ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

<   2013年 05月 ( 33 )   > この月の画像一覧

e0324053_23474425.jpg

今回、北海道稚内市選抜の写真はこれしかないんです。準決勝リーグ1回戦CRとり天戦。
北海道稚内市選抜は、1月の北海道ランキング戦、優勝チームです。後方審判でこの試合を見ました。
3セットにもつれた試合ですが、終始センターを取り、攻め続けたCRとり天の勢いが勝ったように見えました。
これが雪合戦の面白さでもあり、怖い面でもあるのでしょう。
最初は余裕さえ感じた稚内市選抜でしたが受身的にも見えたフォーメーションが、CRとり天の波状攻撃に徐々に押されていった感じを受けました。 センターシェルへの固執が勝ち取った勝利かと。
CRとり天 お見事でした。


e0324053_2349955.jpg

ここからの写真はサッポロオープンでの撮影です。


e0324053_23493510.jpg

CRとり天は、道央ブロックでは冬以外の大会にも積極的に参加して新山へも連続出場中です。
これまでは、本当、くじ運が悪かったですね。予選リーグ突破もことごとく準決勝リーグでは
強豪の壁にはね返されていた感があります。


e0324053_2350862.jpg

今回の決勝トーナメント進出は、一枚壁を突き抜けたとこですが、評価は来季ですね。
ここからは、やはりベスト16、ベスト8と高い壁が続くんだろうと思います。



ますます、ファイトです。 poto Y.SUZUKI / T.SIONO




また明日、です。    





もりのぶら吉★日記 もよろしくです。
[PR]
by yukimaga | 2013-05-31 23:53 | 雪マガだより。 | Comments(0)
e0324053_22343125.jpg

あすとろうず。です。 ゼッケン2番のTUSSYくんが職場を退職し、故郷函館へ帰ったと伺いました。


e0324053_2235292.jpg

個人的には、5年前くらいかな、大会の手伝いをお願いして、いろいろ助けていただいた記憶があります。


e0324053_22352473.jpg

チームで整列すると、ひときわ小柄な彼が目立って印象的です。
それゆえのFWで前線張ってましたね。「あすとろうず。DVD」でも盛り上げてくれていたなあ。


e0324053_22354732.jpg

さよならとは言わずに、またチームに復帰してくれる機会があると良いですね。
勝手な希望ながら雪合戦・・・どこかで続けて欲しいというのが、本音です。


好むと好まずにかかわらず、生活や仕事や家庭あっての雪合戦。
いつかきっとまた、ですよ。




また明日、です。





もりのぶら吉★日記 もよろしくです。
[PR]
by yukimaga | 2013-05-30 22:40 | 雪マガだより。 | Comments(2)
e0324053_23423027.jpg

昭和新山、準決勝は1コート、3コートでほぼ同時に始まり、どちらか1試合しか見れない観客も
2分されます。 そして試合が終わると同時に、観客は一斉に決勝コートへ走ります。


e0324053_23421077.jpg

決勝進出を決めた2チームが、あとからゆっくりその坂道を登っていく風景はいつもドキドキします。
今年、その4チームのうちの1チームがSATTでした。    photo k.Nakamura

e0324053_23432634.jpg

準決勝は駒澤野球部OBとの雪の降りしきる中での激戦。劇的な勝利を勝ち取り
歓喜の涙で飾りました。22回大会3位、昨年はよもやの予選リーグ敗退。
そんないきさつが、あったからでしょうかね。(勝手な思い込みです)


e0324053_2343861.jpg

さあ、準優勝のあとは「もう一つ」、しかないですね。
その時おそらく大泣きする監督さんをみたら、きっともらい泣きするかな。      photo Y.Suzuki





また明日、です。




もりのぶら吉★日記 もよろしくです。
[PR]
by yukimaga | 2013-05-29 23:44 | 雪マガだより。 | Comments(0)
e0324053_23211557.jpg

一般募集枠での参加チームさん、「青春リバイタライズ」です。
昨年初参加、2回目の出場です。今年は予選リーグ2敗でしたが昨年は1勝しています。
と、このフラッグを見てください。いいアイデアですね。


e0324053_2325838.jpg

東京からでしょうか? 負担のかかる中で毎年昭和新山へ参加いただく事は、ありがたい事です。
おそらく一般枠参加の場合はほんと、試合感覚や練習環境では、圧倒的に不利であることは間違いありません。チームは今回砂浜で練習されてきたそうですよ。

e0324053_23221588.jpg

今回は紅一点の女性も1名加わってのチームでした。


e0324053_23222598.jpg

写真を拝見すると、実に楽しそうですね。                        photo siono


話は変わりますが、道央のチャンピオンズカップでは、初めて雪合戦をするチームを対象に体験部門というのを1日実施します。毎年10~16チームほど参加があります。こちらはスコアがほとんど10-0の応酬なんですがこれはこれで皆さん楽しんでいただいているようです。

道央の上位8チームを除き、以下4部リーグほど現在ありますが、ここ数年、参加チームが定着してます。
この大会の特徴は、同レベルのチームの対戦になるためどの試合も接戦が多く、盛り上がる点です。

現在の新山大会では組み合わせ次第で、一般募集チームと、力量差のある常連さんチームが対戦することも多々あります。これは大会なので仕方のないことですが、やはりいきなり、雪合戦の格差を感じてしまうと
はじめての雪合戦体験だったら、もう懲り懲りとなってしまわないか、ちょっと心配です。
世界大会だから、何言ってんだと言われれば、それまでですが、現実に大会の中に2極があるのは確かです。

やはり圧倒的な競技レベルのベスト16クラスと、違う競技と言っていいくらい雪合戦自体の質が違いますよね。初参加でも、常連さんでも、はたまた強豪チームでも共通するのは「雪合戦の楽しさ」に違いありません。


四半世紀を経て、出来上がった格差でもありますが、それぞれの「楽しさ」を活かした
部門クラス別というのも 裾野を広めるために、これから考えていいのかなと思ったりします。


レディースも1人欠けると大会に出られませんが、
ミックス部門なんてあるといいんじゃないかと思うんですけどね~。
それから、シニアも。



今日はここまで。




また明日、です。







もりのぶら吉★日記 もよろしくです。
[PR]
by yukimaga | 2013-05-28 23:31 | 雪マガだより。 | Comments(0)
島根です。木もれ陽boysです。

e0324053_2252164.jpg

確認していませんが 呼び方は“マエケン体操”でいいのでしょうか?
マエケン投手がいつもウォームアップをしているやつですよね。


e0324053_22522289.jpg

島根勢、今年も一般レディースとも、元気、勢い、ありましたね。             (D-Foce 戦です)
特にレディースは決勝コート進出です。いろいろ見せてくれました。


e0324053_22525863.jpg

                                                    (東部レイダース戦)

春の陣、夏の陣、いまだに伺うことが出来ませんが、逆に毎年、遠路来ていただき
ほんと遠くからの負担を一方的にさせているようで申し訳ないくらいです。
今回のマガジンで 中村編集長が行けて記事にできて良かったです。 

e0324053_2253048.jpg


最後に6号コラムで代表の佐々木純さんが本音を書いてくれました。

ひとことで語れません。あまり主張する立場でもありませんが
組織うんぬんより、どっちがどうのそんなことより、
チームはもっとやりたい事を伝えて良いのではないかと思ったりします。
現実は伝える手段からして、良くわかりません・・・
そこから、もやもやしたり、さめてしまうくらいなら、
そのときは自ら動くことの方が、いいんじゃないかなぁと思います。


雪マガ編集部も、そんな気持ちでやってます。



また明日、です。


もりのぶら吉★日記 もよろしくです。
[PR]
by yukimaga | 2013-05-27 22:54 | 雪マガだより。 | Comments(0)
e0324053_2253719.jpg

SNOWBIRD 17回大会準優勝です。ヘルメットにも戦いのネンキが見受けますね。


e0324053_2253436.jpg

旭川、道北支部では運営も引っ張る常連さんです。職場チームで、金羽 は弟分チームと聞きます。
ベスト4に2チーム入ったのが18回大会。今年はベスト16で決勝Tが「でぃくさんズ」戦です。


e0324053_22542638.jpg

久しぶりに近くで「でぃくさんズ」戦を観戦しました。審判です。^^;
今年は勢いにやられた感がありましたが、さすがにまだまだ強豪の一角です。


e0324053_22545063.jpg

わすれちゃいけない、妹分「L」も兄弟チームですね。
TEAM ATM もそうですが、こういった系列チーム体制も雪合戦チーム存続のカタチです。




また明日、です。


もりのぶら吉★日記 もよろしくです。
[PR]
by yukimaga | 2013-05-26 23:03 | 雪マガだより。 | Comments(0)
e0324053_23505454.jpg

今回の雪マガ撮影企画に最初に申し込んで頂いた、網走信金雪合戦部です。   phot siono
代表・監督の堀池さんがチームの若いみなさんに内緒で申し込まれたそうです。
^^;喜んでいただけたでしょうか。


e0324053_23521360.jpg

新山出場は4回目。残念ながら予選リーグ突破はまだ、だそうですが、懲りずにまたチャレンジしてください。


e0324053_23525595.jpg

試合の時はちょうど雪と日差しが交じりあっていい感じに雪合戦らしい写真が沢山撮影できました。

e0324053_23532989.jpg

さて今回の昭和新山のヘルメットには、実行委員会のシールが貼られています。気がつきました?
シール制作した理由はあまり、良い理由からではないのですが・・・微力ながらデザインは当編集部で
お手伝いさせていただきました。



写真の雪合戦戦士はみなさん、生き生きしてますね。





また明日、です。



もりのぶら吉★日記 もよろしくです。ぶら吉★小松菜日記
[PR]
by yukimaga | 2013-05-25 23:58 | 雪マガだより。 | Comments(0)
e0324053_2218377.jpg

昨日は、日ハム大谷翔平投手の初登板でした。ここだけの話、編集部は全員、日ハムファンです。
稲葉選手インタビュー企画の時、中村編集長は生涯日ハム宣言を確かに、しています。
先日のnumber web で二刀流に賛成するコメントを載せていましたね。
という訳で、花巻東卒の皆さんが多いと伺った東部レイダースの写真を探していたら、
しょうへい さんを見つけました。(^^;かなり無理やり結びつけましたが) photo yoshida


e0324053_2219321.jpg

22回大会で2連覇の あたり屋本舗vs東部レイダース戦のあと、あたり屋の野川さんから
「いずれ東部は優勝出来るチーム」と、伺った事があります。この時の試合も凄い接戦でしたね。
その予言通り、今年もベスト8へ名を連ねました。みなさん若いですよね?のび白が楽しみです。


e0324053_22201699.jpg

ユニフォームカラーもすっかり、東部の代名詞カラーに定着していると思います。カッコいいですね。
早くセンターコートへその雄姿を見たいものです。


e0324053_22205033.jpg

話は戻って、大谷選手。二刀流の話題が再燃していますが、雪合戦の二刀流はなんでしょうね。

勝手な理想をいうと、選手=審判 だと、すごく雪合戦界も一歩前に進める気がします。
まあ、相互審判、まずこんな競技が無いよ、というのはわかっていますが、
それも雪合戦ならでは、かなと。


こんな競技は無い!それが雪合戦。  響きはいいですけどね。




また明日、です。





  





もりのぶら吉★日記 もよろしくです。
[PR]
by yukimaga | 2013-05-24 22:38 | 雪マガだより。 | Comments(0)
e0324053_23121525.jpg

雪マガ6号でコラムをお願いした、チーム「G8」のTanoさん、鹿児島出身の九州男児です。
コラムでは文字どおり、たのしい雪合戦を目指すと語っていただきました。
道央ブロックがなんとなく、形になってきた時代から楽しい雰囲気を作ってくれたのが彼です。
写真は、2008年雪まつりの体験雪合戦の時に子供たちとのゲームに、ブラッキーの着ぐるみで
雪合戦してくれた時のものです。まさにリアルブラッキーですね。となりは外国の方です^^;


e0324053_2315949.jpg

「G」のユニフォームはちょっと大人のワインレッドとゴールドメットです。 「G」が今年「G8」になりました。
今年は息子さんもチームメンバーになりました。体験雪合戦の時に小学生だった彼も中学生です。
子供の成長はほんと早いですね。親子で雪合戦、楽しむ雪合戦になる訳です。


e0324053_23161011.jpg

今年の新山では残念ながら予選リーグ敗退でしたが、会場であったとき、試合審判への不満を伺いました。
試合後、コートでヘルメットをたたきつけたそうですが、見た目と違い、温厚なtanoさんがそこまでするのは
よっぽどの事です。一緒にいた息子さんも「お父さんどうなちゃっうの」とびっくりしたそうです。
でも 切り替えが早いのも、Tanoさん。
翌日の会場内を、親子連れで決勝戦まで徘徊していましたね。


e0324053_23165971.jpg

雪マガ・コラムの執筆をお願いしたとき
「やっと僕のところへ来ましたか」と^^;ずいぶんお待たせしてしまったようですね。



親子で雪合戦でも、楽しむ雪合戦でも、雪合戦を続けてくれる選択肢が広がることは
雪合戦界に、とても良いことだと思うわけです。            ※写真は昨年撮影 Y.Suzuki



また明日、です。







もりのぶら吉★日記 

もよろしくです。
[PR]
by yukimaga | 2013-05-23 23:28 | 雪マガだより。 | Comments(1)
雪マガ6号でコラムをお願いした、風前のトキオ、安田さん。 (詳細は雪マガ6号P41)
兄弟チーム、風前の灯、風前の不審火と職場チームです。東京と北海道で活動中です。
e0324053_23572555.jpg


仲間たちは仕事の関係で転勤等で各地に散らばります。
e0324053_23563750.jpg


でも昭和新山には、安田さんが監督であったり、で各地から集まり、今回も2チーム参加。
e0324053_2358572.jpg


仕事、まして転勤が多い、そして結婚や家庭と 現実的な事になっちゃいますが
雪合戦をする上で、弊害、もとい壁?というか雪合戦に取り組むのにはいろいろ大変な事だらけなのです。
そんな中で、風前チームは職場でのやりくり、チームワークで乗り切っているような、そんなふうに思います。
e0324053_23571939.jpg


そして、チームリーダーの重要性。各チームには必ず、チームを引っ張る「あなた」がいますよね。


風前の灯、永遠に灯し続けてください。




また明日、です。
[PR]
by yukimaga | 2013-05-22 23:51 | 雪マガだより。 | Comments(0)