ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

30年目の雪合戦に向けて~13


e0324053_20060587.jpg

夏の陣。旧アシックス球での雪合戦はちょっと慣れないと面食らう場面があります。サイドスローで腕を振りすぎると思わぬカーブを描いたりします。当たるかと思ったら直前にカーブしたり、風があるとロブは特に影響を受けます。何度か紹介していますが道央ではビーチでけこのアシックス球ですが、中身にチップを補充してテニスボール並の重さにしています。そしてパークはあすとろうずボールと、冬はもちろん雪球と、思えば季節のよって使用球を変えているわけです。まあ、こういったところが雪合戦の手間がかかるところであり、保管場所を取るシェルター然りです。普及の為には良いことではありません。まして、アシックス球はもうありません。

あと夏の陣に行って久々にバックラインを踏みましたが、昭和新山規格と異なる2m差は、改めてセンターまで近い!と感じます。逆に新山に参加する道外チームは
それが雪合戦にとって良いかは一長一短で答えが出てません。
マガジンに書いた真ん中にする折衷案くらいです。もっと斬新な案もありますけど、組織が分かれている中でルールの違いは安易に論議出来ないのも現実です。 仮に今どちらかの組織でルールが変われば、また異なるルールが増える訳です。どちらかが改訂できるのであれば、それは歩み寄りが出来るルール改訂に期待したいと思うんですけどね。そこまで考えてくれるでしょうか。雪マガ編集部如きが言っても、というところです。



また明日、です。







[PR]
by yukimaga | 2017-08-25 23:51 | 雪マガだより。 | Comments(0)