ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

バツイチはイエロー、バツニはレッド



e0324053_19034466.png

雪合戦ルールにある反則罰則部分です。
’(別冊:雪合戦のススメ)

個人(選手・監督)には イエローってないんです。

個人にはいきなりレッド。

チームにはイエローで 2回でレッド。
試合放棄と 不正出場は一発 レッドとなってます。


今日は引き続き、昭和新山の競技記録用紙の
結果を集計しています。

その中に?な結果が 2枚ほどありました。
一つは 
チームにイエローで 理由欄に競技妨害とありました。
競技妨害であれば、選手か監督にレッドが出ているはずですが・・・

もう一つは
注意:暴言 とありました。

いま何かと話題の、「ぱわせくはら系」のことだと思います。
個人であれば、一発レッド、 
チームにイエローが出ててもおかしくない?

暴言が誰が誰に対してなのかですが
チームであれば、それは相手がどう感じたかが
全てだと思うんです。

対象の選手チームに聞いて確認することが
必要かなって思い、審判会議でも質問してみました。
まあ、ケースばいケースということで。

試合をオンタイムでみていないので 詮索してしまします。
疑問を感じる方は、なかなかの通だと思います。

個人にイエローがないので、審判が考慮された点が想像できるかです。

抗議もレッドなんですけどね。
(なんか、いっぱい耳にしたような)

現状、判定に確固たる自信がないと
弱い立場となりかねません。

日本人の傾向としての穏便に、なのか
雪合戦だから穏便なのか 
はたまた・・・

罰則ルールは適用が難しいのが
雪合戦審判の弱点なのかなぁと自省です。

続きます。



また明日、です。




[PR]
by yukimaga | 2018-04-25 19:06 | 雪マガだより。 | Comments(0)