ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

30年目の雪合戦に向けて~27

e0324053_13591574.jpg


札幌市内は、碁番の目に整備されていてどこら辺?とかは北の方角さえわかれば何とか、なるもんです。
ただ地元にいても厄介なのが都心の一方通行が多いと言う事があり、中通りも含めて逆走車もよく見かけたりします。
今朝も事務所へ向かう途中の路地でその一台に遭遇。朝からライトをパッシングしながら向かって来たので停車したところで窓を叩いて「一方通行、逆走だよ!」と反射的に注意しました。かえって来た言葉が、ちょっと以外でした「あ、ありがとうございます」です。
「一歩通行、逆走だよ!」が文字のニュアンスだけでは伝わらないかと思います。怒鳴ってはいませんが、やや語尾は強めにくらい、そして立ち去る。 立ち去ったあとにもう少し、柔らかく言っても良かったか、と若干、次は気をつけようくらいの感じ。
雪合戦の審判にも、これって言える事です。言い方ひとつで、柔らかくも、威圧的にも聞こえるのが言葉なんだと思います。まあ、重要なのは明確にはっきり伝えること、もちろん相手の最初の反応も見つつの場合もあります。そりゃ、態度悪ければ相応にとなるでしょう。わかっていてやった事、無意識にやったことなどいろいろなケースの中で、審判は絶対という信念で臨むことは間違っていないことだと思います。何かと誤審問題が問題意識が薄れるくらい頻発する雪合戦判定の中では説得力をもってできるかと言うと難しい一面があると感じるはずですが、だからといって威厳は持ちつつです。イントネーションひとつで同じ言葉の受け取り方が変わってしまうと言う事は、正しいことを言っても伝わらないことになってしまう事もある、そう肝に銘じて次の審判に臨もうと思います。 何事も如何にして正しく伝えるか、かつ、求められる動体視力、正確な判定・・・難しい事です。



また明日、です。









[PR]
by yukimaga | 2017-09-12 18:23 | 雪マガだより。 | Comments(0)