ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

あけまして おめでとう ございます。

e0324053_22423941.png
新年、早々
岩手県雪合戦連盟の 日本連盟からの脱退と 
国際雪合戦連合への加盟が発表になりました。

いま、組織をひとつにと 選手会も動き出した矢先です。

北海道、そして鳥取、山梨に続いて
岩手県連盟が日本連盟を離れる決断をしたことには、
それなりの理由があってのことだと思います。

意見の相違や、決別というこはあるのかも知れませんが
岩手県連盟の結論には
組織がひとつになる為のきっかけを自ら選択された
という思いがあるようです。

雪合戦が 世界へ普及するためには
組織がひとつになることが、
何より優先するべきことかと思います。

普通は 世界をまとめる組織があって、
そこに諸外国と肩を並べて
日本連盟があり、日本連盟に、
各地域の県連盟が所属することが、
誰にもわかる形だと思います。

つまり、北海道も岩手も、鳥取、山梨も
本来、ひとつ日連の組織を構成し、
日連が国際連合に加盟するのが、
誰にでもわかる形じゃないでしょうか。

それが何故、今、出来ていないかは
単に目的の違いとは片付けられ無いようです。

ここまでの経緯を引きずって、
それが出来ないのであれば、
それは、リセットするのか
変革するのかのどちらか、かと客観的に思います。

今、雪合戦界の「組織」と言われる
トップの人たちが、同じ見解をもって望めば
自然な組織の形は すぐに出来上がると思います。

出来ないとしたら、きっと弊害があるのか
意見が言えない、という事ではないでしょうか。

雪合戦を支えているのは、これまで雪合戦に
関わってきた、運営も選手も、すべての
雪合戦人のはずです。

今回のことが、良い方向へいく
きっかけ、になることを願います。

当り前の形に、早くなることを
願ってます。



また明日、です。







[PR]
by yukimaga | 2018-01-01 22:04 | これで委員会! | Comments(0)