ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

雪マガ6号、72P:24回大会のチャンピオンズチーム。
マガジンだと、早く発売しないと、
前回優勝という賞味期間が短くなってしまいますね。

e0324053_16475341.jpg

優勝すると何かと良くあるのはTV番組取材でしょうか。
AS・SCは特番でご覧になった皆さんも多いかと思いますが、
レディースチームはなかなか、露出が少ないですね。
室工大雪合戦部 飛鳥には あのパンチ佐藤さんレポーターの取材番組がありました。
今回はsky-A 30分の密着取材でした。(3月30日放送)
CSのスポーツ・カルチャー専用チャンネルです。 


e0324053_165078.jpg

髪もパンチでなくなってるし、ふくよかになっていて
会場で見かけても、これじゃ気が付かないですね。


e0324053_16503622.jpg

練習コートでの様子は初めて拝見しました。
やはり、マイコート持っているチームはさすがですね。

e0324053_1652495.jpg

大会の様子はデンジャラースガールとの一戦が記録されていました。
テレビで試合をみると、意外なところでの審判のジャッジなどついつい
見いってしまいます^^;。
決勝戦並みに内容の濃いゲームでした。




6号から~はあと、2回ほど。


また明日、です。





もりのぶら吉★日記 もよろしくです。
[PR]
# by yukimaga | 2013-06-21 22:38 | 雪マガだより。 | Comments(0)
e0324053_22545819.jpg

今日は雪マガ6号での取材についての紹介です。
写真は、せたな町での取材のひとこま。背後に霊じゃなかった、いるはずの無い方が。

今回の取材記事は、

・椎名誠さん
・雪合戦人、小林さん
・せたなブラザース
・滝野覆面座談会
・新ルール検証(滝野)/その時試合は、AS・SC
・島根ラプソディー/その時試合は、島根木もれ陽

編集部が同行したのは、日高の小林さんと、せたな町、そして滝野です。

北海道関係は、2週連続での週末行程でした。
昨年、10月13日-14日はまず、千歳で編集長をピックアップして、
そのまま日高自動車道で小林さんの住む新冠町へ向かいます。
30分ほどの取材で、戻って門別町で、本業の取材でサラブレッドの育成牧場へ。
元騎手の方への取材で、この間ワタクシは近くをぶらぶらして
約1時間ほど時間を潰します。その時の写真がこれです。
e0324053_22561841.jpg


このあと壮瞥へ向かい、庵さん小林さんと
久しぶりの雪合戦談義で1泊。

翌日昼過ぎ、せたなの皆さんとの待ち合わせです。
みなさんも、午前中は1時間も離れた町での野球の試合を終えて駆けつけて
いただきました。取材を終え、2時間半ほどかけて千歳へ。そのまま帰京です。

再び、翌週も札幌入り。土日と滝野で取材、翌日は一人で富良野取材、旭川空港から帰京。
このあと椎名さんは、首都圏として、島根はこのあと11月の取材でしょうか。

まあ、取材だけでこんな感じです。
来るときは直前で、本業の仕事があって、その合間に雪マガという感じですね。
好きでというには、あまりに大容量な内容です。特殊な仕事で理解することは難しいかも知れません。
取材全てが活字になったのは2月でした^^;

さらに今年は、いろいろな事情が重なってしまい、完成が大幅に遅れてしまった訳です。
あらためまして m(_ _)m 


写真は 壮瞥に一泊した朝、ホテルの裏のひまわりを撮影している無邪気な編集長。
ジャスト、チェックアウト時間まで、眠っていましたよ。
e0324053_22563043.jpg




また明日、です。





もりのぶら吉★日記 もよろしくです。
[PR]
# by yukimaga | 2013-06-20 23:06 | 雪マガだより。 | Comments(0)
e0324053_22464467.jpg

雪マガ6号、6P。島根ラプソディー。
撮影データを整理していたら中村編集長の撮影した中に、
島根県連盟の“秘蔵っ子”チェリーこと「二代目 桜ノ実」のカットがありました。
詳細は是非、6号を読み返してみてください。  (撮影 中村編集長)


先日、スペルの間違いをお知らせした旭のチームですから、
ここでご紹介しない訳にはいきません。 

e0324053_22504094.jpg

福山大会の(小学生)時にその名前は耳にした記憶があります。
女子中学生ですから、あどけなさがあるのは当たりまえですね。


e0324053_22513855.jpg


だけど、新山準優勝のデンジャラースガールが
ここ数年勝てなかったということですから、この無邪気な表情からはその強さは想像ができません。
島根の底力はまだまだ、これからですね。


e0324053_22512554.jpg


来年以降の大会のことはわかりません。



北海道でも、日本中のどこかでも、
雪合戦を極める事に情熱を注いできたのはチームであり、その地域だと思います。


思いっきり、力と技がぶつかる雪合戦が見たいですね。




また明日、です。







もりのぶら吉★日記 もよろしくです。
[PR]
# by yukimaga | 2013-06-19 22:57 | 雪マガだより。 | Comments(0)
e0324053_23384840.jpg

雪マガ、『雪合戦バカ劇場』すっかりおなじみの、5コマ漫画から。
作品は2号から連載中です。作者は、ご存知、あすとろうず。iso さんです。 
6号では、もの申す!でも斬新な雪合戦を提案してくれました。

e0324053_23384885.jpg

最近のスポーツ界では、7人制ラクビーが2016年五輪正式種目に、
3人制バスケットも2020年正式種目を目指しているとの新聞記事を見ました。
雪合戦も5人制。これからの雪合戦に最高の提案だと思います。
人数もそうだけど、フォワードとバックスの区別をなくす、
バックラインをなくして、エンドラインからスタートするという発想がいいですよね。

e0324053_23394587.jpg

センターシェルターの問題など、雪マガ連絡網でも一時期、いろいろな案が出てきましたが、
雪合戦のルールをこれ以上複雑にしては普及の歯止めになりかねないという意見もありました。
でも、雪合戦って、すでに充分複雑なルールですよね^^;
少しくらい、増えても問題ないような気もしましたが、思いっきり、シンプルなルールにする発想の方が
理にかなっているというか、スコーンと悩みがなくなった感じがしました。

e0324053_2340267.jpg

だけど、雪合戦の現状は、それ以前に、クリアしなければならない問題がありすぎて
実績のないまま、今、目先を変えることは難しいのかも知れません。
25年程度の歴史では、成熟度も前述の競技の足元にもおよばないことです。

ただ、今のルールと並行して新たにスタートしておくことは、素晴らしい試みかと思います。

どこかで、誰かが始めたもん勝ちのような気がします。

最初の一歩。これが大変なんですよね。




コマ漫画は、過去の作品の1コマを、きままに組換えしてみました^^;

また明日、です。








もりのぶら吉★日記 もよろしくです。  「大谷くん」です。
[PR]
# by yukimaga | 2013-06-18 23:46 | 雪マガだより。 | Comments(0)
e0324053_19312396.jpg

雪マガ6号71P。
昭和新山国際雪合戦、松本 勉 実行委員長です。24回大会開会式、選手宣誓時の写真です。
撮影は前にご紹介した福山醸造の写真部、佐々木さんです。

選手宣誓のシーンは、必ず撮影しているのですがマガジンに掲載する機会はあまりなかったと思います。
望遠レンズでの撮影で緊張感がある良い写真かと思いますが・・・
当の松本さんは、表情がイマイチだとおっしゃっていました。^^;

e0324053_19314372.jpg

こちらは今回、前日に行われた、25周年式典から。男前に撮れたと思うのですけど・・・。(編集部撮影)


さて、話は小ネタです。 当編集部にも、先日テレビ番組からオファーが入りましたが
雪合戦は、まだまだ、そのマイナーさがマスコミ受けしているのが現状だと思ってください。
毎年、3件から5件はそんなお話しがあります。

某放送局からも毎年のように、ご連絡を頂きます。
どうやら北海道に初めて赴任した担当の方が、地元のイベントを調べてご連絡いただくようです。
雪合戦の事をご存じないので、毎度、その一から説明が必要です。

「いつから始まったのですか?」
「どういうルール、ですか?」
「1チームは何名ですか?」・・・と、

せめて少しはホームページでもみて調べて来いよ~と心の中ではささやきながら
雪合戦普及の為ならと、ぐっと抑えて丁寧にお応えします。

まあ10分くらい質疑応答でしょうか。
「ありがとうございます!企画会議に挙げてみますのでまた連絡します!」
といったやり取りで一度、電話を切ります。

後日「すいません、昨年も取材したとの事で今回は無くなりました・・・。」
そんな落ちで終わります。

話で終わるなら良い方で、チームやスポンサーさんの協力などさんざん段取りした段階で、
ドタキャンなんてこともありますね。 でも、普及の為なら、えんやこら、ですよ。

そんな中で、今年は大会後、映画の脚本家の方からのオファーが人伝であり、
とり急ぎ資料としてマガジン数冊と資料を送りました。 
※あっ、まったく期待しないでいてくださいね。^^;

前にもそんな話がありまして、ストーリーは? 配役は? な~んてところまで、夢は膨らみました。
先代の堀口一夫実行委員長は、「俺の役は、前田 吟 だな」とおっしゃい、
「お前は、柄本明、あいつは、竹中直人」などとアクの強い配役にお酒の席だけは盛り上がります。


みなさんも、万が一、映画化された時の為に、
今からチーム内でキャスティングしておくと楽しいかもです。



で、冒頭の松本さんですが
誰がなんと言おうと、その時は 井上順 さんに、一票かな。





また明日、です。





もりのぶら吉★日記 もよろしくです。 
[PR]
# by yukimaga | 2013-06-17 20:40 | 雪マガだより。 | Comments(0)
昨日、今日と日ハム、広島に連勝です。
昨日は中村編集長とスタンド観戦。(編集長は仕事です^^;)
e0324053_2232366.jpg

広島ファンのみなさん、あさっては広島で交流戦最終戦ですね。
勝たせていただきましたが、札幌ドームは2日連続で3万超えの入りで
ファンのみなさんの熱い応援も際立っていましたよ。今日はTV中継もあったはず。

さて、現在、最下位に低迷するファイターズ。
「純~ひたむきに~ 」というのが今年のチームスローガンです。
まあ、なんかあのドラマの主人公ををイメージしてしまいますね。

だらだらと前フリが長くなりましたが・・・
雪合戦の「純」といえば、島根の佐々木純さんを思い浮かべてしまいます。(中村編集長撮影)
e0324053_22283777.jpg


20回大会2日目中止の朝、チームで雪合戦グッズを買いにきて頂いた思い出が懐かしいですね。
近年の島根勢の活躍は、雪マガで取り上げただけではなく、雪合戦チーム周知の事となりましたね。
e0324053_22305047.jpg


ここで大変おそくなりましたが雪マガ6号でのお詫びです。
P10、旭 をAsahiとすべきところを Asashi と表記してしまいました。
e0324053_2231933.jpg

これは、言い訳になりますが、文中で編集長が、松江と島根を間違えて修正しているうちに
島根の 「shi」 が頭に残ってしまい、旭 が アサシ になってしまいました。
せっかくの取材の記事中で申し訳ございませんでした。m(-_-)m 

最後に 純~ひたむきに~
e0324053_2232285.jpg




もう一つ、訂正とお詫びです。
バトルライナーズ小林さんを取り上げたブログで、選手としての情報ですが
今年の新山にチームは出場していませんでした。
小林さんは審判として参加です。 



また明日、です。




もりのぶら吉★日記 もよろしくです。 
[PR]
# by yukimaga | 2013-06-16 22:38 | 雪マガだより。 | Comments(0)
e0324053_1612595.jpg

雪マガ6号18P。 検証企画「センター90cm」のコメントをいただいたSATTのSAKOさんです。
実は、このほかにもSAKOさんに協力いただいた、こんな写真や・・・
e0324053_1612349.jpg


・・・こんな写真がありました。 (撮影 中村編集長 2012年滝野パーク雪合戦)
e0324053_16123862.jpg


連載の企画になりつつあった、「◎雪合戦ことはじめ」 の 「雪球の避け方編」の掲載予定写真でした。
今回は、諸般の事情で、作業が遅れてしまった事もあり、見送らせていただきました。
次の機会には、必ずやカタチにしたいと思います。
もうひとつは、覆面座談会。 中村編集長、ご指名の欠かせないメンバーです。
楽しい話や、掲載出来ないような話まで ^ ^; たくさんありがとうございました。


e0324053_16123852.jpg

さてチームは今年、2度目の表彰台。
いぶし銀ともいえるシェルターさばき、また見せてください。






また明日、です。





もりのぶら吉★日記 もよろしくです。 
[PR]
# by yukimaga | 2013-06-15 16:13 | 雪マガだより。 | Comments(0)
6号の真ん中のページ。 中村編集長コラムのバックの写真はkumichさん撮影の あすとろうず。の
写真ですが、この時、映っていなかったのが、監督をしていたイノウエさんです。
1人だけ外れた感がありますので、ご紹介します。 あすとろうず。マークのモデル?ですよね。
e0324053_1510376.jpg



メンバーが足りなかった今年は、バリバリの現役もこなします。
e0324053_1511574.jpg



サングラスをかけたときは、・・・・けっこうコワモテですが、
笑顔がやさしい、おじさまです。 (昨年の道央納会雪合戦より)  
e0324053_15112999.jpg



今、その迫力が、最大に活かされるのが 審判をお願いした時ですね。
今年のサッポロオープンでは決勝主審も務めていただきました。 
大きなアウトコールが響き渡ります。 逆らう者はありません。 
e0324053_15115928.jpg



いつもありがとう、ございます。
このペースで、選手も、監督も、そして審判もずっと続けて欲しい、“イノウエ組長”でした。


来シーズンもよろしくお願いします。^^;



また明日です。
[PR]
# by yukimaga | 2013-06-14 18:52 | 雪マガだより。 | Comments(4)
e0324053_19341586.jpg

雪マガ6号35P。 4号から3年連続コラムページを担当してくれた、
icchiこと北海道稚内市選抜の市川選手です。         photo K.Nakamura 

最初に、コラムのタイトルを彼のネーム、 icchi から 「一考」としました。
 
ほとんどオヤジ好きなダジャレですが、これがはまって、ついついシリーズ化になってしまいました。
毎年、締切前には必ず原稿をきちっとあげていただくのですが、
それから先の編集長―編集部の問題になります。 今年のようなことは無いように頑張ります^^;

今年の大会はチームとして不本意だったかもしれませんが、
先の6月6日雪マガブログでご紹介したとおり、北海道選手権は見事優勝です。

何よりも最北の地で雪合戦をするために、自ら大会運営と、組織を作り上げたことには
一言では語りつくせません。もちろん仲間のみなさんもいてのことです。 (雪マガ5号ご参照)
 
同じように日本の各地でも、核となっているみなさんが、たくさんいます。
あらためて、ここからの横の「つながり」が必要な四半世紀以後の雪合戦じゃないかな、とおもいます。 

e0324053_19344058.jpg

さて、写真は昨年の滝野パーク雪合戦のときに
中村編集長が撮影して掲載された一連の写真からです。
 わかります?
「一考」だから「考える人」のポーズをとらされていたのは明白ですね。

icchi=「一考」だけでも、十分だとおもうのですが・・・ ^ ^ ;
ここは、編集長のこだわりなんですょ。 


決して顔に出さない、市川君。おとなです。
次号もお願いすると思います。



また明日、です。







もりのぶら吉★日記 もよろしくです。 
[PR]
# by yukimaga | 2013-06-13 19:40 | 雪マガだより。 | Comments(0)
e0324053_233451.jpg

雪マガ6号、66P 「世界雪合戦マップ」から。

国際雪合戦連合、専務理事の庵さんです。
写真は昭和新山、前夜の新山25周年式典で、カナダチームのステージに拍手を送る姿を
横からこっそり撮らせていただきました。
知る限り、こんなに弾ける姿を見たのは初めてです。

当日は、国際雪合戦連合の設立総会もあり、各国の代表チームの受け口から、日程の調整など
この日の為にほぼ1週間、有給をとっての任務だと伺いました。
役場の職員である庵さんが、雪合戦の業務に関わるときは公務以外の時間に眼底されます。

コラムにあるように、昨年、8月は欧州へ出向きこの日の為に、準備されて来た訳です。
こちらは、↓ 北海道選手権ランキング戦の時の撮影。 ちょとお疲れの時かなと思いました。
e0324053_2334587.jpg


雪合戦を通じてお会いして10年。雪合戦全国行脚をはじめ、
雪合戦に費やされてきた時間と、わたくしの戯言を聞かされた時間は、
おそらく歴代一位ではないかと思います。 

そしてなにより、雪合戦マガジンを支えてくれている大きな存在です。

国内の組織の事は、いろいろありますが、
すでに国際化の波に向かって実務面で先頭を切っている事は、まぎれのない現実です。

選手ではないけれど、やはり、ミスター雪合戦と 呼ばせていただきます。
しばらく見ていないけど、審判姿も迫力ありますよ。^^;


今年、遅れに遅れた、雪合戦マガジン6号の納品は外国選手団への進呈用で 庵さんが一番最初。
手渡しできたのは式典当日、真夜中の午前1時半過ぎでした。 


また戯言を聞いてやってください。


また明日、です。





もりのぶら吉★日記 もよろしくです。 
[PR]
# by yukimaga | 2013-06-12 23:14 | 雪マガだより。 | Comments(0)
e0324053_23361222.jpg

雪マガ6号46Pに掲載した写真です。スカイワード宮下選手。
中村編集長の雪マガ最初の取材、7年前の写真(未公開)です。
あれからトップチームであり続けている事も特筆ですね。まさに最強のミスター雪合戦と言って良いでしょう。
雪マガ創刊準備号から、彼には何度も登場していただいていますね。


そして様々な提言も選手目線からお願いしました。
「物申す!」それは選手として、経験値も含め雪合戦を熟知しているからこそ、説得力も
伴っているのだと思います。
「審判の前向き」への提言、5号での「セーフコール」の提言。時間はかかりましたが彼の言葉が、
実際にカタチになってきた事は紛れもない事実です。

e0324053_23393211.jpg


今年の新山大会で導入されたセーフコールですが、審判参加した皆さんにも理解できていなかった
点があります。それはオーバーコール(アウトを訂正する)としてのセーフコールではなく、
あくまでアウトより先の、セーフコールだという定義でした。
つまり、アウトとセーフが同時であればアウトが優先されるというものです。  


実際に見解の相違もあったようですが、ジャッジが別れた時どうするか、
最終ジャッジの判断をどうするかなど、問題もあったのも確かです。


日曜朝のTVでもやっていましたが、プロ野球審判でも一度、セーフと言ってから、アウトだったり、
その逆だったりがあります。
仮にコールした審判自身が、異なる判定が重複したとしても、その場で言い換えれば
それで済む事かと思うのですが・・・


今の雪合戦セーフコールは、アウトコールのあとでは無効になるという事です。
なんの為のセーフコールなのか、
ことしも「物申す!」方、お待ちしています。




また明日、です。






もりのぶら吉★日記 もよろしくです。 → 刺激がなければ、生きていけない。
[PR]
# by yukimaga | 2013-06-11 23:46 | 雪マガだより。 | Comments(2)
e0324053_2331831.jpg

雪マガ6号、27P雪合戦人。『日高の「種まく人』 小林さんです。             撮影 編集部
この写真は、昨年の小学生大会の時に撮らせていただきました。
昭和新山の翌週は監督としてチームを引き連れ、毎年参加していただいています。
小林さんは、生まれ故郷の新冠へ戻り、雪合戦を地元の子供たち、そして大人たちにへ広げ
この地域に雪合戦の根を張った、まさに種まく人です。
そして日鋼バトルライナーズの現役選手として優勝も経験し、今も現役バリバリです。
連続出場では、おそらく最年長です。 「ミスター雪合戦」 と呼ばせていただきます。
(詳細は本誌を今一度読んでください!^^;)


e0324053_23304888.jpg

今、雪合戦に関わる人たちへ、「小林さん型」を増やして行くことを提唱したく思っています。
雪合戦四半世紀の中で、→「チーム」がなくなる、=「雪合戦を辞める人」をこれまで何人も見てきました。
常連チームの固定化と 新規チームの格差などいろいろな課題を感じます。

例えばですが 「シニアクラス部門」、「ミックス部門」、
競技重視でも、2部制のランク分け部門など、部門分けで、いろんな雪合戦が選べる環境があると
よいのかなと思うのです。ひとつの大会の中では無理があるかもしれません。

最初に 目指すべき理想が 「小林さん型」。

単純に長くやる人が増えれば、
競技人口も増えるし、審判をする人も、たずさわる人も増えるかなと・・・。 

安易な発想からはじめてみましょう ^^;


e0324053_2332170.jpg

余談:小林さんの取材の様子ですが、 
この翌月、後ろのハイセイコーの像が暴風で倒れました^^; ↓
e0324053_23314020.jpg




また明日、です。





もりのぶら吉★日記 もよろしくです。







 
[PR]
# by yukimaga | 2013-06-10 23:36 | 雪マガだより。 | Comments(0)
今年の新山をふりかえる、最後は雪合戦界の S と N。 photo T.SIONO
SKYWARD と第N回です。  SKYWARDは「うえはら生花店」時代を含め4度の新山優勝。
第N回も 今年の優勝で3回目の優勝。この10年、昭和新山、雪合戦界を引っ張ってきた2チームと
言っても過言ではないでしょう。雪合戦マガジン、創刊準備号でもその対談が掲載されました。

e0324053_22345156.jpg

最初のうえはら時代の初めての決勝は、本当に衝撃的でしたね。
最後の1人まで圧倒するスタイルは今も変わりません。

e0324053_22351164.jpg

方や、勝つ雪合戦を実践するN回。最後の最後まで試合をひっくり返す強さは変わりません。

e0324053_2235424.jpg

昨年は準決勝で久しぶりの直接対決。今年は明暗を分けたようです。
来年はN回がゴールドゼッケンです。

e0324053_22363155.jpg

まだまだ、SとN両極の戦いは続きそうですね。
この2チームを含む、8強チームの絡みに来年も目が離せません。



約1/3のチームまでしか紹介していませんが
また、機会をみて紹介していきます。




また明日、です。





もりのぶら吉★日記 もよろしくです。
[PR]
# by yukimaga | 2013-06-09 22:41 | 雪マガだより。 | Comments(3)
e0324053_23591186.jpg

レディース部門、今年のチャンピオンはなんと8回目の優勝の「シェイカーズ」でした。
思わぬ勇み足で準優勝に終わったり、試合受付に遅れて失格になったり、20回大会中止・・・
もし、たられば、があれば、優勝回数はふた桁になっていたかも知れません。


e0324053_23581420.jpg


もう1チームは同じ道北、オホーツクで双璧の 一昨年優勝の 「 L 」。
昨年の決勝コートでの敗戦から雪辱をすべく、今大会を迎えました。


e0324053_23595219.jpg

両チームとも聞くところ、レディースチームとの実戦がなかなかできなくて
ほとんど、男子チームとの対戦で新山に望むことが多いようです。
もっとも一般の中に入っても充分通用する皆さんです。

e0324053_23585423.jpg


そんな2チームが今回、決勝トーナメントの1回戦で対戦。試合を拝見しました。
このクラスになると1ポイント勝負ですね。
それもエース同士のセンター、1シェルでの1対1の3セットマッチのようでした。

最後の最後、1ポイント勝ったシェイカーズに軍配です。



レディース部門、なかなか参加チームも減ってしまい厳しい状況ですが
両チーム、来年も期待です。


また明日、です。





もりのぶら吉★日記 もよろしくです。
[PR]
# by yukimaga | 2013-06-08 23:50 | 雪マガだより。 | Comments(0)
新山をふりかえる~も、48まで来ました。
また、折をみてもっと昔を振り返ることもあるかと思いますが、とりあえず今日を入れてあと3回です。
・・・いずれ全チームが目標です。^^;      photo siono
 

e0324053_2254010.jpg

さて、スパークする雪しぶきに写っているのは 第M回優勝札幌チームです。
N回とともに、もう、説明はいらない強豪チームですね。
両チームは札幌雪合戦倶楽部として川村4兄弟のほか、小野4兄弟もいます。
今回の大会では小野兄弟が2名づつ、NとMに分かれていたようです。


e0324053_2257823.jpg

気になったのは、M回の方に今回、助っ人選手で
伊藤組土建建設部から2選手が加わり、参加されていました。
伊藤組は常連チームでしたが、職場の転勤などで皆さんしばらく散り散りのため
今回は道央の予選も参加できませんでした。 

e0324053_2257197.jpg

ア○ノ○ックスとか景気のいい話はまだまだ、北海道まで届いた感じがしないのですが
お勤め選手のみなさんは、いろいろ大会参加の為に苦労されていることを耳にします。
そんな状況の中で、2人だけでも参加できたことは良かったと思います。
雪合戦の横のつながりですね。
 余計なお世話で恐縮すが伊藤組が来年復帰したらどうなるのでしょう^^)


e0324053_22592326.jpg

せっかくなので、個人的にお気に入りな、伊藤組土建建設部のヘルメットです。(昨年の撮影より)
大鷲の健「ガッチャマン」をイメージしちゃいます。・・・古くてすいません。 




また明日、です。





もりのぶら吉★日記 もよろしくです。
[PR]
# by yukimaga | 2013-06-07 23:06 | 雪マガだより。 | Comments(0)
e0324053_2373831.jpg

CRとり天の時に、紹介しましたが、稚内市選抜の写真が・・・負けてしまったのでありませんでしたが
北海道選手権の時の写真を見つけたので紹介します。^^;新山ではありませんが・・・。


e0324053_23751.jpg

げきだんはちにん との試合でのカットシーン連射撮影です。
右側げきはち、7番の選手がセンターにダンクですが、それをセンター選手が迎え撃ちます。


e0324053_2383734.jpg

この時、左側のげきはち1番FW選手からクロスで稚内市選抜のFWが出るタイミングを狙っていました。
さらにこの次のタイミングで左のげきはち1番のところへもカウンターで一球投げられています。

さすがトップチームの攻撃の駆け引き、ですね。こういった攻撃のタイミングを周りの審判も頭の中に
入れておかないとただでさえ見えないクロスの雪球を見落とす結果になりかねません。
言うはたやすしで、センターに目が行ってて、それだけでも緊張の一瞬なのでとても難しいですね。
ひとりの審判ではなく対角の審判との連携も必要です。


e0324053_23114149.jpg

さて今年はこの勢いで新山もと、期待が高まった感がありましたが、勝敗の行方に絶対はありませんね。
来年はまた、大会を盛り上げて欲しいですね。 まずは選手権優勝おめでとうございました!
北海道稚内市選抜  現在、北海道ランキング 1位です。



また明日、です。




もりのぶら吉★日記 もよろしくです。
[PR]
# by yukimaga | 2013-06-06 23:20 | 雪マガだより。 | Comments(0)
e0324053_23231095.jpg

西部レイダースです。青いですね。青部でもいいくらい、青いですね~   photo K.NAKAMURA


e0324053_23253099.jpg

いつからでしょうね。ヘルメットカラーがメタリックで、この写り込みです。
真ん中の暗い影は撮影者、編集長でしょうね^^;


e0324053_2346442.jpg


今年の西部レイダースは、準決勝リーグで惜しくも敗退でしたが、組み合わせがもったいなかったかな。
この大会切れ味抜群の、「でぃくさんズ」と「せたなレスキュー」、3チームとも決勝トーメントの常連さんです。
24回大会も決勝トーナメント1回戦で「でぃくさんズ」と対戦していますね。



e0324053_2346632.jpg

西部といえば、高橋さん名字が多いんですよね。今回はプログラムで拝見すると5名です。




来年も盛り上げていただけることを願っています。
今年も「活性原酒 にごり酒 雪っこ」を1缶いただきましたが、このお酒?強烈ですね^^;




また明日、です。


もりのぶら吉★日記 もよろしくです。
[PR]
# by yukimaga | 2013-06-05 23:48 | 雪マガだより。 | Comments(0)
金羽。snowbird - L とともに同じ職場のメンバーが中心だそうです。
e0324053_2240885.jpg


ちょっと前回の写真ですが、連続ショットで並べてみます。 photo T.Siono
雪合戦ですからやはり、雪球を投げた瞬間とか、当たった瞬間の写真がそれらしいですが・・・
e0324053_2243886.jpg



なかなか、その瞬間を狙うのは難しいんですよ。
e0324053_2243643.jpg



なので、イチかバチかより、連射モードで撮影することがよくあります^^;
最近のスマホですごいのもでましたが、息抜く暇もない雪合戦の撮影は難しいのです。
e0324053_22433648.jpg


毎度、1万枚にも及ぶカットから雪合戦マガジンに掲載されるのはほんの一部です。
なので少しでも、埋もれてしまわないように紹介だけでもと思います。
e0324053_22454861.jpg




また明日、です。




もりのぶら吉★日記 もよろしくです。
[PR]
# by yukimaga | 2013-06-04 22:49 | 雪マガだより。 | Comments(0)
e0324053_19195782.jpg

team ATM のTS.SCです。若いですね~。元気ありそうです。    PHOTO YOSHIDA

e0324053_19254073.jpg

試合は拝見していませんが、試合スタイルはおそらく、兄貴ゆずりでしょう。

e0324053_1926664.jpg

監督さんのヘルメットはMISKY。 ロゴデザインは雪マガ・コママンガのISO君です。

e0324053_19264593.jpg

対戦チームの 「炎のむち打ち同好会」、こちらも、デザインは・・・^^;

e0324053_19273085.jpg

さて、昭和新山のベスト8チームは、シードで1日目の審判に2名お手伝いとなります。
1コートでは、AS.SCが担当チームでしたが どうもちょっと見覚えが無い若い選手さんだったので
聞いてみると、今年、弟分のTS.SCから、昇格した(?)とのことでした。

こういった場合、審判に出されるのは若いみなさんにお鉢が回るのは、よくあるケースです^^;

いや~初日はほぼ、固定位置での審判で、ほとんど出ずっぱりで、二人とも大きな声で頑張っていましたね。
お名前聞いたのに忘れてしまいました (ごめんなさい。) 


ちょい前にも書きましたが、

選手が相互審判をするなんて!そんな競技は無いと思いますが、現実は、それが今の雪合戦。

というか、選手も審判も、何事もやる気があってのこと。

競技人口がもっともっと増えて、審判も増えて

相互審判しなくて良いくらいになる日が、何れ来ると信じて

長~い目でみてやってください。



また明日、です。



もりのぶら吉★日記 もよろしくです。
[PR]
# by yukimaga | 2013-06-03 19:30 | 雪マガだより。 | Comments(0)
道央のリダクションCO2z。シーズン中チームの練習はよなよな行われます。
9時くらいから12時、1時まで及ぶこともあるとか・・
雪との格闘は除雪だけで終わることもあるそうです。


e0324053_23252890.jpg

仕事との両立と安易なことは言えないですね。
相当の犠牲もついて回ります。

e0324053_23253691.jpg

そんなに雪合戦に全てをつぎ込んでしまう理由はなんでしょうね。

e0324053_2326262.jpg

こんな競技はほかにない、一種の中毒性でしょうか?

e0324053_2327878.jpg

年に一度の新山では、審判も同じ症状に陥ります。
それゆえ、納得の行く試合をしてもらわなければいけない訳で、
まだまだ人材育成が不足しているように思うのです。 


来シーズンもよろしくです。       PHOTO K.NAKAMURA



また明日、です。






もりのぶら吉★日記 もよろしくです。
[PR]
# by yukimaga | 2013-06-02 23:49 | 雪マガだより。 | Comments(0)
e0324053_23593932.jpg

昭和新山バックも良いですが、有珠山もよいですね。

e0324053_002399.jpg

6号で取材に伺いました。せたな町SFC、せたなレスキューです。

e0324053_001023.jpg


アップでも行きます。                    photo  K.NKAMURA


e0324053_01154.jpg

個人的な事ですが祖父母、叔父のお墓があり、幼少のころからの第二のふるさとです。
昨年10月、中村編集長と2日間の千歳―日高―壮瞥泊―せたな―千歳と強行取材でしたが
貴重な時間を無理してあわせていただきありがとうございました。
おまけ。そのときの撮影から未掲載集合写真です。




また明日、です。
[PR]
# by yukimaga | 2013-06-01 23:58 | 雪マガだより。 | Comments(0)
e0324053_23474425.jpg

今回、北海道稚内市選抜の写真はこれしかないんです。準決勝リーグ1回戦CRとり天戦。
北海道稚内市選抜は、1月の北海道ランキング戦、優勝チームです。後方審判でこの試合を見ました。
3セットにもつれた試合ですが、終始センターを取り、攻め続けたCRとり天の勢いが勝ったように見えました。
これが雪合戦の面白さでもあり、怖い面でもあるのでしょう。
最初は余裕さえ感じた稚内市選抜でしたが受身的にも見えたフォーメーションが、CRとり天の波状攻撃に徐々に押されていった感じを受けました。 センターシェルへの固執が勝ち取った勝利かと。
CRとり天 お見事でした。


e0324053_2349955.jpg

ここからの写真はサッポロオープンでの撮影です。


e0324053_23493510.jpg

CRとり天は、道央ブロックでは冬以外の大会にも積極的に参加して新山へも連続出場中です。
これまでは、本当、くじ運が悪かったですね。予選リーグ突破もことごとく準決勝リーグでは
強豪の壁にはね返されていた感があります。


e0324053_2350862.jpg

今回の決勝トーナメント進出は、一枚壁を突き抜けたとこですが、評価は来季ですね。
ここからは、やはりベスト16、ベスト8と高い壁が続くんだろうと思います。



ますます、ファイトです。 poto Y.SUZUKI / T.SIONO




また明日、です。    





もりのぶら吉★日記 もよろしくです。
[PR]
# by yukimaga | 2013-05-31 23:53 | 雪マガだより。 | Comments(0)
e0324053_22343125.jpg

あすとろうず。です。 ゼッケン2番のTUSSYくんが職場を退職し、故郷函館へ帰ったと伺いました。


e0324053_2235292.jpg

個人的には、5年前くらいかな、大会の手伝いをお願いして、いろいろ助けていただいた記憶があります。


e0324053_22352473.jpg

チームで整列すると、ひときわ小柄な彼が目立って印象的です。
それゆえのFWで前線張ってましたね。「あすとろうず。DVD」でも盛り上げてくれていたなあ。


e0324053_22354732.jpg

さよならとは言わずに、またチームに復帰してくれる機会があると良いですね。
勝手な希望ながら雪合戦・・・どこかで続けて欲しいというのが、本音です。


好むと好まずにかかわらず、生活や仕事や家庭あっての雪合戦。
いつかきっとまた、ですよ。




また明日、です。





もりのぶら吉★日記 もよろしくです。
[PR]
# by yukimaga | 2013-05-30 22:40 | 雪マガだより。 | Comments(2)
e0324053_23423027.jpg

昭和新山、準決勝は1コート、3コートでほぼ同時に始まり、どちらか1試合しか見れない観客も
2分されます。 そして試合が終わると同時に、観客は一斉に決勝コートへ走ります。


e0324053_23421077.jpg

決勝進出を決めた2チームが、あとからゆっくりその坂道を登っていく風景はいつもドキドキします。
今年、その4チームのうちの1チームがSATTでした。    photo k.Nakamura

e0324053_23432634.jpg

準決勝は駒澤野球部OBとの雪の降りしきる中での激戦。劇的な勝利を勝ち取り
歓喜の涙で飾りました。22回大会3位、昨年はよもやの予選リーグ敗退。
そんないきさつが、あったからでしょうかね。(勝手な思い込みです)


e0324053_2343861.jpg

さあ、準優勝のあとは「もう一つ」、しかないですね。
その時おそらく大泣きする監督さんをみたら、きっともらい泣きするかな。      photo Y.Suzuki





また明日、です。




もりのぶら吉★日記 もよろしくです。
[PR]
# by yukimaga | 2013-05-29 23:44 | 雪マガだより。 | Comments(0)
e0324053_23211557.jpg

一般募集枠での参加チームさん、「青春リバイタライズ」です。
昨年初参加、2回目の出場です。今年は予選リーグ2敗でしたが昨年は1勝しています。
と、このフラッグを見てください。いいアイデアですね。


e0324053_2325838.jpg

東京からでしょうか? 負担のかかる中で毎年昭和新山へ参加いただく事は、ありがたい事です。
おそらく一般枠参加の場合はほんと、試合感覚や練習環境では、圧倒的に不利であることは間違いありません。チームは今回砂浜で練習されてきたそうですよ。

e0324053_23221588.jpg

今回は紅一点の女性も1名加わってのチームでした。


e0324053_23222598.jpg

写真を拝見すると、実に楽しそうですね。                        photo siono


話は変わりますが、道央のチャンピオンズカップでは、初めて雪合戦をするチームを対象に体験部門というのを1日実施します。毎年10~16チームほど参加があります。こちらはスコアがほとんど10-0の応酬なんですがこれはこれで皆さん楽しんでいただいているようです。

道央の上位8チームを除き、以下4部リーグほど現在ありますが、ここ数年、参加チームが定着してます。
この大会の特徴は、同レベルのチームの対戦になるためどの試合も接戦が多く、盛り上がる点です。

現在の新山大会では組み合わせ次第で、一般募集チームと、力量差のある常連さんチームが対戦することも多々あります。これは大会なので仕方のないことですが、やはりいきなり、雪合戦の格差を感じてしまうと
はじめての雪合戦体験だったら、もう懲り懲りとなってしまわないか、ちょっと心配です。
世界大会だから、何言ってんだと言われれば、それまでですが、現実に大会の中に2極があるのは確かです。

やはり圧倒的な競技レベルのベスト16クラスと、違う競技と言っていいくらい雪合戦自体の質が違いますよね。初参加でも、常連さんでも、はたまた強豪チームでも共通するのは「雪合戦の楽しさ」に違いありません。


四半世紀を経て、出来上がった格差でもありますが、それぞれの「楽しさ」を活かした
部門クラス別というのも 裾野を広めるために、これから考えていいのかなと思ったりします。


レディースも1人欠けると大会に出られませんが、
ミックス部門なんてあるといいんじゃないかと思うんですけどね~。
それから、シニアも。



今日はここまで。




また明日、です。







もりのぶら吉★日記 もよろしくです。
[PR]
# by yukimaga | 2013-05-28 23:31 | 雪マガだより。 | Comments(0)
島根です。木もれ陽boysです。

e0324053_2252164.jpg

確認していませんが 呼び方は“マエケン体操”でいいのでしょうか?
マエケン投手がいつもウォームアップをしているやつですよね。


e0324053_22522289.jpg

島根勢、今年も一般レディースとも、元気、勢い、ありましたね。             (D-Foce 戦です)
特にレディースは決勝コート進出です。いろいろ見せてくれました。


e0324053_22525863.jpg

                                                    (東部レイダース戦)

春の陣、夏の陣、いまだに伺うことが出来ませんが、逆に毎年、遠路来ていただき
ほんと遠くからの負担を一方的にさせているようで申し訳ないくらいです。
今回のマガジンで 中村編集長が行けて記事にできて良かったです。 

e0324053_2253048.jpg


最後に6号コラムで代表の佐々木純さんが本音を書いてくれました。

ひとことで語れません。あまり主張する立場でもありませんが
組織うんぬんより、どっちがどうのそんなことより、
チームはもっとやりたい事を伝えて良いのではないかと思ったりします。
現実は伝える手段からして、良くわかりません・・・
そこから、もやもやしたり、さめてしまうくらいなら、
そのときは自ら動くことの方が、いいんじゃないかなぁと思います。


雪マガ編集部も、そんな気持ちでやってます。



また明日、です。


もりのぶら吉★日記 もよろしくです。
[PR]
# by yukimaga | 2013-05-27 22:54 | 雪マガだより。 | Comments(0)
e0324053_2253719.jpg

SNOWBIRD 17回大会準優勝です。ヘルメットにも戦いのネンキが見受けますね。


e0324053_2253436.jpg

旭川、道北支部では運営も引っ張る常連さんです。職場チームで、金羽 は弟分チームと聞きます。
ベスト4に2チーム入ったのが18回大会。今年はベスト16で決勝Tが「でぃくさんズ」戦です。


e0324053_22542638.jpg

久しぶりに近くで「でぃくさんズ」戦を観戦しました。審判です。^^;
今年は勢いにやられた感がありましたが、さすがにまだまだ強豪の一角です。


e0324053_22545063.jpg

わすれちゃいけない、妹分「L」も兄弟チームですね。
TEAM ATM もそうですが、こういった系列チーム体制も雪合戦チーム存続のカタチです。




また明日、です。


もりのぶら吉★日記 もよろしくです。
[PR]
# by yukimaga | 2013-05-26 23:03 | 雪マガだより。 | Comments(0)
e0324053_23505454.jpg

今回の雪マガ撮影企画に最初に申し込んで頂いた、網走信金雪合戦部です。   phot siono
代表・監督の堀池さんがチームの若いみなさんに内緒で申し込まれたそうです。
^^;喜んでいただけたでしょうか。


e0324053_23521360.jpg

新山出場は4回目。残念ながら予選リーグ突破はまだ、だそうですが、懲りずにまたチャレンジしてください。


e0324053_23525595.jpg

試合の時はちょうど雪と日差しが交じりあっていい感じに雪合戦らしい写真が沢山撮影できました。

e0324053_23532989.jpg

さて今回の昭和新山のヘルメットには、実行委員会のシールが貼られています。気がつきました?
シール制作した理由はあまり、良い理由からではないのですが・・・微力ながらデザインは当編集部で
お手伝いさせていただきました。



写真の雪合戦戦士はみなさん、生き生きしてますね。





また明日、です。



もりのぶら吉★日記 もよろしくです。ぶら吉★小松菜日記
[PR]
# by yukimaga | 2013-05-25 23:58 | 雪マガだより。 | Comments(0)
e0324053_2218377.jpg

昨日は、日ハム大谷翔平投手の初登板でした。ここだけの話、編集部は全員、日ハムファンです。
稲葉選手インタビュー企画の時、中村編集長は生涯日ハム宣言を確かに、しています。
先日のnumber web で二刀流に賛成するコメントを載せていましたね。
という訳で、花巻東卒の皆さんが多いと伺った東部レイダースの写真を探していたら、
しょうへい さんを見つけました。(^^;かなり無理やり結びつけましたが) photo yoshida


e0324053_2219321.jpg

22回大会で2連覇の あたり屋本舗vs東部レイダース戦のあと、あたり屋の野川さんから
「いずれ東部は優勝出来るチーム」と、伺った事があります。この時の試合も凄い接戦でしたね。
その予言通り、今年もベスト8へ名を連ねました。みなさん若いですよね?のび白が楽しみです。


e0324053_22201699.jpg

ユニフォームカラーもすっかり、東部の代名詞カラーに定着していると思います。カッコいいですね。
早くセンターコートへその雄姿を見たいものです。


e0324053_22205033.jpg

話は戻って、大谷選手。二刀流の話題が再燃していますが、雪合戦の二刀流はなんでしょうね。

勝手な理想をいうと、選手=審判 だと、すごく雪合戦界も一歩前に進める気がします。
まあ、相互審判、まずこんな競技が無いよ、というのはわかっていますが、
それも雪合戦ならでは、かなと。


こんな競技は無い!それが雪合戦。  響きはいいですけどね。




また明日、です。





  





もりのぶら吉★日記 もよろしくです。
[PR]
# by yukimaga | 2013-05-24 22:38 | 雪マガだより。 | Comments(0)
e0324053_23121525.jpg

雪マガ6号でコラムをお願いした、チーム「G8」のTanoさん、鹿児島出身の九州男児です。
コラムでは文字どおり、たのしい雪合戦を目指すと語っていただきました。
道央ブロックがなんとなく、形になってきた時代から楽しい雰囲気を作ってくれたのが彼です。
写真は、2008年雪まつりの体験雪合戦の時に子供たちとのゲームに、ブラッキーの着ぐるみで
雪合戦してくれた時のものです。まさにリアルブラッキーですね。となりは外国の方です^^;


e0324053_2315949.jpg

「G」のユニフォームはちょっと大人のワインレッドとゴールドメットです。 「G」が今年「G8」になりました。
今年は息子さんもチームメンバーになりました。体験雪合戦の時に小学生だった彼も中学生です。
子供の成長はほんと早いですね。親子で雪合戦、楽しむ雪合戦になる訳です。


e0324053_23161011.jpg

今年の新山では残念ながら予選リーグ敗退でしたが、会場であったとき、試合審判への不満を伺いました。
試合後、コートでヘルメットをたたきつけたそうですが、見た目と違い、温厚なtanoさんがそこまでするのは
よっぽどの事です。一緒にいた息子さんも「お父さんどうなちゃっうの」とびっくりしたそうです。
でも 切り替えが早いのも、Tanoさん。
翌日の会場内を、親子連れで決勝戦まで徘徊していましたね。


e0324053_23165971.jpg

雪マガ・コラムの執筆をお願いしたとき
「やっと僕のところへ来ましたか」と^^;ずいぶんお待たせしてしまったようですね。



親子で雪合戦でも、楽しむ雪合戦でも、雪合戦を続けてくれる選択肢が広がることは
雪合戦界に、とても良いことだと思うわけです。            ※写真は昨年撮影 Y.Suzuki



また明日、です。







もりのぶら吉★日記 

もよろしくです。
[PR]
# by yukimaga | 2013-05-23 23:28 | 雪マガだより。 | Comments(1)