人気ブログランキング |
ブログトップ

ユキガッセン見聞縁~365days,yukigassen.

yukimaga.exblog.jp

yukigassenmagazine編集部ブログ

<   2019年 08月 ( 31 )   > この月の画像一覧


e0324053_01351385.jpeg
夕方まで風が強く
メンバーが揃ってみんなで
テントを立上げました。

時計は 1:30
まだ話しはヒソヒソと続いてます。



また明日、です。






by yukimaga | 2019-08-31 23:59 | 雪マガだより。 | Comments(0)

e0324053_18542921.png

今、行われている柔道世界選手権をみていて思うのは
判定がわかりやすくなった気がします。

素人には「有効」と「技あり」の差がわかりにくかったのが
ひとつになった、という感じでしょうか。

あと延長ゴールデンポイントで決手が出るまで戦う、というのが
いい感じですね。

ヨレヨレになっても最後の力を振り絞ってというところでしょうか。
指導3つで反則負けというのは、ちょっととは思いますが。
なかなか感動的なシーンをみせてくれていると感じます。


オリンピック種目で、これだけの競技でも
ルール改革を続けているなかで

雪合戦は 停滞中です。
判定出来ないような場面をどう捉えていくか考えれば
一年中かかる気がします。


それが出来ていないのは・・・・まあ、今の現状であり 大人の事情っていうところでしょうか。


まったく権威がない雪マガ編集部は 
勝手にチームランキングを決めるくらいですから 
やりたい事で、出来ることはやりたいと思います。

その一つが選手会支援であり、
自分自身が選手であると勘違いしていますんで。 

選手目線でできることを 今度の埼玉プレイヤーミーティングで
やりますので、お楽しみに。 

その他参加のみなさんには 
諸々「おたのしみ」も企画中です。
※締切は来週いっぱいです。
 yukigassenjin@branch.co.jp まで


明日は、この辺の雪合戦仲間と キャンプDE 雪合戦。


また明日、です。

 






by yukimaga | 2019-08-30 20:43 | 雪マガだより。 | Comments(0)

島根夏の陣、場外編~

e0324053_18152093.jpg

島根夏の陣の締めともいえる
すっぽんラーメンは、
一度食べたら病みつきになってしまうのが、
大会参加リピーターの多い、一つの要因かもです。

今年は、途中から女子会組、とその他で
会場が別々になったのですが
すっぽんラーメンを目指す人数が多く
先に男性、入れ替えで女性陣と
25名くらいだったでしょうか。
大盛況でした。


悪しき慣例というか 男子雪バカのみなさんは
一斉にSNSにその写真をアップするのが
この5年くらい恒例の遊びになっています。

あの夜、すっぽんラーメンの同じどんぶりを
目にされた雪合戦関係者は多いんじゃないでしょうか。


いまや、雪バカから 変人と呼ばれても
仕方のない状況です。


島根夏の陣、シメのすっぽんラーメン 
まだの方は、一度だけでも是非オススメです。



また明日、です。










by yukimaga | 2019-08-29 18:27 | 雪マガだより。 | Comments(0)

ちょっと小さくて
わかりにくいですが、

e0324053_19152908.jpg
勝利 を逆さにすると

e0324053_19154723.jpg

挑戦 だそうです。
by デンジャラース


本日は次回の昭和新山ポスターのプレゼンでした。
3案の中から満場一致で、
次回ポスターの決定を頂きました。

まだ、秘密です。



また明日、です。








by yukimaga | 2019-08-28 22:26 | 雪マガだより。 | Comments(0)

島根夏の陣から その2


e0324053_19144227.jpg
e0324053_17302203.jpg
e0324053_17301741.jpg
e0324053_19144187.jpg

チームカラーの重要性
オリジナルカラーの重要性

チームをアピール
そして強くなればなるほど、
その色がチームの色になっていくものです。

そしてヘルメットも。


そうすると 雪マガに掲載されます。




また明日、です。







by yukimaga | 2019-08-27 18:10 | 雪マガだより。 | Comments(0)

島根夏の陣から
チームのTシャツを

その1
e0324053_19144353.jpg
e0324053_19144392.jpg
e0324053_19144479.jpg
e0324053_19144141.jpg
e0324053_19144497.jpg



重ね着で 冬でもユニフォームとして使えるのが
Tシャツの良いところ。
プリントしても価格は安く済みます。

冬だって雪合戦は試合の間は、
心も体も熱くなり、寒さは忘れるはずです。
動きやすさが優先なので
手取り早くは 手軽なアイテムです。

その2へ
また明日、です。






by yukimaga | 2019-08-26 21:57 | 雪マガだより。 | Comments(0)


島根夏の陣から 早くも1週間が過ぎました。
8月が終わると一気に冬のメインイベントまで加速します。

今回の島根夏の陣、夜の懇親会では
レディース選手だけの「女子会」が開催されました。
女子会につき 男子禁制、
侵入取材レポートはありません。

e0324053_18081843.jpg
写真は 出雲大社の朝顔
 
この花に劣らることのないくらいの
レディース選手たちが、世代を超えて顔を揃えました。↑

※実際の楽しい集合写真は次号で 掲載したいと思います。


今回のYMPA2019で集計した
レディースチーム数の減少傾向の中で
こうした集まりができたの嬉しい限りです。

企画言いだしっぺは、デンジャラースガールの監督、
ハジメさんです。 

あえて男性たちは、男だけの宴となった訳です。


雪合戦は、楽しいけれど
冷静にみれば 過酷な競技かも知れません。

球をぶつけ合うという 特異性もあるけど
特に冬は、雪のある北海道や、雪のある地域へ
毎年赴かなければなりません。
負担がかかるということです。


こうした中につながりがあることは
大きな楽しみでもあり、
シャイな雪合戦人が 全国いろいろな
地域の選手と交流出来ることは
世代を超えて 活力になるものです。

つながりは この先
例え何年ぶり・・・に雪合戦となったとしても
一生もん、だと思います。



また明日、です。











by yukimaga | 2019-08-25 18:29 | 雪マガだより。 | Comments(0)

e0324053_18211143.png

今日は選手会について ちょっと書きます。

雪合戦の選手会は2017年8月に
設立した任意団体です。

正式名称は
日本スポーツ雪合戦選手会
設立の目的は上の組織が異なる中で
選手同士が つながりを持って
雪合戦がひとつになる事を
目指して行くことです。

北海道から九州まで全国の中心的な
チーム代表に声をかけて
同意をもらった上で21名の皆さんに
発起人=一期目の役員となってもらいました。

チームもいろいろな 目指すものが違います。
そんなチームの集まりで さらにSNS上での
やり取りで物事を決めて行くので
時間もかかりますが
2/3以上の決議で時間をかけて進めて来たので
設立準備には3ヶ月を要しました。

雪合戦チームであれば 入会できます。
1チーム2名まで登録できます。

そんな選手会の主催で
はじめて開催するのが
雪合戦プレイヤーミーティングです。

大会ではありませんが、
もちろん試合をします。
テーマに沿って検証するテーマも考えています。

なにかと負担もかかることなので
参加出来るメンバーは限られますが
選手会所属に関わらず
選手であれば参加できます。
また普及活動の意味もあるので
体験希望の参加者も歓迎です。

あと夜の懇親会 とそれぞれ参加申し込みが必要です。

詳細は選手会ホームページで
ご確認ください。

選手会入会も お待ちしています、


また明日、です。




by yukimaga | 2019-08-24 23:10 | 雪マガだより。 | Comments(0)


島根の前夜宴から早、一週間です。

e0324053_18391650.jpg
写真は、夏の陣アベック優勝のデンジャガ・デンジャラ
今年もお世話になりました。


初めて伺ったのは6年前。
あの時は、北海道連合チームとしてだったかな

何人かは独身メンバーだったので動きやすさは
あったと思います。
(あの時の二人は、結婚して2児のパパ。)

小学生教室なんか、やらせていただきましたが
全然レベルが高かった事を覚えてます。


若い選手さんの成長もみて来ました。
また、各地からチームが集まるように
なったんじゃないかと思います。

数少ない雪合戦人口なので
大会の数や時期を
調整することも必要かと思います。


また明日、です。



















by yukimaga | 2019-08-23 20:57 | 雪マガだより。 | Comments(0)

e0324053_18404770.jpg

夏の甲子園大会 終わりました。

今年も好プレーや
劇的な試合がたくさんあり、楽しませてもらいました。

一方で審判の判定に、えっ?って思う
セーフ、アウトのシーンもたくさんありました。

プロ野球ならば リクエストになる場面ですが
高校野球にはありません。
(理由は知りませんが・・・)

たった一球の判定で 勝敗を分けることになるので
あとでSNS上では大騒ぎになるわけですが、

雪合戦の場合、最大14球も飛び交うわけで
かんたんに、雪合戦もビデオ判定をとは行かない訳です。
雪合戦を知ってる人は 理解できると思います。

そんな訳かは わかりませんが
雪合戦と 夏の甲子園で共通する
ルール上の表記があります。

「審判の判定は絶対」 と

「監督は抗議することが出来ない」 と
いう点です。

高校野球は当該選手、キャプテン、伝達の選手は
質問することができるそうです。

雪合戦の場合は監督だけが質問出来ます。

雪合戦ルールで、専任監督にこだわるのは
そんな理由もあると思います。

絶対的な審判への負担が
大きすぎて、なおかつ、人間の能力の限界を超えて
いることを 理解している雪合戦人が
不条理を受け入れているのが 
いまの課題じゃないかと思っています。 


ここのところ、9.22でちょっとだけ 
触れます。


9.22 参加者募集中!体験希望者も可能です。



また明日、です。










by yukimaga | 2019-08-22 18:45 | 雪マガだより。 | Comments(0)