ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

ここだけの話ですよ~5

昨日からのつづき。例えば、長い歴史の大会があります。その大会の凄いところは、チーム数が減らない事。なぜかと言うと楽しい雪合戦に特化しているからでした。逆にその環境の中でチームが強くなることは中々難しい事かも知れません。それはそれで良いのかなと思います。
その中に競技性を追求するチームが誕生するのは、例えば昭和新山大会に出場して全国の強豪チームを知り覚醒する、なんてケースが理想です。得てして、そんなチームは審判、ルールにも疑問を持ち、取り組んでくれます。日々戦略を考える競技性を知ったチームの方が審判として状況判断ができるからです。そうすると地元大会審判に関わったりして、運営や競技としての雪合戦にこだわり、全国ではこうだから、地元の大会に提言するとします。と、それは摩擦を起こしてしまいます。何故かと言うと円滑に参加チームがあり、その大会が目指している雪合戦は競技性を追求しているのではなく、楽しい雪合戦の大会を継続しているからです。だからってやってられるかと、雪合戦を投げ出しちゃダメです。
要は自分たちの目指す雪合戦仲間を増やすことと、地域の雪合戦を守ることの両方を求められることになると思います。要はさじ加減。そんな両立は簡単なことではないです。
でもそれをやっているのが、いま雪合戦界を引っ張っているチームの皆さんです。
只今、設立準備中『全国スポーツ雪合戦選手会』そんな葛藤もきっと共有できるメンバーが集まってくれる場です。 その代表が決まりました。

e0324053_19382150.jpg

また明日、です。









[PR]
by yukimaga | 2017-07-15 22:17 | 雪マガだより。 | Comments(0)