ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

雪合戦の風を読む~5


e0324053_19023710.jpg

仮に雪合戦を競技で分類するとしたら
なかなか他にはないジャンルと言えると思います。

対面コートでの球技というよりは、
格闘技、シューティングゲームといったところでしょうか。

早く、遠く、美しくの個人競技は肉体の限界への挑戦、
その一瞬の勝負。
その他の「試合」と言われる競技もそれぞれですが
いろいろ特性を考えて、試合の時間は、
それぞれ上手く出来ているのだと思います。

テニスみたいには、1対1の試合時間が
3時間超えなんてこともありますが、

雪合戦の1セット3分は、緊張を維持する時間として
これも必然的にハマっている感じがあります。

ただ、テニスのように、(テニスは長すぎとも言われてますが。)
時間無制限の3セットマッチや5セットマッチという考え方は
1セット3分の雪合戦でも可能な点があるようにも思えます。

決勝だけは、3セット先取の5セットマッチ、とか。

ただ問題は自然の中の雪球という、特異性があり
雪質の持続時間や、大会の運営という物理的な枠から
抜け出さなければ、できません。


決勝は3セットじゃ物足りない・・・
やる気になれば、出来るけど
まあ、先の夢物語ですが、留めて置いてください。



また明日、です。











[PR]
by yukimaga | 2018-08-23 19:04 | これで委員会! | Comments(0)