ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

たとえば、夏の雪合戦。



e0324053_23282102.jpg

 その昔、JR貨物コンテナに雪を詰めて四国まで持っていったことがありました。
 雪合戦のイベントです。

 沼田の雪合戦は、地元自治体が取り組んでいる雪の有効活用のイベント企画で
 2年前は雪華祭と言って、雪合戦の他にもスノボーのジャップ競技も行われていました。


 夏に本物の雪というのが、やはり雪合戦人こころをくすぐります。
 本当に好きなチーム、もしくは雪合戦人、個人が道内各地から参加するので
 久しぶりの再会でもあるので、和気あいあい和やかな雰囲気です。

 そこが、昨日書いた若者たちとの差かな~^^;


 60~70cmほどに盛られた雪のコート上で
 本当は、午後の部から雪球を使っての予定だったけど

 急遽、あすとろうずボールでの使用に切り替わりました。

 氷のザラメが混じっていたのと、製造機で踏んで形にはなりますが
 雪球が壊れやすいというのも理由だと思います。


 夏に雪というインパクトは、イベントとしてはあるかもですが、
 選手としては、製造機を踏まなくて良いことに、みなさん安堵の表情でした。

 涼しくなったとはいえ、やはり冬に体があったかくなるのとは違い
 この時期はけっこうな汗をかくと思いいます。


 守谷市の灼熱の雪合戦は、人工シートに雪球のようですが
 本州の暑さの中では、競技性として雪球を使うのは
 経験上けっこうキツイのかなと。 

 

 
 まあ、夏には夏のやりかた、雪合戦の難しいところです。



 西のインドア大会を引っ張る、福山大会が
 11月20日に決まったそうですよ。




 また明日、です。  







[PR]
by yukimaga | 2016-09-13 23:29 | 雪マガだより。 | Comments(0)