ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

キャプテンの涙


昨年、11月末札幌の某所。
日本代表チームの構想の具体的な
メンバー調整の打ち合わせが行われた。

30周年記念事業としての目玉企画ではあるが
やるなら本気で、中途半端な事は出来ない。
相棒の戦略に付き合う度合いが、
本気にならざる得ない状況になってきた。
それも仕事抜きでだ。

誰が、メンバーを決めるのか、
簡単そうで、意外と難しいのは、その根拠を問われた時だ。

前年優勝チームが、カーリングのように
そのまま代表チームになるという案もあったが

初めての代表チームは広く、
全国の雪合戦人から選出する事に決まった。
優勝チームの代表として呼ばれた
神出のTAMU選手と 
雪合戦マガジン編集部という根拠の無い
雪合戦人チャンネルネットワークからの推薦で話は進んだ。

e0324053_00220665.jpg

日本代表監督兼、選手という肩書きながら
優勝チームとしての30回記念大会への調整は
負担にならないとは、けして言えないはずだ。

サポートメンバーとして
DACSのATASUが指名される。

この事については、打算的な裏もあった。
ヘルメットまでオリジナルのウェアをとことん揃えるとなると
ヘルメットは最も重要なアイテムだが
予算という壁を克服する必要がある。
そんな理由で、一般の雪合戦人に制作を依頼するのは
大きな抵抗があったのだが

「TAMUの依頼ならば、断られない」と

かくして、大人の都合により
雪マガ編集部もトータルデザインという面で、
ヘルメットの制作と、ともに正月返上で 動き出した。


つづく。  


ってな感じで また明日、です。













[PR]
by yukimaga | 2018-03-01 23:52 | 雪マガだより。 | Comments(0)