ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

2017年 05月 10日 ( 1 )



e0324053_19361123.jpg

気ままに 審判目線での言いたい放題ですので・・・ご容赦ください。

(写真は注視しないで^^;)


【雪合戦審判員の資格および責務】 講習会資料より
(4) 公平で自信を持って判定できること。
(5) 沈着、冷静に判断できること。


と 続きます。
自信をもって、沈着冷静、エキサイティングな雪合戦の試合では難しいハードルです。

出来たらカッコイイですし、自分を褒めていいんじゃないでしょうか。

そうでもしなければメンタル面が持たないかもです。
審判というか、審判を含めての雪合戦ですから、
本当に雪合戦好きな「雪合戦人」か と問われる訳です。(こじつけです)


審判をする以上、誤審や 見落としをすると審判の方は、やはり凹むんですよ。

自分も凹みますよ。見落としは仕方ないと言われても凹みます。

見た目は堂々でも、その時、内心凹んでくれなければダメだと思うんです。

肝心なのは失敗を引きずらないこと。

周りの審判仲間も、見落とし、誤審はちゃんと指摘し合わないと経験値がアップしません。

お互いに指摘が無いと、それで良いと勘違いになり、評価も左下がりです。

(※ただし、指摘は後で、他に聞かれないように本人に耳打ちです。)
試合終了後でも、相互審判で選手は残っています。聞かれたらますます審判不信です。
誤審見落としは付き物としても、少しでも減らすためには

やはり、審判も選手も経験が必要でしょう。そうして沈着、冷静にできたらカッコイイでしょう。


審判が好な人は、めげない人たちでメンタルは強い人が多いと思います。

お前が言うなと言われるかもですが、間違いなくいくつかの失敗や

経験が土台になっているからだと思います。謙虚に謙虚に

重要なのは開き直りではなく、そこからの精進であり、スキルアップ。

それでも何れ、年齢的な衰えが来たり、誤審が増えてきたりしたら・・・
かえって迷惑になります。

そのときは雪合戦から身を引くのでは無く
試合での審判は無理でも、動体視力のある若い人への

補佐や実戦指導に回るだけでも大きな役目になると思います。  

そんな生涯『雪合戦人』を目指して欲しいなと思います。


最初の『公平』については 明日に続きます。


また明日、です。






[PR]
by yukimaga | 2017-05-10 19:57 | これで委員会! | Comments(0)