ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

雪合戦審判員のシカク~その8


e0324053_17255368.jpg


雪合戦審判員の資格および責務、 の最後の二つです。
(9) 競技者以外の人も理解できる判定を行う。
(10) 試合運営をスムーズに行う。


競技者以外の人も理解~となると 要は、雪球に当たったらアウト、当たらなければセーフ。
フラッグを、雪球に当たらず抜いたらフラッグ奪取。
基本はこんなところです。・・・あとはラインオーバーだったり、無効球を投げたり、
いろいろあるわけですが、 明確なジャッジができれば、です。

だけど、単純そうで、そうはいかないのが、雪合戦でしょうね。
なにせ最大14人の選手が投げ、同時に何球もの球が飛び交い
8人もの審判がジャッジするという競技だからこそ、でしょう。
その上、雪上の白一面の中に、白い雪球が、目にも止まらぬ速さです。
 
シェルターワンバンドでのヒットか、ヘルメット直撃かは、
担当審判が一番、判定しなければ
見えないところですが、まっ白だらけの中では至難の技です。

逆にフリーの選手は以外と、近くにいる審判よりも、
一まわり、遠目にいる観客からの方が実際に見やすかったりします。
なのでよく、観客席から、「今の当たっていたよね?」となるわけです。 

一応、なるべくラインから離れて見ることは、
審判間でもわかっていることではありますが
不利な条件もカバーしなければならないことも、知って欲しいところですね。

『試合運営をスムーズに行う。』 はある意味、 『判定』がちゃんと出来てのことですが
ここは、主審さん副審さん、問わず競技の進行経験値の見せ所です。
小さなことですが昭和新山のコートに張られている スポンサーの横断幕は
意外とシェルターの背景になった場合、見やすくなり、効果的な場合があります。
白い幕は逆に困りますけどね。白いウェアの観客さんも。 
審判同士が対面に位置して、選手を真ん中に置くというのが基本ありだと思います。
選手に赤い背景でお互いにに雪球を認識出来るはずです。

「今の当たっていたよね」といのは背後から囁かれると、辛いもんです。


そんな面倒な競技の審判、やめちゃえば!と言われても
やめられないのが、雪合戦ってやつです。


また明日、です。        PH:Azuma








[PR]
by yukimaga | 2017-05-15 20:11 | これで委員会! | Comments(0)