ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

雪マガファミリー来札。



e0324053_17140027.jpg
雪合戦マガジン2号に掲載していた
「雪マガファミリー」のNON STYLE(ノン・スタイル)が 札幌競馬場のイベントに登場という事で
「応援」に行ってきました。

凄い人のステージでしたよ。

e0324053_17140340.jpg
左右に100m×手前スタンド含めて50mが人でウマってました。

e0324053_17140798.jpg

雪合戦体験番組のロケの連絡を受けたのは2008年の暮れの事でした。
それも、M1チャンピオンになった翌々日のことで 
次の日曜日をご希望です。 

とりあえず片っ端から、顔の広~い選手にお願いして
ロケに参加するメンバーを集めたものですが
みんな、あのノンスタイル?本当?って疑心暗鬼ながら
話に飛びついてくれました。

あれから8年か~
M1チャンピオンなのに夜のロケで ふんどし一丁で
震えて奮闘していたイシダ君が懐かしい思い出です。
イシダ君はその後、「ガクショク」という自分の番組で
雪合戦に挑戦する企画に関わってくれる事になりますね。



冬が近づくと「雪合戦」を知らない、あの業界の人たちが
「雪合戦」面白しろそうじゃん ってノリだと思うんですけど

結構、安易に雪合戦を、取材させって連絡が来ます。
願ってもないことで、ほぼ無理をなんとかカタチにする事を目指します。
全国区であれば、こんな効果的なPRは無いからです。

もちろん北海道ローカルの場合も多いです。

北海道は転勤も多いようで担当者が変わります。
同じ局から、同じ番組で依頼があったんですが
担当者が、転勤で初めて北海道に来た、なんて事で
毎年、「雪合戦って初めてなんですが資料をもらえますか」って。
昨年も差し上げたのですが・・・と 想いながらも口にせず
「すぐ、送ります!」と 最優先でご要望に応えます。

やっぱり、ゴールデンの番組なんかに取り上げられると
その効果は、大会参加チーム数にもろに現れるようです。

出来る事はやらなければ! と 当然なんですが・・・

裏を返せば、それだけ雪合戦が物珍しい、珍百景的な期待感と
希少な価値を評価されている、そんな現実でもある訳です。
普及は、まだまだだし、
もちろん競技性とかそれ以前の内容でもあります。


いつかは、
「今週は雪合戦で手が回りませんねぇ~」って
お断りするくらい、盛況になって欲しいものです。


取材の申し込み、いつでも、いいですよ!







また明日、です。













[PR]
by yukimaga | 2016-09-04 18:27 | 雪マガだより。 | Comments(0)