ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

ブログで雪合戦講座2016~その11




e0324053_13083381.jpg

今日はフライングに関すること。


正式な英文は フライングスタート だそうです。
陸上、競技、競泳などで、合図の号砲などがなる前にスタートすること。不正出発。

・・・とあります。
雪マガ編集部も、雪合戦情報的には結構、フライングをしているかも知れません。
組織ではないので、確信犯的なところ、アリアリです。


本題です。  ※昭和新山=国際雪合戦連合 と日本雪合戦連盟。
このフライングに関しては、二つの組織で、異なる点があります。


【フライングの動作規定】 

        選手は片足、または両足でバックラインを踏み 開始の合図を待つ。
        開始の合図より前に、雪球を投げる、足がバックラインから離れた場合フライングとする。
        フライングした競技者は アウトとなる。  




原文での比較

●昭和新山 / 主審が開始を宣告したときから開始の合図までの間に、
        選手が動作を開始した場合、フライングとする。    

●日本連盟 / 開始合図より前に足がラインを離れる、あるいは雪球を投げた場合をフライングという
        (定義づけ)競技者は静止する必要はない。

 わかりやすく 変えると


●昭和新山 / 審判が『よーい!』とコールしてから~※『笛の合図』までがフライングの対象

●日本連盟 / 審判が 両手を左右180度に広げた時から『笛の合図』までがフライングの対象

        ※両手を左右に180度、広げるのと『笛の合図』と同時に
         両手を前で合わせるのは、どちらも同じです。



 ★★★ ここ、ちょっと分かりにくいです。 

●昭和新山 「選手が動作を開始した場合」
 
 これには紛らわしい動作、例えば雪球を投げる動作をしたり、バックラインを踏んでいない方の
 足を踏み出したり、フライングを誘発する動作も含まれています。 

 表記的には、『静止する』とは書かれていませんが、
 講習会等では紛らわしい動作は避けて、静止することを進めています。 
     

●日本連盟 「競技者は静止する必要はない。」と、はっきり記載しています。



 
ルールと平行して、審判の動作での表示です。
 ★★ セット開始時 の副審の動作、フライング判定について。 

●昭和新山 / 『主審が開始を宣告(=よ~い!)したときから開始の合図まで』

●日本連盟 / 『副審は、主審が両手を広げたことを確認し、競技者のフライングを判定』 



言ってみれば、耳で聞くか、 目で見て確認するかだと思います。 

【いくつかのポイント】

 ・スタート時、最終的に6人制も 8人制もセンター副審以外は、
  主審に背を向け、選手を見る状態です。

 ・選手に聞いた意見、 相手の選手を見る派、 審判を見る派、両方の意見があります。

 ・センター取るか、取られるかのスタート競技であるから、静止と明確にすべきとの意見

 ・上級、審判長の意見、希ではあるが笛が鳴らない事があるので、審判動作も見るべき。
  笛が鳴らない場合は、主審が手を前で合わせる動作で開始する。 
 
  
  と言ったような意見が存在します。  
 


●この他、どちらのルールにも記載されていない事。

 ・同時に、複数のフライイング競技者がいた場合どうなるか。
  同時であれば、複数でもアウト。 時差があれば、最初にフライングした競技者。

  ※別冊「雪合戦のススメ」に掲載しています。昭和新山、競技専門員の方に確認した内容です。


 ここは、私的な見解はしませんが、 
 大げさな言い方をしたら、みなさん、これからの雪合戦として、どう判断しますかね。
 そんな事より、ちゃんとジャッジしろ!って言われると辛いですけど・・・

 ●よく言われるのは 『基本はわかりやすルール』 

 いろいろな意見があり、仮にそうであるなら、
 わかりやすい基本ルールとは別に、
 細則に記載するべき内容が、もっともっと目白押しに存在している気がします。
 笛が鳴らない場合は、主審が手を前で合わせる動作で開始する。 
 
 手を合わせるのは正論だと思いますが、
 屁理屈を言えば、不備でやり直しなのか? どこにも記載されていません。




 9月の雪合戦審判サミットで最初に揉んでみたいテーマです。




 また明日、です。


  








[PR]
by yukimaga | 2016-06-21 15:21 | これで委員会! | Comments(0)