ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

ブログで雪合戦講座2016~その21

月曜よるから、雪合戦講座。

ルール編の最後に近づいて来ました。

反則と罰則についてです。
記載の仕方はちょっと異なりますが、日連、昭和新山ともに、ほぼ同じ内容です。
唯一、改定により、一部、昭和新山のルールが変わっています。
そこは後ほど。

わかり易いと思うので、雪バカ5コマ漫画でお馴染みの
ISO君のイラストで(雪合戦のススメより)


●選手に■レッドカードが出る場合、●危険な行為   ●同時にチームに■イエローカード

e0324053_21521934.jpg
●暴力や、シェルターを飛び越えたり・・・
e0324053_21522307.jpg
●相手チームや審判に対して 暴言や人格を無視する行為。
●競技妨害、 審判の指示に従わず競技進行を妨げる。審判判定への抗議行動。
●コート外の選手(控え、アウト選手)が指示をだす。


e0324053_21523070.jpg
チームに■イエローカード
●雪球が多かった
●遅延行為
e0324053_22024132.jpg
●このルールが、昭和新山では適用外になりました。
 雪球のチェックはしますが、多かった場合は立会いの上で排除し、おとがめは無し。


■チームに■レッドカード :チーム失格
   ●試合放棄、

e0324053_22120749.jpg
●不正出場 

e0324053_22121193.jpg
退場になった選手、失格となったチームは同一大会に復帰することは出来ません。


ひとつだけ、覚えて置いてください。 個人に出されるカードは■レッドだけであり
 ■イエローカードはありません。
■イエローカード2回でレッドとなり、チーム失格です。
 
簡単にだとこんな感じです。


さて、個人にイエローカードをという意見があります。
一方で、ルールが複雑になる、という考えもあります。

昭和新山で 雪球が多かった場合、イエローの対象外に
なったのは、①ルールをシンプルにするという考え方、
      ②チームレベル 考慮 

普及の為のルールのシンプル化(易しいルール)なのか
競技性を高める為のルールの精度アップなのか

イベントなのか 競技なのか 

雪合戦の目指す立ち位置で 変わってくると思います。
どちらも 存在しつつ まだまだ、先は長そうな気がします。

考え過ぎると難しく、ほったらかしにすると・・・
まあ、それなりに。





また明日、です。









[PR]
by yukimaga | 2016-07-04 23:29 | これで委員会! | Comments(0)