人気ブログランキング |
ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

妄想の季節を ユキガッセン



e0324053_19400557.jpg

今日でプロ野球交流戦も終わり、
セカ・パカもやっぱりパで
早くも折り返したわけですが、

まあ、雪マガ編集部的にはオフシーズンみたいなものです。 


最近の試合傾向というか 判定に関していうと
やはりプロ野球の「リクエスト」というシステムが
やたら多くなったと思うのは気のせいでしょうか?
それも差し違いのシーンです。

見ていても明らかに違うというのは
なんか 審判さん、ビデオ判定に頼りすぎる
傾向になってない?でしょうか。

間違えても審判、悪びれてない??

審判はやっぱり、権威をもって
試合をコントロールしないと 
やたら中断が多くなったり、判定が変わるのは
どんな、競技もでも 水を差す結果に
なるはずです。 

と言いながら、雪合戦の場合は
ご周知のとおり、?マークのオンパレード、
なんて場合も多く、目についてしまうわけです。

雪合戦審判は、わかりやすく 大きな声で
それも誰よりも大きな声で 
試合をコントロールすることが必要かと考えます。

たとえ、ギリギリで 当たった?当たってない?でも
一番近くにいる審判のアピール次第で
納得できる点があるはずです。

黙って動かなければ、見えてんの?って誤解も出ます。

当たっていたら、アウトコールと
その部位を自分の体でオーバーに示す、
当たってなければ、 セーフポーズをオーバーにアピールする、

それも自信をもって、誰よりも大きな声で 
やれば、少なくとも疑念を回避できるはずです。

制圧は→ 声圧 なわけです。

例え、それが後でビデオや写真で
誤審と判ったとしてもです。 
今は それが雪合戦だからです。 

もっと正確差を求めると 
また、違った側面から考えていかなかれば、ならない・・・・


などと、そんな妄想の季節の始まりでもあります。




また明日、です。












by yukimaga | 2019-06-24 19:42 | 雪マガだより。 | Comments(0)