの推測ができます。

上位チームは展開によって、最後の手段を阿吽の呼吸で動けるチームもあり、
見ていると日頃の鍛錬がわかります。

それでも、来るしかなと判っている展開で、迎え打つチームの有利は大きいですね。

1ポイントでも負けていたら、試合展開が大きく変わるのが
雪合戦の面白さでもあります。

やはり審判ジャッジの見落としなどで、
そんな1ポイント差の事態にならないようにしなきゃ、いけないのは、
「そんなの当たり前!」と言いたいのですけどね。
1ポイントの重さです。


さて、一応10-0の内容が分かるように、
今年もYUKIGASSEN.P.A.2016 の昭和新山大会記録には内訳を掲載します。


せっかくなので、前後の連写です。
e0324053_18501844.jpg
e0324053_18502287.jpg
e0324053_18502730.jpg
e0324053_18505281.jpg



また明日、です。 














[PR]
by yukimaga | 2016-03-24 18:55 | 雪マガだより。 | Comments(0)