ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

明日も雪合戦~


e0324053_16435290.jpg

笑点歌丸師匠の降板の話題から雪合戦。


明日の生放送で、笑点の桂歌丸師匠が降板となるそうです。
初回から出演で50年。
 
 雪合戦の歴史より長い訳だ。


笑点の発案者で司会だった立川談志が、将来見込みのある
二枚目の若手を起用したのだが、やがて談志の求める笑いと
出演者が求める笑いの違いから、溝ができてしまう・・・

 組織やチームにもありがちな事だ。


若手の頃、三遊亭小圓遊との犬猿の仲という演出のなかで
ドタバタの掛け合いが受けて、大人気となる。

 ・・・あのライバルチームの切磋琢磨と同じだ。


大喜利が大人気となるが、ある日、本業の落語が受けない事に気がつく。
大喜利の笑いと落語の笑いは違うと言うこと。

 やって楽しい雪合戦と 競技としての雪合戦。
 面白い雪合戦と レベルが高く見ていてゾクゾクする雪合戦だ。


司会を降りても、落語家として勉強をしていくとのこと。

 やっぱり雪合戦人も、いずれシニア部門だ。


無理を承知で結びつけてみたけど
人の世のものごとって、結構おんなじようなことを繰り返し、
そして良い方へ向かう知恵を付けて行く。

雪合戦、時間がかかると言う持論はそんなとこから。
まあ、歌丸師匠の50年に比べたら 30年弱。
でもそれだけ、やって来た今をみて、思うところですわ。



さて、昨年の5月のブログをみると、
ブログで雪合戦審判講座などと 論じていました。 

時間をみて、ホームページの方へ残しておこうかなと思います。





また明日、です。












[PR]
by yukimaga | 2016-05-21 16:44 | 雪マガだより。 | Comments(0)