ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

2017年 04月 17日 ( 1 )


この冬というか ここ数年、どうしてもスッキリできない事が
審判のポジションです。

本当は昨年の審判サミットの中で、一番期待していてことですが
ルールの違いの確認だけで時間が足りない結果で終わってしまいました。

確認出来たのは異なるルールの確認と長所短所についての意見交換まで。
もともと、審判にしても6人制と8人制の見方が異なる上に
コートの規格も違うという状況です。

それでも選手の配置やゲームの流れは同じなわけで、
そんなケースをじっくり検証することが重要だと思います。

選手の動きに合わせての判定ポジションのあり方は
なかなか試合開始前の打ち合わせだけでは、応用が難しいようです。


それだけではなく、今一番の問題は審判自身、さかのぼれば審判講習の段階から
審判の見方や ルールの運用についての認識の違いが起きています。

コートによって、判定の基準が異なる、なんて場面がありませんでした?
例えばフライングの判定など。


最低限、認識と審判の基準は統一見解が持てなくては、
というのは、当たり前のことのようで 意外と問題意識がない気がします。

そのポジション、違うんじゃない?





何が足りないかと言えば、元となるマニュアル?なのか
手っ取り早くは、動画による教材があればでいいんじゃはないか?
って、思うわけです。
e0324053_23222181.jpg

とりあえず、お金はともかく、時間があれば・・・です。 (PH;tosaka)





また明日、です。


 








[PR]
by yukimaga | 2017-04-17 23:48 | 雪マガだより。 | Comments(0)