ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

2018年 03月 11日 ( 1 )


e0324053_12212332.jpg
毎年、3月11日は昭和新山の大会を終えて
すぐの事だったので、雪合戦とどうしても重なってしまう。

あの時、雪合戦人に出来ることは限られていたけど、
何かを継続させることは生きていく上で
大きな意味を持つことじゃないかと思います。

やっぱり、全国の雪合戦人とつながって来れた事は
至福のことだと。

昨年、釜石を取材させていただいた縁も雪合戦だし、
釜石の佐久間さんが、故郷に戻ったとき
たまたま雪合戦の縁が仲間をつなげて行った事は
いま三陸の雪合戦の熱い想いを象徴していると思います。

雪マガ11号にも書いたけど
見て、感じては、実際に自分の目でみなければ
分からないことがほとんどであり、
被災地の現状も然りです。

女将の岩﨑さんの言葉は、被災された人じゃなければ
わからないことも確かにあったけど、

振り返るより、今を必死なわけで。

だけど今を生きるのに必死なのはすべての人に言える事で、
家族や仕事や人言関係といった様々な状況のなかで
やりたいことが出来ることが、
まず一番の幸せだと言ってくれた
岩崎さんの言葉に感謝してます。


「出来ることを、やる。」は
今の雪合戦で必要なキーワードだと思ってます。
北の彼方から、九州まで
頑張ってる雪合戦人がいると言う事

だけど無理や負担がかかりますから、
それが出来る人も・・・、限られている訳です。
それでも「雪合戦で出来ること。」

今年一つ気がついたのは
継続は力という点と、

何年かやって良くならないなら、
やはり違うことをやってみないと、
ダメじゃないかと言う事。

来年に向けての準備も進めようか想いは巡るも
当面は、4万枚の写真の壁を乗り越えてから。
今日から、かかります。


雪合戦で出来ることは限られていますが
もし、なにかリクエストがあればお願いします。


※あれが、欲しい!とかじゃ無いですよ。



また明日、です。









[PR]
by yukimaga | 2018-03-11 12:36 | 雪マガだより。 | Comments(0)