ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

言葉が足りない。言葉でも足りない。

文字や、文章でものごとを伝えることは、簡単なことではないです。
それも文章での意見交換となるとなおさらです。
ある国の大統領が、記者会見やめて文章にするとかしないとか。

プレゼンテーションというのは、相手に直接話して説明することができます。
モノの言い方ひとつで熱意が伝わると、人と人は対話し理解しあえるわけです。
でも文字だけとなると、なかなか難しいですね。

なぜ、こんな事をというかと言うと、6月末が〆切だった国際連合のルール審判に関するパブリックコメントに、今年も提出しました。ルールの文章って難しいです。書き方が。
「ラインを出たときとは、足がラインの外に完全に出た場合や体の一部がライン外に出たときを言います。 →4.4.8を参照」 ってな具合です。
ルールを変える提案をする場合は、変更後の条文を書いて、その理由や補足の為の資料を付けて提出します。これに対して文書での見解がシーズン前に掲載されます。
昨年、審判サミットに参加したみなさんは分かってくれると思います。
ルールのことは、話しあっても難しい一面をもっています。
やはり顔を突き合わして話しても難しいことです。
感情も含めて、俗にいう腹を割っての部分がないとダメなんだと思います。
問題意識の違いが分かりあって、ではないでしょうかね。

e0324053_23595271.jpg



また明日、です。







[PR]
by yukimaga | 2017-07-04 23:57 | 雪マガだより。 | Comments(0)