ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

2018年 04月 20日 ( 1 )


e0324053_18220543.jpg

結果、それが試合の結果に大きく影響することもあり
何かと言えば、ジャッジ公平と言えるかどうか。

審判の判定すら、分かれるかも知れない要素や
はたまた、かく乱なのか 作戦なのか 当たり前なのか。

いわゆるガチンコに対しては、
ここんところ、十年くらい
いろいろな意見や案が出てくる話題です。

・ガチンコ禁止
・ゾーニングによる時間制限や人数制限
・持ち球制限 2球 →1球
・ケンカ両成敗判定案
・イエローほか罰則案
・先攻、後攻でのセンター所有権案 
・センターシェル、二分の一案
・このままで良い(審判の味方の向上)

などなど、ガチンコどうするかというか
正直、何か良いのかこれだ!っていう決め手がありません。
雪マガ4号を持ってたら27-28Pと読み直して見てください。

やはりセンター取りの攻防は、
面白くもありますが、
しいて良いかなぁ と思ったのは
最近人気のカーリングのように
先攻、後攻の開始時の選択権です。

『最初10~30秒なり、センターへ優先的にへ入れる権利を持ちます。
当然、迎え撃つ側は入る選手を狙えます。
優先権なので、あえてセンターへ入らない選択もできます。
そこは駆け引きであり、作戦の読み合いも出てきます。』

これには、制限時間が過ぎたら同じことが起きる、
という意見もありました。

いずれにしても、すべての机上の議論ではなく
実戦での検証が必要なことなんですが、

ここから先に 進めないのは、
「やはり組織が分裂しているから、思い切った改変ができない、」

という、いつもの結論に留まるワケです。



もう組織のガチンコからかな。
 
いろいろ検証したい! 
というのが本音のこころです。

それはそうと別に、なにか良い案ありませんかね?


また明日、です。











[PR]
by yukimaga | 2018-04-20 18:28 | 雪マガだより。 | Comments(0)