ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

e0324053_23473535.jpg

はじめて、ビーチ雪合戦でキャンプをした時の写真です。2回大会2007年です。
チーム間の交流という意味で、その前の年に道央支部として初めての納会を実施しました。

それまでは、コートの上での会話というか、強いチームは近寄りがたい雰囲気が漂い、
試合の流れで遺恨を残すくらいのことはたくさんありました。
他のチームと口をきくな的な雰囲気です。

そりゃそうですよね。硬い雪球を至近距離からぶつけられて、笑顔で挨拶もないものです。

納会の場を広げていった結果、その空気が徐々に変わっていったのがわかります。
最初は20人ちょっとだったのが、3年後には100人規模まで広がりました。

すでにいくつかの同じ力量のチームを中心にチームの交流ができていましたが、同時に練習や
戦略面で全体的にレベルアップしたことが感じられました。


まずは、お酒が飲めても飲めなくとも、話してみる。
そこから、雪合戦も広がります。


今はあちこちの交流もはじまりましたが、まだひとにぎりといえばひとにぎり。
新しいチームが 溶け込めるような雰囲気位も必要かなと思います。


島根夏の陣には、北海道からも参戦するようです。 がんばって話してきてください。



また明日、です。
[PR]
# by yukimaga | 2013-08-14 23:57 | 雪マガだより。 | Comments(0)
e0324053_16513925.jpg

ビーチ雪合戦キャンプでご一緒した、「風前」の遠藤元気さん。元気とかいてモトキと読みますが、
誰もが、「ゲンキ君」、「ゲンキさん」と呼んでいます。雪マガ4号にも登場です。
転勤が多い職場なので、今年もわからないと聞いていましたが、まずは一安心。

ビーチでは毎年、こりにこったチーム名で、直前まで「変更」が入ることもしばしば。^^;
昨年のモモイロ~に続いて 今年は「フウゼンノミクス」、「風前の今でしょ!」の2チームエントリーです。

e0324053_1751510.jpg

スタート時、いきなり何やら、かぶりものです。どうやら芸能界いりした〇先生のようですが・・・
イマイチ、乗り気がない小学生選手くん。

e0324053_1653179.jpg

まったく真剣な表情の遠藤さん・・・

この時すでに、試合開始のホイッスルから、両チーム再びセンター集合。
なにやら、真面目なおもむきで一人話し続ける遠藤さん。

e0324053_16543386.jpg

決めぜりふは予想どおり 「いつ雪合戦やるんだ!」  全員、 「今でしょ!」

試合開始約30秒の小芝居はオチが見え見えで、会場内の蒸し暑さを一気にさげていただきました^^; 
相手チームとの念入りな打ち合わせがあったかどうかはわかりません。でも、この一体感。
e0324053_17295033.jpg


昨日に引き続き、ブログをみただけでは眉をひそめる方もいるかもしれませんが
個人的には、やっぱり雪合戦は楽しいが原点。もちろんハイレベルな雪合戦まで、
いろいろなステージがあっていいんじゃないかと思います。 
もちろん、ビーチだって真剣勝負です。

正直なところ毎年3日間も海に通うと運営的に、いろいろな限界を感じます。
でも、みなさんの「楽しかった!」と、終わったあとの充実感ってやつ・・・(^^;こいつがやっかいです。)


パワースポット、ビーチ雪合戦。



また明日、です。






ビーチ雪合戦の様子は・・・こちらでも。
もりのぶら吉★日記 もよろしくです。
[PR]
# by yukimaga | 2013-08-13 17:19 | Comments(0)
さてさてこの写真は!?
e0324053_23154842.jpg


^^; 昨日のビーチ雪合戦で大爆笑を誘ったこの一戦。(フウゼンノミクス vs 本日焼肉!迷酔亭)

両チームのフォワードがセンターで対峙し、互いに攻撃はせず、ひたすら投げ合う。
それどころか、雪球が無くなったらシェルターの上に球を置いてお互いにシェアする^^;
まあ、事前の念入りな打ち合わせがあったかどうかはわかりません。

どちらが先に、裏切るか?MCさんの実況もあって場内、大爆笑でした。


と、そんなにおちゃらけて いいの?と思う方もいるかもしれませんが
ビーチ雪合戦は、普及の意味もあり、規則的にかなりゆるくしています。

1セット60球2分、監督の借用オーケー、登録人数は13名までなどなど。
まあ最低限の決まりごとはありますが、楽しい雪合戦がいつの間にか自然にコンセプトになりました。

それとビーチに参加するチームは常連チームばかりではありません。
ビーチだけ参加のチームもあります。
なので、雪合戦を楽しいスポーツと感じてもらうことも大切なことかなと思います。

「めっちゃ楽しい~」と初参加の女の子が、話しているのを聞くとよかったなと思うし
外国人選手の方も、最後まで食い入るようにみてると、よしよしと満足。


先の写真のシーン。・・・でも、よくこんなこと思いつくなと関心してしまいます。
ふと思うのですが、問題のセンターガチンコが、こんなカタチになったらある意味なくなりますよね。

お互いにセンター取るゲーム方式。
あるなしは別として、可能性は無限にあるということじゃないでしょうか。
雪合戦の可能性にまだまだ期待します。


また明日、です。
(明日は多分、ユキガッセン、いつヤルの・・・) 



ビーチ雪合戦の様子は・・・こちらでも。
もりのぶら吉★日記 もよろしくです。
[PR]
# by yukimaga | 2013-08-12 23:23 | 雪マガだより。 | Comments(0)
e0324053_2352784.jpg

今日はビーチ雪合戦。 天候にも恵まれいい大会だったと思います。
大会の様子は、また少しづつ紹介して行きます。

昨日は若干肌寒い天候でしたが 夜のキャンプからの話題のノリで、雪合戦を夫妻でやっている
皆さんを知っている限り紹介していきます。

 ・・・という訳で道央、上野夫妻。年の差16歳だそうです。
昨日は楽しい時間をありがとうございました。夫婦特集早速採用させていただきます。 

上野さんは、SATTで二度の表彰ステージですが、最近の話題はこれからの雪合戦との向き合いかた。
長く雪合戦を続けて行くためには、勝つだけが目的ではないという事です。

そんなわけで酔った勢いで、新チームを作ろう、などと楽しい夜でした。
奥さんかなさんは、三飯Lで、ビーチ大会では唯一のレディース単独参加。
先のfbでもご紹介しましたが楽しく雪合戦していましたよ^^;

夫妻で共有できる話題が「雪合戦」、いいんじゃないですか。
上野ご夫妻、ともに白髪がはえるまで雪合戦、よろしくです。

e0324053_2353189.jpg

昨年isoさんの結婚式での大爆笑。愉快なご夫妻です。



ともに雪合戦選手のご夫妻、ときどき知ってる限りでご紹介して行きます。



また明日、です。
[PR]
# by yukimaga | 2013-08-11 23:56 | Comments(0)
e0324053_23181794.jpg

マツイチさんその2 
個人的には二人の松下さんのもう人方、マツイチ: シェイカーズ監督、松下一彦さんです。
今回は、22回回大会以来久しぶりのレディース優勝でしたが、
残念ながら松下さんはいらしゃいませんでした。

雪マガ一号で記念すべき取材チームでもあります。
あれは、21回大会レディース決勝のあと、
北海道日本ハムファイターズ応援企画でレディース決勝のあと実施したのですが、
その時の優勝がLで負けたチームへの配慮が足りないとのご意見をいただきました。

取材の件もあり、監督の松下さんにお詫びのメールをしました。
選手のみなさんは ノリノリでやっていたので気にしないでくださいと、
松下さんから返信いただきました。 

翌年は、カニの差し入れをいただきました。
松下さんには、雪マガコラム連続でお願いしましたが 女性7は編集長お気に入りです。

e0324053_2319145.jpg

シャイカーズ、来年はゴールドゼッケンです。





ビーチから。また明日、です。
[PR]
# by yukimaga | 2013-08-10 23:20 | Comments(0)
e0324053_2356571.jpg

月の下に マツイチさん こと松下一郎さんです。
かつては実行員会事務局、担当係長?で、大変お世話になりました。


審判としても、バリバリだったのに、最近の昭和新山では運営本部にいらっしゃいます。


その昔のまた昔、柴ちゃんをはじめ、若いメンバーチームで参加したとき、若気のいたりで
雪球に水を含ませたり、ジョークで石をいれたらとか話題で盛り上がっていると

間に受けた、対戦チームから苦情が入って、 松下さんに怒られました^^;
「初めて参加するチームならまだしも、雪合戦の関係者なんだから、がっかりさせるようなことを言うな」

「はい。」その日から、気を引き締めてかかってます^^;   そんな想い出があります。


さて現職は ルール改訂の先頭に立つ、国際連合の競技審判部の専門委員です。

審判講習会ではなく、 審判勉強会を合宿でやりましょう!松下さん。







また明日、です。 明日はビーチキャンプ。






もりのぶら吉★日記 もよろしくです。・・・・
[PR]
# by yukimaga | 2013-08-09 23:57 | Comments(0)
e0324053_234795.jpg

今日はこんな写真を紹介します。

右は室蘭工大雪合戦部飛鳥の澤田紋佳さん。
^^;澤田さんとは一度、事務的なメールのやり取りをしたことがあるだけです。
左は島根デンジャラースガールの4番、すいません、^^;お名前わかりません。


撮影はレディース決勝戦のあと、コートサイドで。 (ph SHIONO) 

このブログでも、前回レディースチャンピオン、室蘭工大飛鳥、デンジャラースガール戦を
取り上げさせていただきました。 予選リーグでの一戦です。いいゲームでしたよ。

 
前回チャンピオンを破って決勝へコマを進めたデンジャラースガール。
決勝コートで見守っていた澤田さん。

残念ながら決勝での敗戦・・・、二人の想いが伝わってくる写真です。 


塩野君に 「いいね!」  雪合戦に「いいね!」




また明日、です。




もりのぶら吉★日記 もよろしくです。・・・・ 雪夏祭特集は続く。 










 
[PR]
# by yukimaga | 2013-08-08 23:08 | Comments(0)
e0324053_23112998.jpg

めざせ!A級審判員、めざA こと 金子さんです。
初めて会ったのは、道央大会への審判武者修行?で2007だと記憶します。^^;

関東圏では、審判講習会を一手に引き受けられているようです。
2010年、昭和新山でA級審判合格です。
すごいですよ、ルールブックの 何条何項まで頭に入っています。^^;
e0324053_23132380.jpg

2011年にも単身、サッポロオープンまで審判の応援に来ていただきました。
え~旅費はもちろん出ませんので、審判という立場でそこまでできる雪合戦人はなかなかいませんね。

e0324053_23135452.jpg

雪合戦の審判については、ご周知のとおり、チームの戦略的かつ、スピードがアップした競技性に
追いついていません。 ましてや絶対数が足りないので、相互審判性という
スポーツではありえない、システムで運営されてます。
今少し時間をかけて、人材の育成、確保が必要な時期だと思います。


^^;金子さん、講習会での審判育成、よろしくお願いします。



また明日、です。





もりのぶら吉★日記 もよろしくです。 
[PR]
# by yukimaga | 2013-08-07 23:14 | Comments(1)
e0324053_23293437.jpg

昨日のマル君からの、丸子拓範さんです。^^;
初めて、丸子さんと会ったのは道央の確か2回目か3回目の納会です。
旅行ケースを持って大阪から駆けつけてくれたのです。

札幌では「SATT」、転勤先の大阪では「NANIWAさっと」 西日本各地大会の情報をいただきました。
雪マガ3号のコラムでも「加西の真夏の雪合戦」のことに触れています。

そのころだったの思うのですが、ちょうど中村編集長が札幌に来たタイミングで
丸子さんも札幌にいて、さらに壮瞥から庵さんも駆けつけて、
編集会議に、ご一緒してもらった事があります。 雪合戦の話ばかりで夜は更けました。
e0324053_2330423.jpg


後日談で、庵さんが、実行委員会事務局長の立場で、全国の連盟を行脚したことがありました。
それは、実行委員会と連盟の対話の機会を求めたことだと思うのですが・・・

あとで庵さんから、「全国行脚をしようと思ったのは丸子さんの話を聞いたのがきっかけ」と伺いました。
所変われば、雪合戦も変わる、そんな丸子さんの 
雪合戦 諸国漫遊記が 庵さんをつき動かしたようです。 

先日、初めて伺った 沼田の雪夏祭もそうですが、
いろいろな大会、会場に伺うと、運営もチームも想いは同じだということ、
そして雪合戦の持つ独自の世界観が共有できることを強く感じることができます。


今年も、また、どこかの大会に行きたいですね。




また明日、です。




もりのぶら吉★日記 もよろしくです。 
[PR]
# by yukimaga | 2013-08-06 23:34 | Comments(0)
e0324053_23583971.jpg

室蘭工大雪合戦部、OBの丸谷君です。

一番最初に彼と会ったのは2007年の、道央の有志チームを集めて札幌大通り公園で行われた
雪合戦デモ会場です。

コートの脇で熱心に見学していた彼に声をかけて見ると、噂を聞いてわざわざ室蘭から見に来たと言うので
試合に出なよと勧めると、腕を痛めているということでしたが・・・、
結局、我慢できなくなった彼は試合に出ていました。
腕を痛めていると言いながら、めちゃ早い切れ味抜群の球を投げていましたよ。^^;

道央ブロックと室工大の交流の始まりは彼がきっかけで、後輩のみなさんに引き継がれています。
交流といっても最初は納会かな。

就職が決まって確か最初神戸だったと思いますが、あるときはnaniwaさっと、あるときは室蘭工大関東、
千葉レイブンズと 全国各地の大会に出場しているようです。平塚、福山、浅間でも会えました^^;
e0324053_045411.jpg

室蘭工大OBの凄いところの一つは、その雪合戦の種を全国各地にまいている事だと思います。
ブログを拝見するといろいろ、社会人として大変な中で雪合戦、奮闘中のようです。

写真は 大通り雪合戦の記念撮影。 一番高いところにいるのが彼です。
e0324053_23585930.jpg

ちょっと小さいくてわかりにくいけど、みんな若い!^^;


また明日、です。


引き続き 雪夏祭。
もりのぶら吉★日記 もよろしくです。 
[PR]
# by yukimaga | 2013-08-05 23:58 | Comments(0)
e0324053_224283.jpg

さて2010年、22回大会で昭和新山の司会者から、礼文島で漁師になるという華麗な転身をした
五十嵐 俊(まさる)さんです。(^^;以下、MC五十嵐と記載させていただきます。

12回大会から10年ちょっとお世話になりました。
最初のころからチームや選手の情報を調べて会場を盛り上げてくれました。
次に雪合戦のルール、トップチームの戦略も勉強して実況に活かしてくれました。
最終的にイベント性もあるし、競技にも対応してくれたと思います。

ある時、新山掲示板にMC五十嵐を揶揄する書き込みと、擁護する書き込みがありました。
特定チームに偏りすぎている等の事です。
どちらの書き込みも間違っていない意見だと思いましたが
掲示板は無記名だし、言い方も無責任だから 読むのは心がすさみましたね。

だけど、彼は「めげない。」
なら、参加チームの情報を全部覚えるって言ってましたね。
e0324053_229723.jpg

価値観の違い、環境の違いで、意見結論はまったく両極端なものになります。
何事もそうなのでしょう、雪合戦界でも同じようなことも見て来ました。
両極の考え方があったとしても 基本=雪合戦なら
あとはバランスの舵の取り方のような気がします。「めげない」こと大事です。

e0324053_2295813.jpg

写真は、礼文島へ渡る直前に、
オープンのCMナレーションを先取り収録した「最後の仕事現場」でのひとコマ。
奥さんになった愛(めぐみ)さんが、
最初で最後、仕事しているところを見たいとスタジオ見学しました。

e0324053_22192974.jpg

さて、漁師への転身を図ってあれから丸3年。
三年間は連絡断って仕事に専念する言ってましたが。あっという間にたちましたよ。
奥さんがいて、お子さんも生まれたし、立派な漁師さんになっている事と思います。

最後に、編集部企画デザイン、イラストisoさんで
道央チームからの花向けで制作した、雪合戦フラッグです。
e0324053_22105618.jpg

「イガラシ・レブンズ」 そろそろ、出て来いや~^^; 


また明日、です。





昨日の雪夏祭の様子はこちら→
もりのぶら吉★日記 もよろしくです。
[PR]
# by yukimaga | 2013-08-04 22:23 | Comments(1)
e0324053_23551513.jpg

今日は取材のつもりで 北海道雨竜郡沼田町の雪夏祭へ行って来ました。
雪合戦チーム赤と黒のメンバーでもあり、
大会運営に関わった商工会メンバーの 多田さん(左)と片山さんです。

e0324053_2355589.jpg

雪の多い沼田町は、雪を活用したまちづくりを推進していて
役場の中に、「ゆきものがかり」と銘打った部署を設けて、雪を貯蔵して販売までしているそうです。
この「雪夏祭」もそんな、まちづくりのイベントとして企画され、今年で3年目。
雪合戦だけではなく、雪山を作ってのボード・スキーのジャンプもありました。


e0324053_23561811.jpg

おそろいのスタッフTシャツはなかなか、おしゃれです。 胸に雪の結晶、背中の「ゆきものがかり」


雪合戦好きの選手の皆さん、壮瞥商工会のメンバー、実行員会事務局もいらっしゃいました。
チームは、稚内、旭川、せたな、洞爺の、例のチームや、あのチームです。^^;
道央からも数名の個人参加です。 
このメンバーさんは、いつも道内、集まってくれる、本当に雪合戦好きのみなさんです。

e0324053_23564530.jpg

最後に記念撮影。 天候に恵まれなによりでした。
多田さん、片山さん お疲れ様でした。いろいろありがとうございました。


大会3連覇チーム、無事に着いたでしょうか^^;
来週はビーチです!



また明日、です。




もりのぶら吉★日記 もよろしくです。
[PR]
# by yukimaga | 2013-08-03 23:56 | Comments(0)
e0324053_23251691.jpg

え~個人的なことですが、雪マガロケ取材、雪合戦会場に欠かせない、マイカーの走行メーターが
先日、ちょうど20万キロになりました。

たまたま先月車検で、ABSの警告灯やら、エンジン制御やら、ほぼ倍の車検代がかかりましたね^^;
2002年、日韓Wカップの年から11年目です。

e0324053_23255832.jpg

2年前から、 昭和新山本番には荷物が増えたのでトヨレンさんの協賛ハイエースをお借りしていますが
年間数回、昭和新山へは何回往復したやら。橋本聖子さんを4年間送迎したり、
すべての雪合戦には欠かせない車です。

e0324053_23264968.jpg

2011年の浅間にもフェリーに載せて行きました。写真は新潟糸魚川付近からの日本海。
一応、雪合戦スタッフカーのマグネットをつけて走ってましたよ^^;


次は、目標30万キロ、行けるところまでかなと思います。
新山の30周年に間に合うかな。



という事で、明日は沼田の雪夏祭へ走ります。





また明日、です。





もりのぶら吉★日記 もよろしくです。
[PR]
# by yukimaga | 2013-08-02 23:31 | 雪マガだより。 | Comments(2)
e0324053_23531260.jpg

一昨日のジャッキーさん同様に 平塚ビーチでお会いした北軽ピーチの上田さん。
第一印象は寡黙に黒岩さんを支える名参謀といったところ、勝手なイメージです^^;

浅間のときはお酒が飲めない?と確か伺いましたが
黒岩さんとのコンビネーションの良さをとても感じました。
チームを引っ張る人がいて、支える人も必ずいて、チームは成り立っているのだと思います。
e0324053_23545583.jpg

(写真は浅間での懇親会)

毎年、新山ではなかなかご挨拶できませんが、 浅間に取材で伺った時に
雪合戦をするために、運営、設営のご苦労を伺いました。
運営もそうですが、設営は以外とやったことが無い方多いのではないでしょうか。

e0324053_23553822.jpg

(平塚ピーチでの設営作業。黒岩さんと 撮影:クミチさん)
審判もやって、設営もやって、運営も^^; 雪合戦ってなんて大変な競技なんだ!って・・・
思いますよね。 
それが現状であり、それでも引っ張る人たちがいるのも事実。


そんな訳で、平塚ビーチは、早稲田の皆さんの熱意が
全国の引っ張る人たちを呼び寄せた、そんな想いを感じずにいられません。

e0324053_23555785.jpg

群馬から、黒岩さんと上田さんが、トラックにシェルター2コート分を積んで
片道、確か6 時間とか(?)、終了後お疲れ乾杯の席にも出ずに、帰路についたお二人です。
あの時はお疲れ様でした。2009年9月12日、忘れられない1日です。




また明日、です。


もりのぶら吉★日記 もよろしくです。
[PR]
# by yukimaga | 2013-08-01 23:57 | Comments(0)
e0324053_236034.jpg

ここ4年続けて、1コートでお世話になっている、コート主任の田仁さん(左から2人目)です。
※左から、先にご紹介した中山さん、田仁さん、山本さん、澤井さん の壮瞥審判団。
中山さん以外のお三方は役場の皆さんです。

e0324053_2373060.jpg

コート主任は基本、主審や審判に入らず、審判員への指示とコート運営が仕事です。
なにかトラブルが起きた時の責任者でもあります。

主審の脇に待機して試合をチェックしていますが、試合中のきわどいプレーのときなんか
「 アッ」 「ン、」小さく声が聞こえたりします。プレッシャーになることも、 
セットのあと、採点をいただいたりしたこともありました。
気がつくと、こうやって経験値を積ませて頂いて来たことは明らかですね。

でも、見ているとやっぱり、自ら主審をやりたいオーラが、ギンギン出ていますよ。^^;


写真は先日の懇親会で、月あかりの中での1カット。
e0324053_2381099.jpg


こちらは、数年前の 大会終了後の慰労会で・・・・・
e0324053_2383664.jpg

ちょっと お茶目な田仁さんの一面です。


また来年もよろしくお願いします・・・というか、7ヶ月切りましたよ!



また明日、です。





もりのぶら吉★日記 もよろしくです。










 
[PR]
# by yukimaga | 2013-07-31 23:15 | Comments(0)
e0324053_23125912.jpg

2009年平塚ビーチ・早稲田大学雪合戦部主催、大学サークル対抗雪合戦フェスティバル。
この時全国から駆けつけたメンバーです。

e0324053_23133193.jpg

初めてお会いしたメンバーの中の一人が
青森出身、埼玉のグレイト・ティーチャー・倉内さん(雪マガ3号コラム、自称ジャッキーさん)です。
小学校の先生で生徒さんへ雪合戦の取り組みを話してくれました。
平塚へは一人で参加です。

e0324053_23135859.jpg

再会は2011年秋の浅間高原でした。
そのときは雪合戦チーム「はだし部」のメンバーさんと一緒に参加です。


e0324053_23143863.jpg

関東圏で練習も度々、熱心な活動を続けている雪合戦人ですが
最近お子さんも誕生したようで、上手く両立されているでしょうか。

浅間で別れ際「昭和新山へもいつか来てよ」と話しかけると
「まだまだですよ」と 恥ずかしくないレベルのチームになったら、と謙遜されていました。

関東圏では、独自の活動の中で浅間や山梨の大会の持つ意味が大きいように拝見します。
地域での普及がまずは一番という事ですね。


倉内さん、もとい、ジャッキーさん! 「はだし部」元気ですか?

でも、やっぱり、いつか新山で。




また明日、です。





もりのぶら吉★日記 もよろしくです。
[PR]
# by yukimaga | 2013-07-30 23:24 | Comments(2)
e0324053_23495018.jpg

昭和新山で長いことお世話になっている 上村代志晴さんです。
雪合戦審判の先輩であり、先生の一人でもあります。

今は競技委員会の役員として用具の管理を一手にされています。ヘルメットなど全てです。

個人的に昭和新山で審判をするようになったのは、実は上村さんがきっかけです。

そのころは雪合戦の撮影の指示くらいの仕事で、チームとしても出ていた時です。
たまたま、上村さんが主任のコート付近を歩いていると呼び止められました。

「おい、山田くん、ちょっと審判手伝ってくれ」

「ああ、いいですよ」 って答えると

「じゃあたのむな」 っていきなり主審です^^;

ちょ、ちょと という間もなく 「ちょっとトイレ行って来る」

突っ込みどころ満載です。 
ずいぶん前のことですが、こんな感じでした。

そんなことから一日審判をお手伝いし、
昭和新山での審判のお手伝いが、いつの間にかメインになっていました。

同じように、声をかけ続け、少しずつですが仲間も増えてきました。

「ねね、ちょっと審判やってかない」

お声がかかりましたら、よろしくお願いします。


e0324053_2355632.jpg


表題の「ジャイアン」は 柴ちゃんと密かに呼んでいる 上村さんの愛称です。








また明日、です。








もりのぶら吉★日記 もよろしくです。
[PR]
# by yukimaga | 2013-07-29 23:55 | Comments(0)
e0324053_23232639.jpg

九州福岡で、雪合戦孤軍奮闘の侍fukuokaの田中さんです。
雪マガでも「九州でも雪合戦ができるばい」プロジェクトでTシャツ販売を通じてみなさんの協力で
雪球を届けさせていただきました。

まだ、電話でしかお話ししていませんが 熱い九州男児の田中さんです。
写真は、大分九重スキー場でのPRをする田中さん。 全九州雪合戦大会です。

e0324053_23254386.jpg

2011年、博多ももち浜でのビーチ大会。島根、広島のみなさんが遠路駆けつけました。


e0324053_2326477.jpg

大分で行われている、全九州雪合戦大会はスキー場で行われるので、もちろん雪球で、
チームもそこそこ集まりますが
田中さんの ももち浜ではアシックス室内練習球を使います。
田中さん自ら、新聞社やTV局にも働きかけて、参加チームの募集に奔走しているのですが
参加チームの現実はまだまだ、厳しいものです。 

室内球での「雪合戦」と雪の「雪合戦」とはちょっとイメージが違うのかもしれません。 

楽しい雪合戦なら、子供たちを巻き込んでみるのも良いかと思います。
保護者さんがついてきますからね。
e0324053_23281049.jpg

少しずつ、一歩ずつ九州に伝わって行くことを期待しています。


いずれは伺いたい、博多のももち浜です。^^; 



また明日、です。





もりのぶら吉★日記 もよろしくです。
[PR]
# by yukimaga | 2013-07-28 23:29 | Comments(0)
e0324053_2348823.jpg

ほぼ身内ネタですが、今日は今週2回目の雪合戦関係者のビアガーデンの集いがありました。
主催はこの方、道央レディースチームの安田組の安田組長。
残念ながらチームは今年のシーズン前に解散しました。

e0324053_23491149.jpg

安田組は TEAM KSKと同じ職場のレディースチームとして2007年チーム誕生。
初めての昭和新山で見事3位に入賞しました。23回大会でも、あのシェイカーズに勝っての3位でした。
チームがなくなる事はとても残念でしたが、レディースチームの諸事情は測りしれないものです。


レディースチームの多くが、メンズチームとの共生で成立しているが現状です。
安田組が凄かったのは、メンズチームに頼らず自立していたところだと思います。
練習もそうですし、雪球製造もメンズチーム頼らず、その辺の男子チームより、早かったですね。
安田さんの統率力が際立っていたと思います。


チームは解散しましたが安田さんは、道央ブロックの役員として、
大会運営の重要なポジションをお願いしています。

e0324053_23501684.jpg

親子三代雪マガ投稿カットです。右は安田組の監督を務めたお父さん。
かつての雪合戦人です。


チームはなくなりましたが、道央ブロックとレディース部門を引っ張る
雪合戦人になってくれそうです。もとい、くれるでしょう!



また明日、です。



宴のようすは・・・
もりのぶら吉★日記 もよろしくです。
[PR]
# by yukimaga | 2013-07-27 23:51 | Comments(0)
e0324053_2324130.jpg

今日は、昭和新山の 施設副委員長、中山茂樹さんです。
先日、ご紹介した堀口ジュニアとともに、施設委員会の実働部隊、NeXT ゼネレーション世代。
つまり、雪合戦コートの設営は彼らの腕にかかっています。

e0324053_2305635.jpg

審判歴も長いですよ。この写真は2005年ころの写真です。若いなぁ。
審判も若い人に限ります。

e0324053_2334625.jpg

こちらの写真は先日のゴルフコンペの後の、懇親会でのひとコマ。 ^^;3位と4位。


e0324053_23434.jpg

このお二人いつも一緒にいる感じがしますが
そういえば、堀口ジュニアとは確か、義兄弟でした。^^;

あと25年はよろしくお願いします~。




また明日、です。




もりのぶら吉★日記 もよろしくです。
[PR]
# by yukimaga | 2013-07-26 23:06 | Comments(0)
e0324053_2382957.jpg

タララララ~♪  ^^;(マジックBGMのつもりで・・・) いつもステージありがとうございます。
昭和新山レセプションでお馴染み^^; マジッシャン・NEXCOクボタさん。

e0324053_2382950.jpg

NEXCO東日本さんが、公式スポンサーになったのは2007年からです。
スポンサーの立場だけでなく、チームとして選手として、雪合戦にハマって頂きました^^;
ありがとうございます!写真は、21回大会レディース部門優勝 NEXCO東日本-娘 

e0324053_2385625.jpg

雪マガ投稿企画にも、クボタさん自ら参加していただきました。


高速道路のパーキングエリアに出現したネクスコ輪厚雪合戦コートは道央エリアでは、
もはや欠かせない練習コートです。チャンピオンズカップのステージでもあります。
できた当時、多くのチームがクボタさんにはお世話になりました。


e0324053_239342.jpg

基本的に北海道のチームは屋外練習メインですが
一番の悩みのタネは、練習コートが少ないこと。
限られた有力チームこそマイコート運営していますが、自主運営の苦労は大変な事です。

そんな事情もあり、スポンサーであるNEXCO東日本さんの輪厚コートの環境は
道央エリアの雪合戦を支える、ひとつの柱となっています。


引き続きよろしくお願い致します。



また明日、です。



もりのぶら吉★日記 もよろしくです。
[PR]
# by yukimaga | 2013-07-25 23:26 | Comments(0)
e0324053_2257895.jpg

昭和新山国際雪合戦の名誉大会実行委員長、橋本聖子さんです。
五輪メダリストであり、スケート連盟会長、日本自転車競技連盟会長、
バンクーバー冬季五輪選手団長や日本オリンピック委員会選手強化本部長など
日本のスポーツ界を牽引されています。雪マガ創刊準備号、記念すべきスペシャルインタビュー1号です。

e0324053_22573264.jpg

昭和新山に参加されたのは、確か10回か11回大会だと思うのですが
「聖子隊」選手として自らチームを率いてです。
この写真は札幌で外国人選手を募集して
13回大会「聖子隊」として参加したときのもので、ワタクシ監督です ^^;

個人的な関わりは、ある意味仕事としてなんですが
12回大会から、会場への聖子さんのエスコートでした。ちょうどお子さんが生まれた時です。

ワタクシのマイカーで早朝のご実家だったり、夜の空港だったり、
昭和新山までお送りしていました。地元に事務所が無かった?時かなと思います。

e0324053_22582487.jpg

抱かれているのはお子さんの聖火ちゃん。
(オリンピックにちなんだ命名で話題になりましたね)

子守役もしました。お母さんが試合に出るときは泣き続けていましたね。
まあ、チーム兼、運転手兼、子守役、などもろもろです。

さすがに、議員さんとして党の顔になられましたので
秘書さんと運転手は交代しましたが、
今、思うとワタクシ如きの運転で、無事でホントよかったです。 

一度、夜遅くに到着して二人でホテルの居酒屋でお食事ご一緒したことがあります。
いや~駆けつけ三杯のビールジョッキ、見事な飲みっぷりでした。相当お強いですよ。


会場へは冬季五輪と重ならない限り、毎回駆けつけていただいていますね。

e0324053_22591359.jpg

今回は、大会前日の25回記念レセプションの挨拶で
ソチ五輪で雪合戦のPRブースを設置します!・・・なんて力強いコメントを頂きました。
選手団のトップの発言です。


実現するなら、行ってみたいですが・・・、バッチリ新山大会とかぶってる ^^;






また明日、です。






もりのぶら吉★日記 もよろしくです。


 
[PR]
# by yukimaga | 2013-07-24 23:12 | Comments(0)
e0324053_2217638.jpg

昨日、せたなから洞爺湖経由で片道5時間もかけて札幌大通りビアガーデンまで駆けつけて、
ビールも飲まないで 日帰りで雪合戦飲み会に参加した「せたなレスキュー」の吉田さんです ^^;
昨日の今日なんで紹介させていただきます。 あ!内緒だったらごめんなさい。

e0324053_22173330.jpg

チームは以前紹介させていただきましたが、昨年はパーク雪合戦にも参加。
前日雪マガ企画、覆面座談会P44にも参加してもらいました。
吉田さんの風貌から「西郷どん」は吉田さんではないかと一部では思われがちですが、
^^;すべてのキャラは複数人が重複してます。 

e0324053_2219050.jpg

何れにしても、吉田さん、このあと、沼田の雪夏祭と8月には島根へ行くと伺いました。
これは、雪バカの先人の皆さんが歩んだ、雪合戦行脚のパターンですねえ。 

e0324053_2219969.jpg

きっとこの先も、いろいろな場面でお会い出来そうです。



また明日、です。




もりのぶら吉★日記 もよろしくです。
[PR]
# by yukimaga | 2013-07-23 22:22 | Comments(0)
e0324053_2359483.jpg

道央ブロックの副会長、阪東さんです。
今年の新山では、助っ人で北海道稚内市選抜の監督を努めました。
昨年までは相互審判として活躍されていて、一級審判員を目指しています。


e0324053_011445.jpg

写真は2年前の相互審判交流会でのひとコマです。
え~、お酒が入ると手がつけられないくらい、楽しい方です。

e0324053_015572.jpg

今、仕事の関係大変忙しい中、道央ブロック副会長をお願いしています。
所属は今回準優勝のSATTの一員でしたが、副会長になる際に自らチームから離れて任に就きました。

最近はなかなか仕事の関係で、役員会への出席もままならないのですが
何らかの形で取り組んでいただいているわけです。


さて道央ブロックのひとつの基本方針として、
「出来る人が出来る範囲で」という認識があります。

みなさん様々な職業とチームを代表して、雪合戦に関わっていますので
本当は、平等に負担をしなければならないところですが、そこも 出来る人と出来ない人が出てきます。 

偏ると不満も出てきますが、そこを追求して 負担義務にしてしまうと
チーム代表主体の運営の中で 亀裂が出てくることにぶつかりました。

上の組織と違い、支部組織の事情であり、それでは甘いのだと思いますが
自主性は尊重し、雪合戦とつながってくれる事が 今は大切な気がします。

雪合戦界まだまだ、これからの課題です。
みなさんのエリアはどうでしょうか。


今日は、せたなレスキューの吉田さんと、AS・SC のメンバーが
わざわざ札幌の大通りビアガーデンまでおこしいただき、先程まで雪合戦ネタで飲んでました。
ちょっと勢いでのブログでご容赦ください。

吉田さんは5時間?ちょっとかけての運転手で、ビール飲んでません^^; 
まだ、洞爺湖くらいでしょうか。無事についたかな。

来月また、島根へ行くそうですよ。





また明日、です。
 



ビアガーデンの様子は・・・
もりのぶら吉★日記 もよろしくです。
[PR]
# by yukimaga | 2013-07-22 23:59 | Comments(0)
e0324053_1784042.jpg

雪マガ6号P68で紹介させていただいた、壮瞥の第二世代グループといって良いでしょう、
前実行委員長、堀口さんの息子さん、堀口正章さんです。

最初にお会いしたのは審判としてコート上で審判ご一緒しました。
あの堀口さんの息子さんと一緒に審判。長く関わっているとこういった事は
普通のことかもしれませんが、なんとなく感慨深いものです。
e0324053_17121966.jpg

今は施設委員会の副会長として、コート設営やレセプションの会場づくりなど
裏方としてだけではなく審判もばりばり、がんばっていただいています。
e0324053_17115883.jpg

(昨年道央ビーチ大会)
唯一、とても残念な事とも思うのですが
他の施設のみなさんや、コート審判のみんさん達は、決勝コートが盛り上がっている最中、
競技・施設委員会のみなさんは撤収作業に入り、試合を見ることができないんですよ。
多くの縁の下のスタッフさんがそうです。 

雪合戦に深く関わりながら、自らは雪合戦をした事が無い方も多いと伺いましたが
そんな中で、商工会青年部のみなさんが発案した町民雪合戦大会があります。(昨年3回大会を実施)
実行委員会の皆さんはじめ、雪合戦発祥の地で行われる、雪合戦を楽しむ原点回帰だと思います。
なんか、余計な事は考える必要はない感じです。
e0324053_17104157.jpg

さて正章さんは、会場で雪合戦カメラマンを見つけると積極的にレンズの前に立ちふさがるようです^^;
密かに、雪マガの表紙も狙っているとか、いないとか。



また明日、です。






もりのぶら吉★日記 もよろしくです。
[PR]
# by yukimaga | 2013-07-21 20:30 | Comments(0)
e0324053_1055581.jpg

え~、この写真は2006年18回大会のレセプションでの 古い写真です。
写っているのはTEAM KSKの能登辰徳さんです。

道央ブロックが初めて、チームからの役員さんによって運営した時から
お手伝いいただいているメンバーの一人です。

e0324053_10553100.jpg

監督だったりもしますが、道央大会では審判運営もお願い出来る 頼りのメンバーです。


e0324053_10555577.jpg

そんな訳で昭和新山でも 試合後の相互審判は、いきなり主審です ^^; 
試合は、デンジャラースガール VS 室蘭工大飛鳥 戦。結構熱~い一戦でしたね。


ちょっと前、「能登さんいくつになったの?」と聞いたところ
「32歳」とか 確か聞いたような気がします。

「!」 こちらは出合った時に、その落ち着き具合から
てっきり30くらいかな~と思い込んでましたので

かれこれ8年たって30くらいだったので ちょっとびっくりしました。 
昔のイメージのまま変わりません。


大人の風格が、若い時から備わっていたんですね。

道央ブロックでは、いま、監査役をお願いしています ^^; 

チームも 役員も 審判も まだまだうらやましいくらい、キャリアを積めますね。

これからも よろしくです!






また明日、です。







もりのぶら吉★日記 もよろしくです。今日は遠征先から。
[PR]
# by yukimaga | 2013-07-20 11:00 | Comments(0)
e0324053_1772689.jpg


昭和新山国際雪合戦の副実行委員長、阿野光弘さんです。
開会式の開会宣言と、閉会式の閉会宣言をされています。

個人的には雪合戦期間中の宿としてお世話になる いこい荘のご主人でもあります。
編集部は毎回、4泊5日で専用部屋をご提供いただきます^^;
残りの部屋は前にお話した、岩手の皆さんで貸切です。

最近、娘さんご夫婦が、後を継ぐ事になってお会いしたのですが
そのご主人が苗字がワタクシと同じヤマダで、下の名前がミツヒロさんと一緒で
3人揃うと、ややこやしぃ~事になります。


e0324053_1785812.jpg

個人的には、初めて審判講習を受けた時の講師でもあります。
いつだろう?会社が倒産して離れた年の冬なので平成9年か10年。

その頃は、まだまだイベント性が強かったのか、
判定へのクレームはあることはありましたが審判が絶対的だった記憶があります。

競技性が一気に高まった最近と比べると、シンプルな事が多かったかな。
まあ、でもやっぱり相互審判は、最初嫌でしたね。ですよね~。
負けた試合の後のモチベーションったら、あるわけないですよね。


その頃は、道央予選大会も始まったばかりで、
壮瞥から20人もの審判員さんが、
当時の北広島プリンスホテルに駆けつけていただいた時代です。


そんな中で雪合戦の関係もあり、絶えず壮瞥審判のみなさんから
厳しい個人指導が入りましたので、

審判への道は否応なくがきっかけです。^^;きっかけって大事ですよね。

e0324053_17105875.jpg

写真は2008年、あの20回大会、翌月曜の朝、宿の前で撮ったものです。
皮肉にも良い天気でした。
前日「お疲れさまの宴」が確か午後 3時くらいから始まり、
涙あり笑いあり、夜中の 12時過ぎまで延々と続いた記憶が残っています。



また明日、です。




もりのぶら吉★日記 もよろしくです。今日はオールスターかな。
[PR]
# by yukimaga | 2013-07-19 17:23 | Comments(0)
e0324053_22483298.jpg

四国連盟から3年連続、公募審判員として昭和新山に参加されている高橋敬四郎さんです。

3大会連続、同じコートでご一緒させて頂きましたが、最初は見ず知らずの中に
1人で飛び込んでいらっしゃいました。人見知りの多い道産子にはなかなか出来ない事です。
勇気を出して、「私が主審をやります」 と手が挙がるもんなら、どうぞどうぞ、です^^;

雪マガ5号のコラムでは 「四国の伝道師」の名にかけて と書いて頂きました。
敬四郎さんは四国初の、A級一級審判員を目指しています。 四国の敬四郎って四の字が重なって
粋じゃないですかね。 

e0324053_2249161.jpg

さて昭和新山26回大会の実施ルールがホームページに掲載されていますが、
厳密には、国際雪合戦連合のルールであり、昭和新山大会がそのルールで実施されるという事です。

センターシェルター180cmの継続は決まりましたが、
見極めの精度を上げていくためには、まだまだ改善して行かなければならない事だらけです。
国外連盟からの意見も参考になりますね。

e0324053_22492962.jpg

敬四郎さん!もう一発、大きな声が必要ですよ。
来年も、もちろんお待ちしています。




また明日、です。






もりのぶら吉★日記 もよろしくです。
[PR]
# by yukimaga | 2013-07-18 22:53 | Comments(0)
e0324053_23255995.jpg

雪マガ6号、コラムにも執筆いただいた太田光浩先生。
室蘭工大雪合戦部の礎を築いた、その方です。

e0324053_23262841.jpg

コラムにも書かれていますが、生徒=選手が4年という期間の中で頂点を目指すことは
毎年選手の固定もできず、難しい事です。
そんな中で、毎年戦力レベルをつなげて来たことは、積み重ねの賜物なんでしょうね。


コラムの中で 使われている「刹那」という言葉がいいですね。

雪合戦トップクラスのチームのスピードに追いつくために4年間を「刹那」で刻めるかと。
頂点への挑戦は続きますが、
そうして輩出した選手たちが、全国に室工大雪合戦を広めていると思います。

e0324053_23264874.jpg

昨年、室蘭工大飛鳥で優勝後、徳島大学へ赴任されました。
お元気でしょうか。

徳島から いつか教え子さんたちが 雪合戦でつながる事が楽しみです。



また明日、です。




もりのぶら吉★日記 もよろしくです。
[PR]
# by yukimaga | 2013-07-17 23:08 | Comments(3)
e0324053_225847.jpg

雪マガ3号のスペシャルインタビューで登場頂いた山田いずみさんです。
雪マガ掲載後、昭和新山でも雪合戦に挑戦して頂きました。
今は男の子一児のお母さんです。

女子ジャンプのパイオニアとして活躍、オリンピック種目になる前に現役引退となりましたが
この度、全日本女子スキージャンプ女性初のコーチに就任。
女子ジャンプ期待の高梨沙羅選手の指導者にあたります。

高梨沙羅選手は小学校2年生の時に、山田いずみさんをTVでみてジャンプを始めたそうです。
今、オリンピックという舞台に立つその時に、その山田いずみさんがコーチとして
そばにいる事は大きな支えになるのではないでしょうか。
e0324053_226821.jpg


実は、雪合戦界でものアノ選手や、アノ選手も、小学生や中学選手たちのあこがれになっています。
^^; 実名は伏せておきます。

「パイオニア」は選手としてのキャリアや戦績だけではなく、不毛の地で雪合戦に取り組んでいる
すべての皆さんだと思います。

次世代につなげること、そして雪合戦やっている皆さんが
何らかのカタチで、こらからも雪合戦とつながっていってくれる事が、なによりです。

e0324053_2275740.jpg

雪マガ3号で、掲載していない、山田いずみさんのワンカットです。
大倉山ラージヒルのスタート地点ですが・・・^^; けっこうな場所でしたよ。
お勧め観光スポットです。




また明日、です。






もりのぶら吉★日記 もよろしくです。
[PR]
# by yukimaga | 2013-07-16 22:14 | Comments(0)