ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

なんでも、雪合戦に置き換えてみる~17



e0324053_19405017.jpg


よつんばいになって、もタスキをつないだ選手。

スポーツやってきた人には
特にジーンと来たはずですよね。
日本っぽさ


タスキをつなげなければ失格
チームはファミリーともいえる感情の中で
タスキをつないでいく、競技の確固たるルール。


チームでの一体感は雪合戦にも
あると思います。

今の雪合戦ルールでは、
監督が不在でも、監督兼任で
7人いれば、試合成立です。

こんな試合がありました。
前の試合で足を痛めてほとんど歩けないけど
7人しかいないので、無理を押して出場する。
ちょっと痛々しい場面

でなければ、チームは不戦敗
相手チームにも迷惑がかかる。

もちろんリザーブの選手がいればですが、
参加自体、ギリギリのチームの方が
多いのではないでしょうか。

例えば本州からの遠征チーム、
土壇場で、インフルエンザとか
1人だけ飛行機が飛ばなかったとか、
やむにやまれない理由もあるわけです。


現実的に、大会前に、地元北海道をはじめ
県を超えての、助っ人探しの情報が
飛び交います。

雪マガ編集部も、斡旋してます。

まあ、サッカーみたいに選手が欠けていても
成立、というルールがあればなんですが、

そういった状況を、把握できてから
ということになりますかね。


イベントか スポーツかの狭間で
確固たる確信が持てないのが

判断を迷わせることにもなってると思います。


そういった議論ができるように
やっぱり、一致団結が必要なんですけどね。




また明日、です。














[PR]
by yukimaga | 2018-10-23 19:41 | 雪マガだより。 | Comments(0)