ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

2018年 04月 14日 ( 1 )


2007-2017 Photo Book では
雪マガ連載企画の雪バカ漫画・全作品を掲載しています。

いくつかのコマをピックアップすると
十年前2号の一番最初の作品
e0324053_16343166.png
雪マガ5号では 
e0324053_16343998.png
作品の違いがわかるでしょうか。

どちらも、パソコンに取りこんで仕上げますが
前者は、原画が手書きになっていると思います。

後者はパソコンによるペイント。



スタジオ ジブリの高畑勲監督が亡くなって
昨夜、「火垂るの墓」が放送されていました。

スタジオジブリ作品で宮崎駿監督がこだわるのは
手書きによる制作手法だといいます。

今のアニメの制作の過程ではCGソフトや
写真からの加工も含め、作業的には
手書きにこだわることは、
制作スタッフも制作日数もそして予算も
大幅にかかってくることです。
それでも、こだわる理由は
人の手による、血のかよった温もりなんだと思います。

ギャラない雪マガなので
ほんとう時間のない中、無理を承知で
お願いしている連載です。
作品発表の場として提供させてもらうしか
出来ないのですが
数少ない雪合戦人の中からこうした
個々のスキルを集めてできてきたのが
雪合戦マガジンの原点でもあります。

10号の一コマ
e0324053_16344343.png
2年前この年の作品は、全編色鉛筆の手書き作品になっています。

これはイソ君が喘息で入院している時に
手書きで制作してくれたからです。
ちょうど締切の年末と入院が重なってしまい
全編手書きで書いてくれた作品です。

こうして比べてみると、
手書きによる仕上げが、その作者のオリジナリティが
一番良く出るのだと思います。
e0324053_16344670.png


こだわる事は、手間もかかることです。
雪合戦も 然りですよね。




また明日、です。










[PR]
by yukimaga | 2018-04-14 22:45 | 雪マガだより。 | Comments(0)