ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

<   2015年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

e0324053_21523607.jpg
スーパームーンから2日後。


ところ変われば 雪合戦も変わります。

同じところで、身近な雪合戦人とのコミュニケーションも、
もちろん大切ですが ほかの地域の話を聞いて見なければ
異なる考え方が まだまだあります。

お互いが井の中の蛙(かわず)なら そのままです。

なぜなら雪合戦には、新発見がまだまだ、いっぱいあるから。
(いっぱいありました。^^;)


8月の島根、広島、9月の宮城、岩手と
一つの企画テーマは、審判ルールについての認識ややり方の違いです。


あと地域ごとの紹介がふたつ目。


そして、チーム企画が三つ目。
すべてのチームとは行きませんが注目のチームをピックアップしてみます。

最後に、人物かな。岩手については、大会会場を紹介します。

e0324053_22011322.png
先月からトータル10箇所、正直なところ ちょっとお腹がいっぱいです。
少し消化して頑張ります。



また明日、です。



取材道中の合い間の様子は もりのぶら吉★日記で公開していきます^^;
http://kumagassen.exblog.jp/










[PR]
by yukimaga | 2015-09-30 22:06 | 雪マガだより。 | Comments(0)

八戸発 22時、朝6時に苫小牧港に着きました。
e0324053_16501049.jpg
今の時期ならちょうど日の出のあとです。
昭和新山の頃なら、まだ薄暗い時刻です。
ここから、昭和新山へとなると、高速を使って1時間半くらい。


昭和新山の頃なら、朝の冷え込みの中で到着し
組み合わせ抽選によっては午前中試合、なんてあることです^^;



午前中、編集部事務所に復帰しました。
しかし、繰り返し猛烈な睡魔と、戦って敗れています。 


今日の札幌は、確かに肌寒く、朝から、雨、曇り、晴れて、
また、曇、雨、時々ゴロゴロゴロ§§ピカ!§§ドーン!!の繰り返しです。



さて沢山の録音データから雪マガ9号の作業へ、本確定に始動します。
取材はあと、2回かな。


表紙はもう出来ています。お楽しみに!




また明日、です。





取材道中の合い間の様子は もりのぶら吉★日記で公開していきます^^;
http://kumagassen.exblog.jp/















[PR]
by yukimaga | 2015-09-29 16:59 | 雪マガだより。 | Comments(0)
只今、八戸フェリーターミナルです。

e0324053_19314074.jpg
宮城、西和賀、遠野、東和、紫波、八幡平、そして宮古と伺って
昭和新山へ参加して頂いている地域の皆さんの大変さを
その距離だけですが体験出来ました。
フェリーの待ち時間も2時間ほどあります。

季節の違いを思えば、そこまで雪合戦の為に
情熱を頂いていることに敬服するだけです。

宮城を含めた連携や東北の連絡会議の話を伺って
事務局の手前、自分のところの現状と比べると
羨ましくも思います。
良いところはお互い認めてどんどん吸収していく事は
雪合戦には必要な事です。


さっそくヤル気になって頂いたチームさんもあるようで
なによりです。^_^
もっともっと話す事を広め無ければと、
マガジン の役割を考えてみます。
e0324053_19315645.jpg

今宵のスーパームーンのように暗い夜空を明るく照らす
存在を目指して行ければ良いのですが。^_^

また明日、です。









[PR]
by yukimaga | 2015-09-28 20:07 | 雪マガだより。 | Comments(0)
取材最終日の日曜は四日目にして初めて青空が広がりました。

明日の予定を変更して午前中八幡平のサラダファームを訪ねました。

e0324053_00194682.jpg
サラダファームの会場は 夏はdogランが行われていました。

続いて宮古へ。
e0324053_00182198.jpg
時間があったので浄土ヶ浜を訪れましたが

震災の跡と対比すると、不思議な感覚です。

e0324053_00191189.jpg
最後に、新設の宮古協会のみんさんに取材。

2次会で飲んだ みやっこブルーです。
一杯飲むと100円義援金になるそうです。



あすは北上して夜のフェリーで帰ります。



また明日、です。

















[PR]
by yukimaga | 2015-09-27 23:58 | 雪マガだより。 | Comments(0)
取材三日目です。

朝、北日本大会会場を撮影して ゆだ駅出発。
e0324053_01422897.jpg

遠野市に到着 お昼~早池峰山麓の大会会場へ
e0324053_01390880.jpg

遠野から 東和町へ。 砂子大サーカス団。
e0324053_01391530.jpg

そして、銭形の親分を待たせて 紫波町へ。
e0324053_01392824.jpg

真剣トークが続きました。


明日は宮古、伺います。





また明日、です。












[PR]
by yukimaga | 2015-09-26 23:58 | 雪マガだより。 | Comments(0)
今日は、岩手、西和賀から。 取材の現場です。
e0324053_01291934.jpg
湯田温泉、一城にレイダースグループ集合です。

勝利のVサイン。

e0324053_01293418.jpg

今夜も雪合戦話は尽きません。 

6時間・・・

明日は紫波へと続きますが、銭形のみなさん、

へんな対抗心は燃やさなくて良いですよ。^^;



また明日、です。







[PR]
by yukimaga | 2015-09-25 23:58 | 雪マガだより。 | Comments(0)

みちのく取材1日目。

加美町に伺いました。 写真は会場の 開花亭 
e0324053_00362856.jpg

7時から約5時間。 雪合戦の話題は尽きません。

想うことは、それはその土地で、その人に聞くこと。 つくづく思います。


同じ雪合戦でも、きっかけや、取り組みや、想いが異なります。
その土地に行って、直接話を聞くことが、いちばん心に伝わるわけです。


そう言った声を広める事が、なにより今、出来る事。
組織はそれが不可欠のように思います。

ルールに関してはやはり、見解が別れることや企画が変わる事は避けたく。
皆さん気持ちは一緒です。
e0324053_01070887.jpg


あすは 岩手、西和賀。


また明日、です。

 







[PR]
by yukimaga | 2015-09-24 23:53 | 雪マガだより。 | Comments(2)
吉田拓郎の歌詞にある

しぼったばかりの夕陽の赤の中、

苫小牧発、仙台行きフェリーに乗船するところです。

e0324053_17421537.jpg
e0324053_17423821.jpg
明日は仙台に上陸して

加美町へ伺います。


また明日、です。




[PR]
by yukimaga | 2015-09-23 17:26 | 雪マガだより。 | Comments(0)
e0324053_22172927.jpg


沼田雪合戦から
審判が4人も集まると、何かと審判談義に花が咲きます。

やはり、一つの判定のタイミングについても、人それぞれだったりします。
本番の大会前にこういった機会があり、確認出来る事は有意義なことです。
逆に大会前に、そう言った機会がない方が問題かと思います。

試合を判定しながら、確認する。
経験値は多いほど良いかと思います。


今回は中学生のみなさんにも審判で入ってもらいましたが
目は確かです。 あとは大きな声かな^^)

あと次の雪マガでも取り上げますが 
フラッグ奪取の時の審判判定について。

簡単なようで、やはり勝負を左右するポイントです。
ホイッスルも無い、アウトコールも無い それでタイムアウト前にフラッグが抜かれた時、


主審が反対の側を見ている場合、4人目のカウントも含め
さあ、主審はどう判断するか。

そんなところについてが、次号です。




また明日、です。












[PR]
by yukimaga | 2015-09-22 22:42 | これで委員会! | Comments(0)
今日は、取材&審判で沼田の米泥棒雪合戦に行って来ました。
道央ブロックの一級審判の方、3名と一緒です。札幌から栗山経由で約2時間。
雪の上の雪合戦。この時期にありがたい大会です。
運営の皆さんお疲れ様でした。

米泥棒というのは優勝賞品の 地元米5俵(5k袋×60)から来ています。
e0324053_21551101.jpg
昼休みの風景から~ 背景はのグリーンはパークゴルフ場、
後方に高規格道路が走ってます。
e0324053_21551488.jpg
午後の決勝Tは雪球使用です。やはり審判していても迫力の違いを感じます。
優勝した、げきだんいちかわ   
e0324053_21551707.jpg

コメ泥棒の 現場写真より^^;
e0324053_21551944.jpg



今日は中学生チームが多かったですが
さて審判4名に相互審判4~6名で 審判指導をしつつ、
交代で主審のローテーションで全試合、通しました。 


ブランクがあるとやはり、動きが違います。
雪の雪球がやはり、なんというか迫力が違うんですよね

それにしても、こうした審判のみなさん、 
こうした意識と、練習からも意識の共通認識が構築されます。
お疲れ様でした。(疲れました!)





また明日、です。







[PR]
by yukimaga | 2015-09-21 22:17 | 雪マガだより。 | Comments(0)