ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

島根夏の陣、Go! ~その1



e0324053_14373772.jpg

 雪マガ編集部として今年で三年目の島根になりました。 

 島根に行く一番の理由は・・・ 


 最初のきっかけをくれたのは、
 やはり「せたなレスキュー・吉田監督」です。

 
e0324053_14374306.jpg
 今年で5年連続参加と言うことで、開会式では感謝状の進呈がありました。
 

 5年前と言えば日連と昭和新山の組織分裂があり
 なんとなく県連単位での出場について、
 気まずい意見なんかも耳にした時期です。

 かつて北海道から遠征してくれた雪合戦人もいましたが
 毎年、毎年となるとそれは、お金もかかり難しいものです。 
 
 さらに。この時期、北海道からとなると、
 冬に雪合戦のために色々と犠牲にしてきた中で、
 夏も雪合戦!とは中々、難しいだろうなと思います。  

 でも振り返ってみると、全国の雪合戦処のチームは
 毎年、毎年2月は昭和新山に集まってくれる訳です。 

 吉田監督が一人で行動を起した事が、
 少しずつ北海道の若い雪合戦人に
 広がっていることが素晴らしく、また嬉しい事です。

 お金もかかるし、難しいことだけど
 せっかくの流れが、大きくなるように
 
 冬は、昭和新山雪合戦へ。
 夏は、北海道から、各地の雪合戦へ。 

 雪合戦界のためにも、定着出来ることを
 一つの目標にしたいと思ってます。
 

 それと、
 本来、普及に取り組むのであれば、一年中が当たり前のはず。
 こういった夏シーズンの大会コートで
 審判ルールの検証や、検討会を行うべきだと思うんです。
 そんな集まりの場になればいいのにな、と思います。

 雪合戦への熱意の度合いかも知れませんが
 まあ雪合戦界の現実は、そんな感じです。


 自分としては、かつての道央ブロックと同じ、 
 昭和新山とは違う規格コートなので、
 審判目線でも、観客目線でも比較して見ることが
 出来るので、いい勉強になりますし、 

 編集部としては 島根ばっかり、と言われるかも知れませんが、
 年明けからビーチ雪合戦まで、5月の連休も返上で続くので
 ある意味、物理的に動けるのはこの時期なわけで・・・
 夏休みを兼ねて、一石二鳥と言うことになります。

 

 また明日、です。











[PR]
by yukimaga | 2016-08-23 15:21 | 雪マガだより。 | Comments(0)