ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

ビーチ雪合戦は楽しい~2



 道央ビーチ雪合戦はここが違う。

e0324053_00035889.jpg


 昨年から注目の沼田の高校生チーム、NMT(写真左)

 今年も、パワーアップしてました。

 決勝では、胆振の若手連合(ASSC,室工大、MISKY 写真右)に惜しくも敗れましたが、
 予選リーグでも対戦し、勝っているんです。

 
 若さ、スピード、勢い、ノリノリ、そこが魅力。

 
 大会ルールでは、女性か小学生を二人先発メンバーに入れます。
 コートサイズは10m×32m。 
 女性でもストレートの届く距離。


 スタート時、対面する距離は20m。
 小学生コート規格の幅8mを10mにしたものです。

 なので迫力が違う。

 
 4年前から、だったかなと思います。
 それと併せて、アシックス球も中身を増量して重くしました。

 理由は、風の強いビーチでは、ロブがコントール出来なかったり
 ストレートがまっすぐ行かなかったり。

 見ていての迫力も損なわれてしまう感があったからです。
 (アシックス球については後日)



 やはり一年を通じて、雪合戦のカタチを継続することは

 普及というより、維持する意味が大きいと思います。

 事実、ここ五年ほど参加チームの顔ぶれは変わらずですが

 道内各地からの参加も定着しました。


 オフシーズン、各地から集まり交流すること。
 前日のキャンプ交流も楽しみの一つのようです。



 前日の土曜には、岩手釜石でもビーチ交流大会が開催されました。

 遠野と釜石のみなさんが、呼びかけて岩手各地からも集まったようです。

 
 ね! ビーチ雪合戦は楽しいでしょう! 

 
 冬ももちろんですが、夏の解放感みたいなものも良いものです。

 夏の雪合戦人 つながりは、冬本番への力の蓄えみたいなもんじゃないかなと。


 今月は島根夏の陣、そして灼熱の守谷。






 また明日、です。







[PR]
by yukimaga | 2016-08-02 23:33 | 雪マガだより。 | Comments(0)