ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

2018年 04月 21日 ( 1 )


e0324053_18493703.jpg
パロディー文庫本 残り23セット。
毎日1セット、申し込みメールいただいてます。


話は変わって、今年の昭和新山の結果を受けて
立ち話で聞いた選手のことば。

「う~ん、やっぱり肩の強いチームが
圧倒して勝っちゃう雪合戦になってきたかな・・・・」

最近の雪合戦がセンターを抑えたチームが、
1シェル(B)を先に落とすと
次の選手が1シェルに入れないといった展開が
多くなってきました。特に上位チームの対戦です。

いわゆる両サイドの立ちからの押上げです、。

センターと取ることの優位性が
カタにハマると、勝負が見えてしまう点。
それがちょっと、雪合戦としては、寂しいような、
面白くないような、微妙な気持ちになります。

野球の未経験者でも、ロブという武器を磨き
シェルターに隠れながら相手を倒していく
技の攻めというか、それがレディースにも
小学生にも 共通する雪合戦の醍醐味と見てきました。

現に体育会系じゃなかった
レディ-ス選手がロブで相手を倒します。

小さな小学生が上級生をロブで落とします。
今もそれが雪合戦のみどころとも言えます。

ただ、それをバネにして
さらに新しい雪合戦を作り上げ
肩の強いチームに打ち勝っていく雪合戦のカタチに
とても期待しています。

それとは別に、判定に
誤審が少なくなるように、
スキルだけじゃなく、方法論も
考える必要があるんでしょうね。





また、明日です。







[PR]
by yukimaga | 2018-04-21 20:16 | 雪マガだより。 | Comments(0)