ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

<   2018年 07月 ( 31 )   > この月の画像一覧


今度はボクシング界が大揺れです。
長くその場に留まると権力というものに人間は陥ることは
人類の歴史にも出てくることですよね。

それに利権が絡むと余計に醜いことにもなるわけです。
見出しは、村田諒太選手のコメントですが
「悪しき古き」は指摘の通り。

雪合戦でも、親戚関係の業者を独占で
会場に入れたり、運営協力費を特定チームが
独占したり・・・・そんな役員も過去にはいました。
ちっちゃい話ですよね。

ただ、「古き良き」を実践してくれる雪合戦界の先輩もいます。

e0324053_17451028.jpg

右のサンシャインとマツコから選手宣誓を受けているのは
道央ブロックの前の会長、小貫さんです。

今回のビーチ雪合戦でも、現会長や他の役員が
来られないため、急遽、実行委員長を引き受けていただいた上、
副賞の提供や、スタッフや参加選手の熱中症対策に
塩アメやチョコを大量に差し入れして頂きました。
(これが秋のパークになると、自宅で採れたブドウが賞品に)

役員会に出席の際には、毎度、必ず差し入れもいただきます。


北海道脱退のとなった旧日連総会の時に
チームへの加盟登録料に反対意見を述べ退席したのが
当時、北海道連盟会長代行で出席した副会長だった小貫さんです。

利益を追求にこだわり、前者のようになってしまうのか
幸い雪合戦界では配慮を形で提供してくれる雪合戦人が
支えているように感じます。

ただ雪合戦が 利益追求の対象にもなっていないというのが
現実かもです。ちっちゃい雪合戦です。

雪合戦が大きく普及することや、
その資金を確保することは必要なことですが
雪合戦界へ還元され、
さらに普及していくことが重要だと思います。

「古き良き」は残って欲しいもの。
雪マガも「悪しき古き」にならないように
自戒していきますが、
少ない発行部数では、まったく余計な心配かもです。
数少ない雪合戦人への忖度は、しますよ。


また明日、です。






[PR]
by yukimaga | 2018-07-31 17:58 | 雪マガだより。 | Comments(0)

e0324053_23121706.jpg

今回でビーチ雪合戦は13回大会。

夏も雪合戦人が集える場として、道内各地から
参加をいただいています。

最初のころは、スポンサー予算もあり
参加料と合わせるとMAX時で50万ほど
スポンサーも降りて、今回は12万。
木曜からの場所取りから片付けまで
暑さと強風と、砂まみれの5日間に体力気力の
限界も感じます。

お金の事じゃ無いんです、とカッコつけてる訳じゃなく
極端に言えば、やる気になれば、例えお金がなくとも
大会を実施できると思います。

予算がなければ、無いなりの方法を考えれば
良い事なんです。

お金と仕事としてやっていることではなく、
やはり、夏の普及や雪合戦の存在をPRすること。
何より道内の雪合戦人の交流の場としての
継続だと思っています。


ただ、出来る人がやる、出来る人がいなくなった時に
雪合戦も無くなってしまう危惧を感じてます。

お金が無くともできるのは
雪合戦人の マンパワーに寄るものです。

そのパワーすら感じ無いと、こころが折れてしまいます。
その都度、奮い立たせてくれるのも雪合戦人なんですけど・・・
そんな今回のビーチです。

全体を見渡せば それが
『雪合戦』なんだと思います。
まだまだです。


また明日、です。











[PR]
by yukimaga | 2018-07-30 23:14 | 雪マガだより。 | Comments(0)


優勝は NMT (沼田)

e0324053_22160386.jpg

連覇です。


ビーチは、暑さと アシックス球を使用するため
コートサイズは10m×32m、それに女性か小学生を
2名入れる、など、ローカルルールでやっています。

風の強い浜ではロブよりショット系が有効とも言えます。
となると、このチームは若いし強い。
あとは雪球になったとき。


連覇なので 選手宣誓、
来年も期待してます。
e0324053_22160562.jpg

あとは

また明日、です。









[PR]
by yukimaga | 2018-07-29 22:20 | 雪マガだより。 | Comments(0)
今日の自然界の難敵は
砂と風の襲来でした。

夏の暑さに負ケズ、
アリにも負ケズ、
砂にも、風にも負ケズ、

と、いきたいところですが。

いつまで行けるかなぁ。




また明日、です。





[PR]
by yukimaga | 2018-07-28 17:31 | 雪マガだより。 | Comments(0)


e0324053_20571815.jpg

おそらくですが、この夏一番の天気と暑さの
札幌になったのでは^^;
とは言え、きっと30度そこそこだと思います。
日差しが強く砂が熱くなってビーチサンダルではアッチチーです。

今日はテント設営とネット張りだけに
とどめました。 

写真のように、キャンプ場のこのエリアには人影まばら。

テントの左下に写っているのはシェルターなんですが・・・・

この冬、雪合戦コートを常設した
緑地公園の駐車場に野ざらしですが
シートをかけて置かせてもらっていたやつです。

朝一で用具の運搬で
約4ヶ月ぶりにシートをとって見たのですが、

最初はなんともないように見えましたけど
積み重ねた折りたたみシェルターの上から3枚目くらい・・・・


(食事中の方はごめんなさい。)


シェルターの上一面、中までアリが巣を作ってました。
小さなアリなんですが、真っ黒にざわめく1m四方。

シェルター6~7層に渡り、上からめくってもめくっても
すべて隙間にアリがぎっしり。
まさにアリの高層マンション。
アリとシェルターのミルフィーユや~! 


と、朝一でそんな事から始まった
平成最後のビーチ雪合戦設営。

強力・プラホウキで、すべて排除、払いのけましたが、
虫嫌いの人には、かなり強烈だったようです。


冬も夏も 雪合戦の最前線は
いつも自然界と闘っているのです。

アリ、ニモ負ケズ。





また明日、です。












[PR]
by yukimaga | 2018-07-27 21:00 | 雪マガだより。 | Comments(0)
e0324053_22131144.jpg

今年もビーチ雪合戦の夏。

今日は場所の確保で、コート2面のスミ出しと
会場囲んで杭を挿してロープを張ってあります。
明日はテントを設営。 

大会は日曜ですが、前日の土曜日は海水浴客が押し寄せ
設営作業が困難になるので、金曜日に行います。

木曜の夕方に行き とりあえず場所を確保するのが
通例作業としてやってきました。
案の定、今日は、おじさま方だけのグループが
コートのコーナーにギリギリセーフの一角でテントを張ってました。
どうやらキャンプするようで、ご機嫌に出来上がって
昭和歌謡やポップスをカセットで鳴らしており、
選曲を聞くと明らかに団塊の世代と思われます。

実質4日またぎ。
土曜日に人手がいれば二日で出来ないこともないんですけどね。
まあ、土曜日はゆっくりキャンプしたいがためでも、あります。

頑張れば二日で出来るんだろうけど・・・・
限りある体力の分散です。

e0324053_22130861.jpg

また明日、です。
















[PR]
by yukimaga | 2018-07-26 22:35 | 雪マガだより。 | Comments(0)

e0324053_20290320.png


札幌は、ほぼ30度なんですが、
29.7度ってラジオで言ってました
晴れて夏らしい爽やかな一日でした。 

この時期、やらなければならないことが目白押し。
ビアガーデンのスケジュールも目白押し。

夏の雪合戦も目白押しなので、おさらいです。
※追加情報を追記しました。

●7月28日(土)芸北 夏の雪合戦

●7月29日(日)道央ビーチ雪合戦 ※前日キャンプ。
●7月28日(土)―29日(日) さいたまリーグ

●8月18日(土)  島根夏の陣 

●8月25日(土)ー26日(日) 釜石ビーチ雪合戦

●8月25日(土)ー26日(日) あっ!サマーリーグ

●8月25日(土)ー26日(日) 守谷灼熱の雪合戦


まあ、夏の大会というか、ここに集う雪合戦人は半端ない!



明日は、夕暮れどきの砂浜の場所取りです。





また明日、です。

























[PR]
by yukimaga | 2018-07-25 21:42 | 雪マガだより。 | Comments(0)


何度か書いてますが、本当に申し訳ない気がします。
午後7時の札幌、半袖じゃちょっと涼しい感じでした。

もう10年以上、雪合戦には競技か、イベントか、
という議論が存在します。

何度も書いて来ましたが、答えは
『どっちも』です。

チームにとってしかり、
運営側にとってもしかり、だと思います。

雪合戦をやる目的は何かと問うと
雪合戦の場合、必ず地元というキーワードがあります。

何故かは、雪合戦が開催されている場所を
考えると単純なことです。

目的や価値観が変わったり、
さらに一方の考えに偏ると
雪合戦はまだまだ、歴史が浅いし
底辺も大きくないので
長く続かない状況に陥ります。

簡単にいうと、チーム数の減少や
審判判定の問題がおこったりします。

今、良い方法だと思うのは
岩手のミックス部門や、
西日本が取り入れている、競技性の高い部門と
楽しむ雪合戦の部門を分ける形です。

現実をみれば、楽しむ部門の
参加チームの方が圧倒的に多いという事です。

普及という位置付けでは、手数が多いに越したこと
はないし、必要不可欠なのですけど、
利益目的で競技と混同されると、
ちょっと勘違いしてるな、って感じます。

今はまだ、原点は地域おこし。


e0324053_21270546.jpg

写真は昨年のビーチから。今度の日曜開催です。

また明日、です。










[PR]
by yukimaga | 2018-07-24 21:54 | 雪マガだより。 | Comments(0)


e0324053_23093955.jpg

今日は壮瞥へ次の大会ポスターの提案に行ってきました。
31回大会の案、一応決定しました。

これまでで一番シンプルな案かと思います。

シンプルということは、余計なものを削って
最低限のコンセプトやビジュアルが、どれだけモノを語れるか?
欲張ると変なことになります。

そういった提案を採用してもらえました。

シンプル案だけどそこまで、絞り込む作業には大変な時間と
脳回路を使用しての結果でしたのでありがたい事です。

シンプルだけど考えた時間が一番長かった案です。
なので、見ためで手間がかかっているとかいう
事ではないのです。

公開まで少々時間がかかりますが、
お楽しみに。


没った二案も、捨てがたいんですけどね。
今夜弔います。



また明日、です。










[PR]
by yukimaga | 2018-07-23 23:43 | 雪マガだより。 | Comments(0)

e0324053_18485098.jpg

夕方のニュースを聞いて申し訳ない気がします。
今日も札幌は涼しく、なんか恐縮です。

「今年の夏は 胸まで熱い 不思議な不思議な夏です~♪」
と、口ずさんでいる場合ではありません。

今日は涼しかったけど
やはり温暖化の影響が北海道まで及ぶような、時代になったときに
冬の雪さえ無いかもしれない訳で

そのためには、手間のかからない雪球に変わるものがなければ、
競技の普及が止まってしまうかもです。

旧アシックス制の室内球に変わる、安価なものが必要なんだと思います。
誰か先行投資してくれないもんでしょうか。


雪合戦ネタは尽きない。


また明日、です。













[PR]
by yukimaga | 2018-07-22 18:50 | 雪マガだより。 | Comments(0)