人気ブログランキング |
ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

<   2018年 06月 ( 30 )   > この月の画像一覧


e0324053_00232841.jpg

日本三大秘境のひとつでもある
四国連盟、祖谷の取材に伺っています。

Google earthで確認しても
地図で確認しても

現実の持つ真実は伝わり切れませんでした。
凄い!


雪合戦も然り。
やってみなはれ!
やらなければ その価値は伝わらない。

って、な事を思いました。


また明日、です。















by yukimaga | 2018-06-30 23:07 | 雪マガだより。 | Comments(0)

雪マガ別冊 YMPA 2018 お申し込みありがとうございます!

兵庫県大会の地元、
香美町小代で取材させて頂きました。

12時回ってます。
雪合戦、成せばなる。話せば長い。

やはり対話することが大切です。


兵庫県連盟からのメッセージです。

e0324053_00272598.jpg
誰もが耳はもっている。





また明日、です。















by yukimaga | 2018-06-29 23:17 | 雪マガだより。 | Comments(0)
e0324053_20530610.jpeg

まもなく舞鶴港に到着。

今日は宮津泊で明日から取材です。
最初の取材は 兵庫大会の開催地である
小代へ伺います。

その翌日は、四国連盟、徳島の祖谷まで
一気に360㎞ほど南下します。

そのあとは‥‥

その前に、ポーランド戦!


また明日です!








by yukimaga | 2018-06-28 19:41 | これで委員会! | Comments(0)


e0324053_15491091.jpg

本日、これより取材へ出発します。

今回も船旅で、まずは22時間、海の上でゆっくり(-_-)zzz…です。

到着したらちょうど、ポーランド戦。

また、夢をみせてもらえれば・・・





また明日、です。





by yukimaga | 2018-06-27 22:04 | 雪マガだより。 | Comments(0)


e0324053_18310155.jpg




FIFAワールドカップでは

ひとつの ミス、失敗が とてつもなく大きく取り上げられたり
半端ないが、何でもかんでも 半端なく 半端ないになり、

サポータの女性が、美しすぎたり
ちょっとした事が 「神対応」だったり、「凄すぎ」、になったり

一点取ったり、勝ったりすることが 
こんなに大きく取り上げられることは、

やっぱり、ワールドクラスだからこそなんでしょうね。

比べちゃいけないのは わかっていながらも
雪合戦での 半端ないや、神がかりだって
たくさんあるのに、こんな反響はないです。

この差を感じながらも、審判体制の正確な判定が
どれだけ勝敗に関係してくるかというのことも
妥協は許されないのは、そこは、国 対 国、だからでしょう。

先日のプロ野球であった、ビデオ判定での誤審を認めたけど
再試合再開は認められないというニュースとは大違いです。

で、雪合戦としてはこの点に 「何も言えねぇ」 というのが現実です。
あえて比較しませんが、

それこそ 半端ないくらい 指摘される部分があることは
みなさん、ご存知のはずです。
国 対 国、でも対応できるくらいの雪合戦が必要だということです。


今は中途半端だけど、
めげずに、がんばりましょ! 逆に伸びしろは限りなくある!

と、いうことで、今日はこれから、秘密の会合につき、


また明日、です。












by yukimaga | 2018-06-26 18:31 | 雪マガだより。 | Comments(0)

e0324053_21124323.png

FIFAワールドカップのため
寝不足な 雪合戦人だらけでしょう。


Zzzz  おっと そう言いながらも。

応援に行ってる世界中のサポーターってすごいですよね。 
朝まで騒いでる新宿のみなさんも。
じっくり観戦で、部屋の中で一人ガッツポーズのみなさんも。
どんだけメジャーな競技なのかがわかります。



雪合戦を通じての人と人との出会いは、

目的が同じということ 共通の楽しみとして
雪合戦が存在する事で 全国へ、世界までつながってきました。

SNSの活用も大きいです。
また、献身的な雪合戦人も多いからなぁ~ 

そんな希少な人材が、 何らかの原因で
袂を分けてしまうことも 起きてくるのが、
同じく「だって人間だもの」 なんでしょうけど 


とても小さな雪合戦では 良いことじゃないですよね。
雪合戦は 雪合戦人で。


雪合戦マガジンは「同人誌」 なんだろうと思います。
機関紙じゃないです^^;


世界で唯一無二のクオリティを持つ
「同人誌」を目指します。

IAY ワールドカップ ユキガッセン いい響きです。
響きはね。



また明日、です。









by yukimaga | 2018-06-25 18:36 | 雪マガだより。 | Comments(0)


e0324053_16584838.jpg

昨夜は良い結婚式と その二次会でした。

雪合戦の話に浸ることができたし
便乗して次号の取材ネタもゲットしました。
 
新郎新婦とも雪合戦人。
一般の皆さんもいる中で、紹介される雪合戦というワードに
何故か気恥ずかしさを、感じてしまう自分が。


約6時間、12時のシンデレラタイムが体力の限界線になってきました。

三次会へのお誘いは躊躇し、帰宅組のみなさんと
ススキノ交差点で信号待ちから、別れを惜しみ、
さらに15分の立ち話。

話は尽きないのですが、明日のことも考えて
ここでお別れ。 

また、今度。
次の雪合戦仲間の時に期待して。 





また明日、です。







by yukimaga | 2018-06-24 18:36 | 雪マガだより。 | Comments(0)


100回目の夏が始まった。


南北海道夏の甲子園地区予選です。

編集部のビルの裏通りにある「ホテル・ハシモト」は

全道のさまざまな部活チームが、利用していて

夏の甲子園代表チームが決まる7月中旬まで

夜になると車通りの少ない裏通りでバットを振る

高校球児たちの姿を連日、目にします。 

通りがかると、す振りをやめ、直立して

「こんばんはー」、「こんばんはー」と全員が挨拶してくれます。

まあ、雪マガ編集部的な風物詩です。




さて、雪マガ別冊 写真&記録集の作業を終え、

ようやく “この冬のシーズン” 30回目の冬が終了と言った感じで、

ちょっとだけ気が抜けてます。 

まあ、やっと、雪合戦の年末年始を迎えた、ってところです。


今日は、これから雪合戦仲間の結婚式!

月末は取材の旅に出ます。



31回目の冬に向けて ちょっと充電もしてきます。

e0324053_17120567.jpg




また明日、です。




by yukimaga | 2018-06-23 17:14 | 雪マガだより。 | Comments(0)


e0324053_18342755.png


大会記録&写真集「YMPA2018」は本日、今、印刷へ入稿中です。
約一週間の印刷工程になります。

さて、画像の数字は雪合戦マガジン編集部集計で[YMPA2018]に
掲載している雪合戦チーム数です。 

カッコの数字は、2大会以上大会に参加しているチーム数になります。
昨年はミックスと一般を合算して出していましたが、
ミックスはなかなか限られた大会でしか実施されていないので
今回は分けてみました。

結果、レディース、ジュニア は、増減ほぼ横一線ですが
一般ミックスでは ー76チームとなりました。

大きな原因は 大会がなくなってしまった事です。
静岡裾野、菅平など。

なぜ大会がなくなったということは
各地の運営体制に起因してくる事であります。


あと、複数大会に参加しているチーム数は
今の雪合戦の質を読み取ることができると思います。

レディースもー4チーム減

ジュニアも微減です。


ここから、次の普及という課題と対応の方法が
みえてくると思います。


闇雲にチーム数を増やすことが出来れば良いですが
人口ピラミッド同様
やはり、安定したピラミッド型にならなければ

高齢化同様、チームの枯渇にも現れてくる気がします。


今すべきことは、執着することではないのではと思ってます。
今、ここにある危機、ってやつです。

雪合戦チームの協力も必要です。
それでも、チームは是非、高みも目指してください。




雪マガ別冊「YMPA2018」は7月6日以降、発送開始です。
限定300冊、1200円
ヤフーストアは6月28日から受付開始 
メールは7月1日から受付ですが、発送はご入金確認後となります。
※メール申し込の方は、必ず、申し込み方法をホームページか、
 6月19日のブログでご確認ください。
e0324053_17160580.png



また明日、です







by yukimaga | 2018-06-22 19:18 | 雪マガだより。 | Comments(0)

e0324053_20184391.jpg
今回のワールドカップで
アディショナルタイムが、5分とか長めになっているのは
今回から導入されたVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)
によるものだそうです。

Vはともかく、アシスタント・レフェリーという響きは
雪合戦的に、なぜかとても惹かれます。
一人に一人つけたら、
最大16人とか、それはないけど、せめてプラス2人。

カメラや、CG判定を
集中司令室みたいな、あそこまでのシステムで出来れば、
そりゃ良いに決まっているんですが、
残念ながら、それが今の雪合戦の競技特性には、
マッチしていないというのは常々、書いてきました。

一歩進んで、システムに合うような競技ルールにシフトするとか
思い切ったパラダイムチェンジとかで
極端に言えば、これまでの雪合戦とは全く違う雪合戦にした方が
早いのかも知れません。

既成観念という壁が崩せるかです。
壁を取るなら、シェルター無くすくらいの事です。
(くれぐれも提言しているのではありません)

それは次の時代が、決めてくれるもんだと、思います。


とりあえず。



また明日、です。








by yukimaga | 2018-06-21 20:20 | 雪マガだより。 | Comments(0)