ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

2018年 03月 18日 ( 1 )


e0324053_00160371.jpg


雪はまだ、あるんですが雪解けは進んでます。
今日の札幌は良い天気で気温も10度近く。

雪合戦投げ納めには、もってこいの日でしたが
恒例のお楽しみは残念ながら中止となりました。

先週の暖気に雪解けが進んだのと
やはり舗装された駐車場では、雪解けの水が
下に溜まるという事の読みが甘かったです。

やるのなら芝生の滝野だったのでしょうけど、
用具を全部搬入搬出することを考えると

今年から用具が置いてある練習コートを
選んでしまったのが、この結果だと思います。

失敗は繰り返さないこと、失敗経験を活かすことは
やっぱり、雪合戦に限らず必要な事です。

雪合戦なら試合の戦術もそうだし、
問題の審判にも言えることですが、
一番失敗の引き出しが多いのは運営に関する
ことのような気がします。

当り前のようで、会場作り、大会運営、
審判配置、チーム連絡とチームの管理、進行と
これはすべてのステージでの経験が必要となります。
毎年、これをやってみよう!という繰り返しで
見ていても、毎年、出てきます。

今年のサッポロオープンでは、
屋内にある運営本部を出て
会場のある位置に立ってみました。

それは6つのコートと、雪球製造テントと
会場の全てを見渡せる場所に脚立を立てて上に上がり、
そこから各コートの試合進行を確認して、
本部と進行を無線確認する方法でした。 

試合と相互審判のローテーションが複雑な大会の
タイムテーブルの進行管理です。

この時、一番遠くにあるコートも
どのチームの試合か判ったのは
チームユニフォームのおかげです。

雪合戦マガジンで一番最初に訴えてきた、
ユニフォームのカラー化も10年以上。

いま間もなく完成予定の写真集をみると
その推移がちょっとわかります。
発刊当時はゼッケンも白でしたからなおさらのことです。 

雪合戦マガジン 2007-2017 PhotoBook 
完成までもうちょっとです。


で、その次は、PA2018に続きます。





また明日、です。













[PR]
by yukimaga | 2018-03-18 23:35 | 雪マガだより。 | Comments(0)