人気ブログランキング |
ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ



e0324053_19152456.jpg





プロ野球ドラフトも終わり
厳しいプロ野球の世界へ 今年も100名を超える
野球人たちが、挑戦するのは
みんな可能性を秘めているわけです。 

ダメでもともと、
チャンスに賭けるのが人生のような気がします。

毎日がユキガッセン。
これも ダメもと のような気がしますけどね。


2020雪合戦のポスターは、
もうデザインが出来上がっているんですが、
大人の事情でまだ公開出来ない状況が続いております。

むむむ (~_~ ) ジレンマ~



年に一度の楽しみ 
雪マガと同じくらい HPを費やしてます。


また明日、です。










# by yukimaga | 2019-10-18 19:28 | 雪マガだより。 | Comments(0)


e0324053_21415021.jpeg

東京オリンピックマラソン、競歩が
札幌開催になるかもしれない、 
というニュースが飛び込んできました。


一札幌市民としては
必ずしも歓喜!とはなっていませんので。


涼しさだけなら札幌より釧路や稚内の方が
涼しいんですが警備や交通や観客キャパや
いろいろ簡単ではないようです。


賛否両論あるかもしれませんが
大義でどうしてもやらなけりゃならない場合は、


どうしたら出来るかを考えなければ
いけないことだと思います。


先日のラグビーワールドカップで 
台風で中止となってしまった試合は残念ですが、

あらかじめ、リスクがわかっていて
代替えが用意できることであれば 


それこそ、パブリックビューイングをやってる
札幌ドームなんか、台風にも対応できたのかな
などと勝手に思います。 

外でやる競技は難しいです。


賛否両論は 必ずあるもんですが

雪合戦も、その気になれば です。




また明日、です。












# by yukimaga | 2019-10-17 21:49 | 雪マガだより。 | Comments(0)


e0324053_19340345.jpg
滝野パークより。

レディースチームは、ぎりぎり3チームの参加でしたが
実は単独チームは2チームで、
1チームは、なんとかやりたいメンバーを集めて
参加しました。

この冬、昭和新山で対戦した、
日高支部のNAT38と 道央LJ北海道の2チームで一緒に参加しました。
初めて交流できる場となったワケです。


今回はご存知のとおり、台風19号の影響で
天気が心配だったのですが、

あれから、毎日あきらかになる被害状況をみていると
なにもかも、恐縮しています。

大会前日から 職務の関係で
参加出来なくなったメンバーもいました。
今、被災地へ派遣されているメンバーもいます。

そんな影響で 一般道央3チームはどこも
人数が足りませんでしたが、
助人メンバーを貸し借りしあうこと
他チームに承認してもらい、参加となりました。

何ごとも そのときに できることから。 

優勝にこだわる大会とするか
雪合戦を楽しむ場にするか 

今後、ちょっと葛藤するところと なりました。
両方必要なんだと思います。



また明日、です。












# by yukimaga | 2019-10-16 21:10 | 雪マガだより。 | Comments(0)


やっと 埼玉のこころみについて。

その1:ラインアウトについて
 

 現行のルールでは、ラインオーバーの定義は
 足がラインを完全に踏み越えた場合、アウト。

 また、体の一部、手をついたり、尻もちついたり
 ともあります。

 足については、少しでも残っていればアウトではありません。


●埼玉でのこころみ。 →ラインに体の一部が触れたらアウト

 
なぜ?↓
 足が残っていても、はみ出し具合でアウトコールが出てしまう場面を良く見かける。「アウト」の状況を説明するのに説明が 大変である点

 
だから↓  
体のどこであろうが、触れる、ラインより外側に出たらなら 
アウトとしたほうが明確であるのでは? という仮定 


その2:バックラインをなくす。 
    FW・BK の区別をなくす。
    バックラインを取り払いFWも自由に動けるようにする。

なぜ?↓
・常連チームは役割も明確であり、捕球の重要性をわかっており
 動ける範囲の制約の意味が薄れているのでは?

だから↓
・ラインが無いことで審判が余計な、ポイントを見る必要もなく
 負担が減る → 本来の当たった、当たらないの判定に少しでも専念できる。
 これは、5人制ルールで実施していることです。


ラインに触れたら(外側に少しでも出たら)アウト、となると
下記のような説明が必要なくなるということです。

e0324053_20341806.png

と、そんなことをやってみましたが
この二つに関しては こうなれば、こうなったで問題があるとすれば
その問題と現行の決め事を比べてみれば、良いかと思います。
続きます。

ひとつだけ、 ルールをこうする、こうしたい、
といいう事では、決してありません。

このテーマでけでも 意見がまっぷたつに分かれています。
ルールを変えるとは
そういった事を、突き詰めてみることを
繰り返す必要があるんじゃないでしょうか。

そのための こころみです。



今、実際に参加した皆さんにアンケートを実施してます。
選手会のメンバーへも ファイルにてご案内中です。
10月いっぱいを目途とします。





また明日、です。




 
 


# by yukimaga | 2019-10-15 21:10 | 雪マガだより。 | Comments(0)


e0324053_17174082.jpg

昨日のラグビー日本代表は素晴らしかったですね。

パーク雪合戦撤収から用具返却、
からのレンタカー返却~音響機材降ろしまで
駆け回って、自宅に戻った時は、
ちょうど先制のトライをスコットランドに取られた直後でした。

結果はご存知のとおりですが、

見ていて思うのは ラグビーのルールって難しいそうですが
にわかラグビーファンのために ルールの解説入りというのは
わかりやすくて とても良かったですね。

でも、なぜトライは5点なの?
なぜ15人もいるの? 
と、小学生から質問がきそうな点が多々あります。

調べてませんが、そこには競技としての歴史があるんだと思います。
試行錯誤の中での積み重ね、経験が
今の ラグビーのルールになっているんでしょうね。
これは他のメジャー競技も同じかと。

e0324053_17174596.jpg
あらためて、パーク雪合戦のココロミ。

検証というと 抵抗があるようです。
試みも 検証も 
要は「やってみる、」 ということだとおもいます。

やってみないと わからないじゃないですか。

そんな訳で、 5人制、バックライン無し、
32mコート、FW・BKエリア制限無し・・・
そんなとこですが、

詳細は 下記をご覧下さい。
●雪マガ9号38P 「5人制があってもいいじゃないか」
●雪マガ12号37P 「これが5人制だ!」


これは、そもそも選手から出たアイデアです。
長所短所ありかと思いますが それでも現行の本ルールに
適応できるポイントも充分含んでいると思います。

切り替えてから5年、5人制の単独大会としては
もちろん先駆けであり、唯一かと思います。

課題もあります。もともと冬以外での大会開催により
普及を広めて行ければとの発想がありました。

しかし現時点では、ほんとに雪合戦好きな選手の集まる大会に
なってきた感もあります。

悪いことではないのですが、
夏のビーチ、9月の沼田、この大会と 参加チームというより、
メンバーの同じ顔ぶれが 並んでいるという点です。

それならそれで、いいのですが、ならば
もっと同じ顔ぶれを増やしていかなければならないと
いうことでしょうね


9年やってみて わかることです。

ルールの話に戻りますが、
ラグビーや、スポーツ競技の全ては
そういった試行錯誤の積み重ねで 今があるんだと思います。

雪合戦は その試行錯誤の機会が、あまり感じられません。
本来、それは組織がやるべきことですから。

やっぱり、そこにたどり着くという
台風被害甚大の連休の終わりに想うことです。



埼玉プレイヤーミーティングのアンケートご意見は
10月末を目処とさせていただきます。





また明日、です。








# by yukimaga | 2019-10-14 17:23 | 雪マガだより。 | Comments(0)

e0324053_22595940.jpg



今年の滝野パーク雪合戦は強風の中でしたが無事終了しました。

各地で大きな被害が広がるなか
こんな雪合戦の大会の ひとつや二つ、吹き飛んでも
ささいなことなんですが、台風の動向を気にしながら

天気予報をチェックし続けた結果というか
結局自然の前には 翻弄されるだけなのかもです。


台風の接近で、対応で参加できなくなった選手も多く
5人制でも人数が欠けるチームが続出しましたが
結果より、楽しむことって大切です。


台風被害で大変な被害がでている中で恐縮ですが
今日は開催出来てよかったと思います。

遠くからの参加から
後片付けの ご協力まで ありがとうございました。



また明日、です。





























# by yukimaga | 2019-10-13 23:24 | 雪マガだより。 | Comments(0)
e0324053_19254855.png
今年も滝野パーク雪合戦の前日は
雪合戦塾として、道央ブロックの主力主任クラスの
審判の皆さんが集まって 現在の審判体制にある
見落としやすいケースや 場面を確認し
対応について話し合いました。


皆さん、自主的に参加、
雪合戦の審判体制、判定を少しでも改善しなければという 
こころざし、があってのことです。


雪合戦審判は難しいスキルを求められるなかですが
少しでも改善するために 機会をつくり
対話も重ねていかなければならないと思います。

それも1人だけ、オレは見えてると
言っても、意味がないんです。

日々、向き合ってとはなかなか、言えないことですが
シーズン前に、こうした機会に集まる皆さんには
少なくともその志が あるということです。



判定に納得がいかないのなら
前向きに審判も その難しさも体験して
声をあげれば いんじゃないでしょうか。

雪合戦は 選手=審判でやっている
雪合戦人がほとんどだからです。

見落としや 判定を責めるのはたやすく
審判は少しでも 見落としがなくなるように。

ルールは 雪合戦の発展のために、
おかしな点を改善する意味があると思います。

絶対的な審判を育てるのか?
ルールを変えるのか?

どちらを選択するのか
どちらもなのか?


そもそも、危機感があるのか
その為に 動いているのか。

そんなこと話しあった
道央雪合戦塾です。


明日はパーク雪合戦。
終日、晴れマークですが 風やや強し。
e0324053_19283334.jpeg


また明日、です。








# by yukimaga | 2019-10-12 21:31 | 雪マガだより。 | Comments(0)


e0324053_22151111.jpeg
いろいろ手を回して野球場のベンチ裏に
雪合戦への勧誘チラシをラミネートして貼ってもらいました。

ピンクは大人、 黄色は小学生です。



それぞれ体験部門の大会参加告知と、
練習・体験コートの案内を掲載してみました。
さて、 今シーズンは何匹釣れるか・・・・・?



いつもダメ元 それじゃダメなんですけど


また明日、です。











# by yukimaga | 2019-10-11 22:26 | 雪マガだより。 | Comments(0)
e0324053_00343036.png
あらゆる競技で ルールが変更されるのは
競技を面白くするためと 新しい戦略を絶え間なく考えさせるため。

ほかに危険を回避したり、マンネリ化の防止
有利不利の是正・ 正当性を守るため でしょうか。

雪合戦は何かと、審判が大変だからルールを変えるな、だとか
審判の限界だという意見もあります。

でも、一番はもっと雪合戦を面白くするためではないでしょうか。



面白くするためにはどうするか? 
具体的に意見をだしあうことから、はじめれば 良いわけですが

審判の限界も 意見を交換する場も
ちょっと実行できないのが、今の状況。


それは何故か? 雪合戦人はわかってますよね。



また明日、です。










# by yukimaga | 2019-10-10 23:41 | 雪マガだより。 | Comments(0)

選手と競技の組織と 
同じ雪合戦の事を思い、考えるにしても
きっとちょっと異なるのは

選手は新しい戦略や 新しい技や勝つための方法
なんかを考えているんじゃないでしょうか。

そのためにはルールを熟知する必要もあるので
一歩先ゆく、熟練の雪合戦人選手は 
そこから研究したりします。

さらに、審判目線も加わり
雪合戦がどうしたら、もっと面白く、
競技となって成熟して・・・・

そんな視点になってくれると、 
もう、立派な「雪合戦バカの神」の領域に近づいてます。


選手会は そんなみなさんの集まりでもあります。

ただ、徒党を組むのは 好かん! なんていう神もいますんで
参加は、自由だし、楽しむ目的でも 参加は全然OKです。
ひとつだけ、チームの代表2名で 
チームとの情報共有の窓口になってもらうことです。
(参加お待ちしてます!!)


そんな選手会の中で、先日の埼玉で 
こんなルールに もし、なったら? 
という試みをさせてもらいました。

かなりの 雪合戦バカの神がかっている試みです。

今、選手会のメンバーには
埼玉に参加できなかったメンバーも含め
その概要を公開しています。

ちょっと明日以降、少し紹介していきます。

e0324053_19410031.png
誰?



また明日、です。















# by yukimaga | 2019-10-09 19:43 | 雪マガだより。 | Comments(0)


またまた、オリンピック種目でもある
メジャーな競技にだって、選手と協会の
食い違いが 話題になっています。

マスコミはこういったもめ事大好きですから、
いろいろと取り上げてくれてます。

つまり、雪合戦だと
まだ 取り上げてくれない っう事です。


まだ、揉めてませんからね。
というより、認識されているかの問題ですね。


頑張りましょう。





e0324053_18283416.jpeg
台風が、確実に13日のパークのタイミングです。
問題は山積みですわ。



また明日、です。















# by yukimaga | 2019-10-08 18:32 | 雪マガだより。 | Comments(0)

e0324053_21272624.jpg
トマトをぶっつけ合う
スペインのお祭りもあるそうですが、

完熟トマトじゃなければ、
これはけっこう痛い。

雪合戦は まだ完熟じゃく 
青い気がしてます。

も少し、がんばって完熟トマトにしないと
痛い目にあうこともあるということじゃ
ないでしょうか・・・などと、
戸惑うトマトを 引用して。



また明日、です。











# by yukimaga | 2019-10-07 21:29 | 雪マガだより。 | Comments(0)

埼玉プレイヤーミーティング

観光もみんなでしましたけど、
本来の目的である
各地のチーム選手の声を確認しました。

スターバックス川越の屋外テラス。
e0324053_17171962.jpg
目標を立てることは大切で
それがいまだかつてない、高い目標だったとして

それは無理だと 最初から諦めたり、否定する前に
どうしたら、それができるか?

その方法や過程が必要だと、
雪合戦やってて 強く思います。

そんな、こともあり
今回は、雪合戦のゲームに
いくつか、特別ルールとして実施してもらいました。

こられは、選手会メンバーから
出てきた案のいくつかです。

詳細はこれからまとめますんで 
雪マガでも改めて紹介します。





また明日、です。






 




# by yukimaga | 2019-10-06 19:37 | 雪マガだより。 | Comments(0)

TVで アンジャッシュ渡部が
川越のスポットを紹介する番組をやってました。

ちょうど埼玉プレイヤーミーティングで
宿泊組のみなさんが、立ち寄っていた時に
ロケ現場に遭遇していました。

はじめての埼玉で
会場からJR線で比較的近く、
値段優先で安かったホテルを20部屋押さえたんですが

川越が関東有数の観光スポットである
ことはまったく知りませんでした。

情報って大切です。


 雪合戦人御一行様 川越第一ホテル
e0324053_17193105.jpg
続く。


また明日、です。











# by yukimaga | 2019-10-05 23:53 | 雪マガだより。 | Comments(0)

e0324053_20313128.jpg

島根夏の陣にも来てくれた 
ファクトリーレディース、改め 「七花繚乱」として
9月よりチーム名を変更しました。


さて! 雪マガ次号では そこのところ、追求したく思います。
レディースチーム数減少の中で、輝く雪合戦女子も
増殖中であることは 救いです。


今日は仕事を休んで、ちょっとプライベートな 作業でした。
明日から、ユキマガ、としておきます。

疲れたので


また明日、です。








# by yukimaga | 2019-10-04 20:44 | 雪マガだより。 | Comments(0)

今年もあっという間に その季節となりました。

本格的に記事とか 企画をまとめなければならないのですが
いろいろな事に足を引っ張られています。

それはきっと 踏み込んで、しまうかから。
踏み込まなければ・・・・、ですが
それは出来ない性分です。

こんな早い一年を積みかせねてきたので
30代より、40代、40代より、50代と・・・・
加速するというのは事実だと認識してます。

若者よ、焦りなさい。
あと何年、雪合戦ができるのか?

とはいえ、長寿社会ですから
レジェンドユキガッセンもその気にさえなれば。


まだまだ旅の途中です。

e0324053_20315272.jpg

写真は先日の帰りの航路、左に津軽半島 右に渡島半島 
津軽海峡のど真ん中あたりです。 編集部の元祖ぶら吉。

よし、行くぞう! と演歌が聞こえてきそうな空気



また明日、です。
















# by yukimaga | 2019-10-03 18:07 | 雪マガだより。 | Comments(0)

今日は、おめだい話なんですが
レディースチームの選手から

文字どおり おめでたのニュースが届きました。

おめでとう! 

だけど、少しのあいだ雪合戦と離れてしまうのが現実。

また、戻ってくるって言ってくれたので
それまで頑張ってチーム存続します。


次のパークが・・・足りないけど
なんとかしましょう! 


レディースチームによくある、あるあるですが
幸せは雪合戦が一番じゃないですから、
いろいろ出来てからこその
三番目くらいの雪合戦でも、じゅうぶんです。



(こちらは、上の記事とは関係ないです)

埼玉プレイヤーミーティングに 福島からただひとり
参加してくれた、住田光学女子のマナミさん。
e0324053_20313594.jpg
好きですよねぇ 雪合戦。


e0324053_20314704.jpg
おまけ、岩手のミノルさん。
紙芝居好きです。


雪マガメッセージ企画募集中!
yukimaga@branch.co.jp  にて限定受付です。

サッポロビール企画も募集中。




また明日、です。











# by yukimaga | 2019-10-02 20:40 | 雪マガだより。 | Comments(0)

今回の 埼玉プレイヤーミーティングは
選手会主催によるものです。

雪マガ編集部主催と勘違いしていた方も
若干いたようですが、
編集部も一応選手してますので。

あとは、任意団体としての、所在をネット上にするわけにも
行かないので、雪マガ編集部の住所を提供しているに
過ぎません。

それと、関わる多少の経費は、支援という形で
提供させていただきました。

立ち上げで、メンバーから会費を取るような
活動に至っていないのが現状ですが
かと言って、その時のための組織の規約に関しては
発起人のみなさんで3ヶ月かけて
コメントのやり取りで時間をかけて行いました。

活動していないイメージかもしれませんが
これまで2年の実績はホームページや選手会fbに
データとして残していますので閲覧も可能です。


また今回は、若干勝手ではありますが
特別ルールという形で検証も行いました。

これから 皆さんの意見を集約して
後悔じゃなかった 公開したく思います。


今日の写真は
e0324053_19350972.jpg
雪マガメッセージ企画募集中!

yukimaga@branch.co.jp 限定受付です。

サッポロビール企画も募集中。





また明日、です。










# by yukimaga | 2019-10-01 19:35 | 雪マガだより。 | Comments(0)

バスケットボール界のレジェンド
レバンガ北海道の折茂選手が今シーズンでの引退を
発表しました。


前身のチームが経営難になった時に
自らがチーム運営に乗り出し
現役での1万得点と、選手と社長という
まあ、二刀流という看板を背負ってきた訳です。

実はレジェンドというキーワードで
過去二年、取材を申し込んだのですが
オフシーズンは、スポンサー営業で忙しいようで
二度ともお断りいただいてます!

比べちゃいけない、雪合戦は
同じくどころか、選手・チームが
運営や 組織や そして審判まで支えていること
これは、雪合戦人に与えられた、試練だと思います。

それはまだ、雪合戦が
全ての面で、成長途中の苦難の時代だから、かなぁと
納得しながらも、
今の雪合戦人の苦労がどうしても不可欠なのが
現状です。

もちろん少しでも、良い方向へと
動いているわけです。


そんななかでも、優勝チームや
トップクラスの選手には 
やはり普及のための活動や、
協力してもらうことは、どの競技でもあることですが

トップクラスの選手が 交流してくれることは
他のチームや、選手にとって
与える影響は少なからず、
間違いなく全体のレベルアップに つながってくれます。

雪合戦人は、シャイですけど
一歩踏み出せは、世界は広がるはずです。


今日のテーマとは関係ありませんが・・・
e0324053_21543131.jpg
雪合戦メッセージ企画写真募集中!


また明日、です。







# by yukimaga | 2019-09-30 22:13 | 雪マガだより。 | Comments(0)

e0324053_21543106.jpg

気になる温暖化問題は
スウェーデンの16歳の高校生、グレタ ・トゥーンベリさんの
怒りのコメントにより大きなニュースになりました。


雪合戦も 本来危機感を感じなければいけないことなんでしょう。


現に、雪不足で中止の大会や
昨年の昭和新山も暖気にコート設営が苦労していました。
選手からは、雪のシェルターへの限界を訴える声も
上がってきます。 

でも、それどころ問題ではないのが 温暖化問題への意識
なんでしょうね。 雪マガも無力です。

問題意識を持つために、知識が必要かとおもいます。
それと先々のことを思う意識かなと。

雪合戦だって然り。 雪合戦のルールを知るだけじゃなく
もっと突き詰めれば いろいろな不具合いを解決する
問題意識も出てくると思います。

雪合戦に興味を持つ、やめられなくなるほど好きになる、
その先にあることかも知れませんが
好きだからこそ、深く考えるようになると思います。


結局、温暖化問題から 外れてますけど
雪がなくなると 雪合戦自体が出来なくなると言うことです。


その時、どうするか、よりもそれを回避するために
何ができるかなんでしょうね。

雪合戦人は熱い! 
でも雪合戦を継続するためにも
温暖化問題を真剣に考えましょう。





また明日、です。










# by yukimaga | 2019-09-29 17:50 | 雪マガだより。 | Comments(0)

e0324053_21543195.jpg
写真は川越の休日 岩手・宮城組



ラグビーJapan みごと勝利しました。
リーチ・マイケルキャプテンがチームの力を引き出したと思います。


雪合戦も チームって 大変ですよね。
特にチームの中心となるチームリーダー。

いろんな苦労は 各地で見聞してきました。

全員が同じモチベーションを
永く持ち続けることは難しいです。

選手として チームに所属し、練習に参加し 大会に参加する。
それは身を任せる気になれば、楽なことかもです。

チームは誰にでも作れるわけで
その気になれな、誰だってチームを作り、
チームリーダーにもなれるはずです。

メンバーの協力も不可欠であり
それがないと不協和音も出てくると思います。

気持ちをひとつにすること、
チームをまとめるのは 大変なパワー、情熱が必要です。
そして、場合によっては 時にはストイックな
対応も、チームの目標によっては必要になってくるはずです。

目的が違うと、チームも成り立たないかもです。

ただ、楽しさを追求する雪合戦も
同じチームだと思います。

同じ雪合戦が好き、
でもちょっと違ってくるかも知れません。

そんな時は、自らが思いを同じくする
メンバーを集めてチームを作るとか
それも雪合戦チーム増になることです。

それをまとめるリーダーは
やっぱり大変なのかもです。


勝つためのチーム

永く楽しむチーム 

どちらも雪合戦であり、まだ、小さな存在です。
がんばって行きましょう。




また明日、です。









# by yukimaga | 2019-09-28 23:09 | 雪マガだより。 | Comments(0)


e0324053_19225999.jpg

イチロー選手が、日本で草野球に挑戦するそうです。
それもちゃんとした球場で全国規模のリーグを目指すそうです。


雪合戦が目指すことは・・・(かってに決めてますけど)
生涯雪合戦です。

雪合戦でつながった全国の雪合戦人が、
雪合戦を続けていれば つながって行けることです。

今回の 埼玉プレイヤーミーティングにも
レジェンド部門参加の選手のみなさんが、何人もさんかいただきました。

目指すものは チームによって違ってきます。
当然頂点を目指すのも 良し、
よりたくさんの大会に出場するも良し、

たくさん雪合戦をすること、そして永く続けてくれることじゃないでしょうか。

e0324053_19230598.jpg

毎日、雪合戦に関わることは
意外と苦には ならないものです。 

まあ、偏っていることは 自覚済です。

e0324053_19230958.jpg
毎日、ユキガッセン ってBLタイトルのとおりです。


唯一無二。



また明日、です。






# by yukimaga | 2019-09-27 19:24 | 雪マガだより。 | Comments(0)


e0324053_16245322.jpg

さて、ここがどこの雪合戦会場か
わかるでしょうか?


台風には勝てません。
埼玉プレイヤーミーティングから、
札幌に帰るまで3日かかってしまいました。

埼玉では、初めて体験した皆さんに
雪マガ別冊『雪合戦のススメ』と
雪合戦ルールガイドラインを
セットで進呈しました。

この場合、進呈というより
押し付けた?のかもですが。

まあ、雪合戦の布教活動です。
参加の選手の皆さんも
好きなってもらう事を
目標にして接してもらいました。

普及支援としては
この日は雪マガチャリT企画として
早稲田雪合戦の会へ
カラーゼッケン1セットを
贈呈させていただきしました。

赤は新品ですが、
青は昭和新山のスポンサーゼッケンの
リサイクルになります。

今年は 鳥取チームイシダさんに
続いて2チーム目。
年内にもう1チーム予定してます。
これからミシンがけです。
お楽しみに。

さて、冒頭の写真の
雪合戦会場ですが…
答えは次号のマガジンにて!

また明日、です。








# by yukimaga | 2019-09-26 19:43 | 雪マガだより。 | Comments(0)


e0324053_22343622.jpg
札幌へ戻りました。

19日(木)の午後に出発して
25日(水)夜 帰宅

川越の32度から、札幌は12度。

選手会主催のプレイヤーミーティングは
参加60名、10代~50代と 
生涯雪合戦を実践してくれるメンバー??
と、期待して。

今回は 選手が連れてきてくれた
体験者が6名。 

体験者を含め全て混成スクランブルでの8チームで
リーグ戦を行いましたが、

体験者は色分けしたステッカーを貼ってもらい
2回当てて アウト! 
なので一回目アウト!というコールが行き交いました。

e0324053_22341301.jpg

もう一つ、選手への課題は
その体験者のみなさんが 
また雪合戦をやりたくなるような一日にすることを
目指してもらいました。

結果、連絡先の交換など、スカウト活動まで
見受けられました。

もちろん、自ら雪合戦も、楽しむ。
これこそ 選手にできる普及活動じゃないでしょうか。


また来年、と行きたいところですが
毎年は選手の負担にもなりかねないので
隔年開催など、これから調整してみたく思います。

e0324053_22290575.jpg

また明日、です。




# by yukimaga | 2019-09-25 22:59 | 雪マガだより。 | Comments(0)


e0324053_21292236.jpeg

雪合戦界にも
いろいろな人がいるわけで

チームにも それぞれ個性なキャラ
が必要だったりします^_^;
場を盛り上げてくれる貴重な存在です。

チームをまとめる
リーダー力は また違った意味で
発揮出来る人がいるもんです。

埼玉の参加メンバーにも
いましたねー

いろいろな 雪合戦人、
それも 偏ってる雪合戦人ばかりで、
チームは、まあ、焦らずに。

一緒に楽しめることから。
なによりは雪合戦です。


フェリー欠航で1日伸びた日程ですが
ちょっと、急遽突撃取材して来ました。
困った性格です。


これより、上船!


また明日、です。





# by yukimaga | 2019-09-24 22:25 | 雪マガだより。 | Comments(0)
e0324053_21280246.jpeg
高崎にて一泊となりました。

西日本から3人、 東日本からは12名 
地元の転勤組3名が宿泊してくれました。

午前中の小江戸観光のあと解散となりましたが、
ちゃんと川越のスターバックスで
選手会メンバーによる ミーティングも開催しました。

その後は 帰りのフェリーの欠航もあり
今日は群馬県高崎となりました。


今回の 選手会主催・プレイヤーミーティングでは
いろいろと 特別ルールとして4つばかりの
新ルールで試合をしてもらいました。

そのレポートは 次号のマガジンで掲載したいと思います。

最後のミーティングで
毎年は無理としても 次回も是非開催することを
確認しました。 そのときは是非!


選手会縛りはありませんが
選手会のチーム参加も是非、ご検討ください。


また明日、です。














# by yukimaga | 2019-09-23 22:03 | 雪マガだより。 | Comments(0)
e0324053_01471602.jpg
60名 さいたま 選手会
お疲れ様でした。

参加のみなさんありがとうございました。


このあと 真夜中の 語る部門



まず、は・・・・


また明日です。













# by yukimaga | 2019-09-23 01:51 | 雪マガだより。 | Comments(0)
e0324053_01180932.png
雨の移動となりました。
台風の影響で 帰りの7フェリーが欠航となりました。
23日、24日と。時間が増えました。


今日も6時間の雪合戦話。


まずは、明日、さいたま!
写真は奥飛騨にて。




また明日、です。












# by yukimaga | 2019-09-21 23:21 | 雪マガだより。 | Comments(0)

e0324053_18571755.jpg
富山県の雪合戦大会の開催会場 
南砺市城端にある 城南パークです。

雪不足の時は、左手の屋内グランド(人工芝)を
利用するそうです。

いつもメールで大会記録を送ってもらう
事務局の方に初めて、直接ご挨拶もできました。

雪合戦のおかげです。

e0324053_18572510.jpg
城南パークから車で5分足らず、
宿泊地の桜ヶ池の小高い丘からみた
砺波市、富山市方面かと思われます。

今年、新山ベスト4のあのチームと
常連古参チームに 話を聞きました。 

雪合戦話は ほんとに尽きることなく
6時間があっという間でした。

食べる、飲むより、しゃべる!

それが ユキガッセン!

また明日、です。
















# by yukimaga | 2019-09-20 23:58 | 雪マガだより。 | Comments(0)


e0324053_17013836.jpeg
Sワゴン車 2シート仕様で
なんだかんだと 満載です。

雪合戦用具のほか
雪合戦人用の 雪合戦的なお土産も
詰め込みました。

あいにく3連休は天気がイマイチの
ようですが、雪合戦で
盛り上がりましょう。

参加の皆さん、お楽しみに!

フェリーに乗船しましたが
風が強いようで、
早くも到着が1時間半遅れとか^_^;

明日は富山から。

Wi-Fiも制限があるようなので

また明日、です。






# by yukimaga | 2019-09-19 17:23 | 雪マガだより。 | Comments(0)