ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

ブログで雪合戦講座2016~その41


e0324053_23254952.jpg



一応、昭和新山(国際連合)、日本連盟の二つの「ルールブック」の記載の流れで
 雪合戦講座2016~として、何の権威も無い、雪マガ編集部が勝手に解説してきました。


 ルールブック的には最後の部分です。

 
 【昭和新山 10.その他の事項】
    
 記載されていない不測の事態が発生した場合は、
 審判員で合議の上、コート主任、または審判長と協議し処理する。



 【日本連盟 第二章 審判 13条】

 この規則に定められていない事項が発生した場合は、
 当該審判員で合議の上、審判主任、または審判長に図って処理する。




 となって、います。


 
 このブログでは、記載されていない不測の事態が発生した場合、
 定められていない事項、について出来る限り、掲載してきたつもりです。

 『雪合戦ルールブックに載っていない、不測の事態集』な訳です。

 雪合戦には、そんな不測の事態がいっぱい潜んでいました。

 現場で対応出来ることであれば、良いですが 
 コート上の合議、大会審判長の判断は、時と所によって
 異なる裁定をする可能性を含んでいます。

 これは雪合戦にとって、良いことではないと思います。
 まして組織も二つ存在する現状。

 
 9月の雪合戦審判サミットは、北から南まで、全国22名参加予定です。
 組織を超えて、ひとつの認識を共有しあえたら、何よりと思っています。



 
 最終回ではなく、まだちょっと続きます。




 
 また、明日です。










[PR]
by yukimaga | 2016-07-28 23:28 | これで委員会! | Comments(0)