ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

新しい春を前に~4


ほぼ気分次第で、出社時間を決められる『雪マガ編集部』は、
朝、カーリング女子決勝を見届けてから出社しました。^^;


残念~!最後の一投で決まるか決まらないかという試合でしたが
大健闘の好ゲーム、新しい歴史を作ったのは間違いありません。

一球、一投の重さは雪合戦に通じるものがあります。
最後の一投は力が入ってしまったんだなあと同情します。
また準優勝というステータスに達したことで
これまでの壁を突き抜けたと言っていいんじゃないでしょうか。

次の目標は優勝。
雪合戦界もベスト8と壁、ベスト4の壁ってありますよね。


同じ冬季競技としてカーリングの歴史をウィキで調べてみたことがありました。

15世紀 ヨーロッパ、スカンジナビア地方がルーツ
発祥の地はスコットランドと言われているそうです。

日本では平安時代、源氏物語に「雪ぶつけ」の記述があるとか。
まあ、毎度、雪マガの表紙に記載している
「人類最古のウィンタースポーツ」ですから^^;

カーリングに戻って
1838年 スコットランドでスポーツとして確立され
1957年 国際カーリング連盟が設立され
1959年 世界カーリング選手権大会始まる(以後毎年開催)
1991年 世界カーリング連盟

長野オリンピックから正式競技となってますが
そう言えば、正式種目に決まったころ、「俺たちも狙えるって」
周りの同世代のおじさんたちもカーリングをやってたなぁ

雪合戦以上に、道具やコートには苦労した歴史が見られます。
最初のストーンは本当の石を削ったもので
現在のストーンも1個20Kgを1個10万円、1セット16個160万だそうです。

北海道ではカナダのアルバータ州と姉妹提携の関係で1970年台に紹介され
最初は農業用のビニールハウスの中に専用コートを作ったそうですよ。
北見常呂町が有名です。

昭和新山で言うところの雪球製造テントです。

カーリングの通年コートが札幌にもできたのは
4年ほど前だし競技の普及や強くなるためには練習できる環境は
とてつもなく大きいことです。


組織もそうだし、やはりそれなりの時間と環境整備が必要だと
言う事を教えてくれているのだと思います。雪合戦に置き換えても同じでしょう。

でも世界連盟ができてから約60年あまり。
少なくともこういった、競技の歴史やお手本があると考えれば
やることは自ずと分かっていることです。


なのに、なんだかな~^^;雪合戦。   


今日の写真~
e0324053_16431104.jpg
e0324053_16431387.jpg
e0324053_16431688.jpg
おりゃ~~! と


また明日、です。












[PR]
by yukimaga | 2016-03-28 17:01 | 雪マガだより。 | Comments(0)